ガンダム 水星の魔女 PROLOGUE 感想「ガンダム」は呪い[ネタバレ]

2022年9月20日

以下、公式あらすじより引用

 小惑星に建造されたフロント、フォールクヴァング。ヴァナディース機関のラボでは、ガンダム・ルブリスの稼働実験が行われていた。 評議会から課された条件をクリア出来ないままのルブリスに、 焦燥感を募らせるテストパイロット、エルノラ・サマヤ。

――その日は、彼女の娘が4歳を迎える誕生日だった。

公式サイト:https://g-witch.net/

冒頭五分の公式Youtube配信スタート

最高の映像で「ガンダムとは?」「目指すものは?」「敵は?」を凝縮した前日譚!!

本作ガンダムは乗り手を死なせる危険な機体

ガンダム=ガンド(呪い)か!!

本来は「人類を進化させる為の兵器」、対し「兵器は殺す為のもの」と徹底するのが敵

水と油、しかも敵は主人公親友?の父親!!

王道のドラマですわ

敵の「人を殺すのは人であるべき」との主張もエレガント、ルブリスの武装もビックリだった!!

魔女とは「ガンダム」開発者を意味?

敵は「魔女に鉄槌」と称し、ガンダム開発施設を攻撃
開発者はカルド博士という老婆
魔女とは彼女

呪われた機体ガンダム開発者=魔女だと?

ガンダム自体は男でも操縦可能らしい

プロローグは本編の約10年前

イベント「THE GUNDAM BASE VIRTUAL WORLD」で2022年7月14日初公開

約25分、全編あえて作名テロップを被せた映像

MS戦闘たっぷり!!

本編で高2の主人公、主人公スレッタ・マーキュリー4歳の誕生日

物語は「ガンダム」開発施設から

ルブリスは「母のガンダム」。思ったより昔の話だった?!
パーメット・リンクの接続テストを行うも
ガンダム側が無反応

エルノラはテストパイロット担当

父ナディムも前は乗ってたらしい

主人公スレッタは偽名、本名「エリクト・サマヤ」というんですね

新兵器「ガンダム」は非人道的として非難の的

義体を兵器転用、“18mロボを人体で制御する負荷”で犠牲者続出! 世論に負けた評議会が抹消へ

F91、サンダーボルト、鉄血を連想

人機一体による高機動MS

ですが根底は、初代ガンダム以来の「ニュータイプ」論みたいですね

ガンダムは「ガンドフォーマット」

老婆カルド・ナボ博士が「宇宙活動用の体」を作る為に開発、軍事転用された技術

人間が宇宙に適応する為の機械の体!

兵器なのは不本意なのね

目的は初代ガンダム「ニュータイプ」と同じ、ですが「人の力」で目指してる事に熱意を感じます

正確には「GUNDフォーマット理論」による「GUND-ARM」

GUNDAMならぬ「GUNDARM」

ガンダァム!!

社内ではGUND-ARMガンドアーム、通称がガンダムか

義肢に留まらない、内臓や骨格を含めた機械化が普及した世界観(?)

ガンダムは義肢前提の機体ですが、主人公も両親も主だった人達はみな義肢
特に主人公エリクトは背中にコネクタがあり
相当部が機械らしい

宇宙で起きる人体機能障害に耐える為
体を機械に置き換えたとの事

軍事転用されなければ、普通に有益な技術と解釈されてるらしい

開発者カルド・ナボ博士は義肢権威、母の恩人

ガンダム開発が、「地球に軍拡の口実を与える」という発言もあり地球と宇宙の構図も健在

宇宙は人が生きるには過酷すぎる事が強調

ガンダムは人が生きる手段か

本編はエリート達のようで「辺境育ち」の主人公とは価値観が大きく違いそう

本作は「宇宙優位」の世界観?

曰く「アーシアン風情」「スペーシアンは独占しすぎ」
主人公たちの企業は地球で設立されており
宇宙活動に反感をもたれてる様子

宇宙進出が進み、地球側が弱体化している世界観なのかも

既存作ならGガンダム的な

デリング『人類の安寧の為に、魔女への鉄槌を』

言葉通りなら敵は「現状維持」、主人公側は「リスクを負ってでもより良い未来へ」

また、システムは男性でも動かせます

魔女とは博士の事でしょうか

副題「水星の魔女」とは、カルド・ナボ博士の意思を継ぐという事?

「敵」はデリング・レンブラン。本編ミオリネの父

MS評議会、軍人上がりデリングによる独断専行が悲劇を招いた
彼は本編ヒロイン・ミオリネの父

本編ではMS最大手の総裁まで出世!!

