ガンプラ『FULL MECHANICS ガンダムエアリアル円』など水星の魔女11キット発表!! 分割2クールで2期は4月

2022年10月2日

2023年1月 4種発売

HGTWFM ミカエリス、1,760円

御三家三イケメン最後の一人、養子かつナンパ男シャディク・ゼネリの愛機

ベギルベウと同じグラスレー社製MS

十年を経た最新型

彼のゼネリ家は、プロローグ時はデリング上司でありMS開発メーカー大手

それが本編ではデリングの傘下

複雑な立場の模様

HGTWFM ペギルペンデ、1,760円

ほぼベギルベウを流用した後継機らしい

展開するシールドと大型武装が特徴

同様のジャミング持ちなのか?

シールドから散布するとか?

いかにも敵っぽいカラーリングですね

HGTWFM ミラソウル社製フライトユニット装備、880円

エアリアルの強化ユニット

やや寂しい背中を拡張できる装備

フライトというなら飛行装備? 背景からすると宇宙での高機動戦装備らしい

展開式スラスターが面白いですね

ミラソウルとは水星の会社?

水星の魔女 ウェポンディスプレイベース 550円

ガンビット再現用ベースが発売

ちょうどディスプレイに困ってたんだ!!

値段も比較的安価で嬉しい

2023年2月 3種発売

HGTWFM ティックバラン、1,430円

いわゆるサブフライトシステム

上に乗せるもよし、下に懸架するもよしとディスプレイの幅が面白い

ランディングギアも再現されており
精密感がありますね

かなりのサイズなので値段も相応か

HGTWFM ザウォート、1,760円

御三家「クールなイケメン」のペイル社量産機

なのでガンダムファラクトと共通項

本機にガンダム要素を付加したのが
ファラクトらしい?

ボリュームある胴体に対し、細い両腕が量産機的ですね

同じく御三家の「太い」ディランザに対し

対照的な細さとなっています

HGTWFM ハインドリー、1,760円

最後はグラスレー社製造のハインドリー

ベギルベウと同じグラスレー社

十年前のハイングラに対し、頭頂部カメラがなくなってすっきりしました

武装といいどこか趣味的ですね

2023年3月 4種発売

FULL MECHANICS 1/100 ガンダムエアリアル、4,180円

番組スタートから半年1/100がキット化

やはり目玉はシェルユニットの再現

機体各部の発光ユニットを、シールに頼らずクリアパーツで再現しているようです

また1/100はフルメカブランドで行くんですね

シルエットもより逞しく感じます

HGTWFM ガンダムルブリスウル、2,090円

おそらくルブリスの量産型がベースか!!

たぶん主人公と同じ、立場の弱い「地球寮」の少女たちが駆る機体なのか?

武装はガトリングガンで重装甲

メカニックであるニカ・ナナウラが搭乗する事になるのかも

デミにもガトリングがありますし

HGTWFM ガンダムルブリスソーン、1,760円

大型ライフルを持つ高機動ブースター仕様

まず間違いなくチュチュの機体

ソーン、トゲの名の通り鋭いスナイパー戦術を得意とする機体?

問題はGUNDフォーマットのリスクですが

克服できたのでしょうか?

機動戦士ガンダム 水星の魔女 新商品A(仮)、1,870円

 一切不明ですが後期主役機かラスボス機

 まだ未発表ですが、いつも通りなら分割2クール50話前後

 前半ラスボス機?

※と思ったら放送スケジュールが公開

 なら前期は最後までエアリアルか

水星の魔女は分割2クールで後期は4月

つまりガンダムでは珍しい1期12話~13話

なるほど作画がスゴいし納得

ますますヴァルヴレイヴ

放送休止の1月~3月は「閃光のハサウェイ」「NT」「サンダーボルト」をそれぞれ全4話のTVエディションとして放送予定

初見向けに作画的に見劣りしない作品群か

こちらも配信されると良いですが

ガンプラ『MG ゼータガンダム Ver.Ka』『SDCS トルネードガンダム』『SD スペリオルストライクフリーダムドラゴン』など新作ガンプラが発表!!

ガンダム 水星の魔女 PROLOGUE 感想「ガンダム」は呪い[ネタバレ]