ミオリネが父を嫌ってるのも納得ですわ

ガンダムは量産機、しかしルブリスは特別な機体

ガンダム自体は既に製品として一定の完成
量産化の様子も描写

対しルブリスはシステムが反発して動かない

特別な実験機なんですね

ルブリス、ひいてはエアリアルは「意思」がある?

焦る母エルノラではシステムが反応せず動作不良

ですが主人公=四歳児エリクトとの対話を経て、なんと稼働状態へ 。本作はガンダムとの対話が大事なのか?

肝は「世界は怖くない」と教えてあげた

ルブリスには意思があり、世界を怖がっていたのか? だから「動けば、楽しい事が待ってるよ」と教えて貰いやる気になったのか?

このガンダムはロリコンだったのだ……

デリングが独断専行で侵攻、開発拠点は壊滅。

ガンダム名物・開発拠点殲滅事件!!

おのれシャア!

作画は劇場版レベルの美麗さ、悲惨さが際立ちます……

出撃する量産MS「ハイングラ」

非常にカッコイイですが、キット化予定なし

ファッキン!! 10年前の機体だしね!!

本編の訓練機デミトレーナーとも共通パーツはなさそう

父とテストパイロットが「量産型ガンダム」で出撃

機動性で圧倒、誘導兵器も搭載し軍人操るモビルスーツを片っ端から撃墜

ガンダムの優秀さを物語るワンシーンですね

でも父は操縦負荷で辛そう……

普通に稼働するのも「動かないルブリスは特別」だと際立たせます

もう一人のパイロット・ウェンディ

表向きは「量産型ルブリス」二機だけが配備中
父とウェンディが出撃へ

父は本社から出向したマネージャー

後者はテストパイロットだそうな

本作版「ビット」の凄さ

驚異的なのは、誘導兵器というだけではなく
敵の攻撃さえ避けてしまう事!!

量産型ビットは吸着爆弾でした

操縦時、パイロットに紋様が

体内の義肢用ナノマシンが負荷で表出?

絵面はまるで呪術師か何かのよう

視聴者へ「ガンダムは呪い」と印象付ける演出か

ガンダム天敵「ベギルベウ」

ガンドフォーマットのリンクを制圧、機体とパイロットのリンクを切るマシン

球状パーツで、ガンダムの発光と稼働を停止させる

ルブリスにも有効なシステム

ガンダムは無敵ですが、明確な弱点が存在すると

ベギルベウは「ケナンジ・アベリー」が搭乗

機体は本編「ミカエリス」に酷似、同じ開発元?
同じく本編「ガンダム」である
ファラクトとも酷似

またミカエリスのパイロット、シャディク・ゼネリは「御三家の養子」という特殊な立ち位置

関係あったりするんですかね

「敵」デリング・レンブランの主張

兵器とは敵を殺すためだけに存在すべき

だから乗り手をも殺すガンダムは「呪い」と呼ぶべきだと否定

人殺しを忌むからこその持論か

デリング『人は人が殺すのが最低限の作法』

戦争は愚かしい、だからせめて“作法”を守るべきだと

人を殺す罪は人が背負うべきだ

とてもエレガントな発想…… 、トレーズ様を思わせる思想、嫌いじゃない

翻って、もしも「ガンダムの意思がある」なら?

ルブリスは、見た感じほぼオートで戦闘

教育する場面など意思があるのかも?

PVでも暴走気味

もし「機械が人を殺す」なら、デリングと真っ向から反する部分ですね

敵は「兵器は殺す為だけ」と考え、主人公陣営は「兵器で人を救いたい」と考えている

本作のガンダムは人類進化の「手段」としての兵器

デリングとは水と油!

思想も知ってたから抹消にかかったのか?

主人公側は「ガンドで人類の未来を救いたい」

人類の肉体は宇宙で生きるには脆弱、だから機械の体を得るべきだと

その手段が「ガンド・フォーマット」

Fateでおなじみ「ガンド」は呪いを意味

ガンダムで聞く事になろうとは

人類は宇宙に適した体に進化すべきという考え方

宇宙世紀のニュータイプとほぼ同義

また機械の体は宇宙世紀作品でたびたび描写

ガンダムUC最終回が顕著ですし「ガンダムTR-6[インレ]」もその為のシステムです

実にガンダムらしいテーマですわ

ガンダム・ルブリスは「エリクトのバイタル」で稼働

ルブリスはエリクトの生体反応とリンク
彼女以外では扱えないっぽい

本編ガンダム・エアリアルはルブリスそのもの? もしくはシステムを移植した機体?

ガンダム・ルブリス、驚異の戦闘力!!

アッと驚く装備、圧倒的な殲滅劇でした

やだこの四歳児怖い…

これ「こういう装備」だったの!?  もちろんHG ルブリスではちゃんと再現!!

ルブリスが「特別」であること

エリクトが敵機を指定すると殲滅!!

オート操縦?

よく言えば「人とAIが二人で戦う機械」 で悪く言えば「機械が人を殺す兵器」

実に機動戦士ガンダムReonじゃないか!!

無論「ガンダム殺し」ベギルベウに一瞬で無力化されたものの

父はベギルベウの無力化装置を破壊して廃人化(?)、エリクトと母は離脱

施設破壊、二人ぼっちになったところで

プロローグは幕へ

負荷の果てに壊れた父が、エリクトの無邪気さを際立たせるラストでした

単なる幼さ? それとも異質な怪物性なのか

父特攻、システムは「四段階」が描写

戦闘時は「スコア2」で敵量産機を圧倒
スコア3でビットを直接制御

3は相当負荷が大きく、使用後は荒く息を吐いていました

父は「4」を発動して特攻

敵はMS開発監査『カテドラル』

武力をもってMS開発を監視する組織が成立

仇デリングがその代表

カテドラルとは大聖堂、教区を統括する母教会の事

聖なる敵、呪われた主人公

正邪の構図か

ルブリスと操縦者の関係も「悪魔の契約」をイメージしているのかも

デリング『我らカテドラルは、全てのガンダムを否定します』

敵は「ガンダムは作らせないぞ!」組織!!

仇デリングを打倒、MS開発制約を撤廃させ

ガンダムを人類進化に使う事

それがゴールライン?

本作ガンダムは「人をむしばむ呪われた機械」。鉄血に続き、初代ガンダム「白い悪魔」を踏襲した面白い着眼点ですわ

どんな形で本編に繋がるのかも楽しみですね

母の行方は? ガンダムを持ち込んで大丈夫?

などなど、本編が気になるラストでした

エアリアルとルブリスの関係は

改修機なのか?

また学内「御三家」のガンダムはベギルベウと外見が類似、敵方で作られたガンダムらしい

爆破されたのは研究施設で「本社」が別途存在

作中では人体用ガンドの開発会社が、兵器会社に買収されガンダムが誕生

その兵器会社を頼ってガンダムエアリアルが生まれるのか?

ガンドは技術自体が未完成で、ひとまず兵器としてでも完成させたかったように見えました

その点、F91のバイオコンピュータみたいですね

会話上、開発会社も「強制執行」を受けたとの事

丸ごと消滅した開発機関よりマシでしょうが
頼るのは難しい状況の様子

本編主人公機エアリアルはルブリスを中枢そのまま、機体側をバージョンアップしたモノ?

ガンダムは妹

ルブリス開発に両親が尽力した為、主人公スレッタにとって「妹」
パイロットとガンダムが姉妹なんですね
機体に自我はあるのか?

本作は"姉妹による学園モノ"なのかも

余談。スレッタと背中

公開初期から、背中を見せるポーズだった主人公スレッタ

あれは「背中が特殊だから」なんですね

MSと繋ぐコネクタがあるから。

たぶん

GUND技術は、母が権威を引き継ぐのでしょうか?

スレッタの整備は大丈夫?

余談。コミュニケーションが苦手なスレッタ

幼少期は太陽みたいに明るい子

ですが以降、トラウマで暗くなってしまうのか?

彼女が「明るさを取り戻す」事が、テーマの一つなのかもしれませんね

本編は人付き合い苦手らしいので

余談。ガンダムと天敵

デリングが襲撃に踏み切ったのは「ガンダムを完成前に叩く」

ベギルベウのシステムで封殺できるなら

焦る必要はなかったはずです

劇中、エリクトが負荷を感じに操っていたように

ガンダムはまだまだ発展中

ベギルベウにもすぐ勝てるようになるのか?

余談。ガンプラ「ガンダムルブリス」

機体発光部「シェルユニット」を特殊成型で再現
また、普段の発光していない状態も
ダブルシールで再現可能

このパーツは、差し替えられるようになっています

ただ私は換装しようとしてヒビが入りました

機体解説の情報量も多い!!

ガンプラ「ベギルベウ」

量産型ルブリスを圧倒したアクションを再現可能
きらめく実体剣も光沢成型で再現

キット的にはこれが意外に自立します

機体解説には「ガンダム」らしい世界観の情報も

機動戦士ガンダム 水星の魔女 感想

機動戦士ガンダム 水星の魔女 PROLOGUE

ガンダム水星の魔女 放送日&声付きPV公開!!

機動戦士ガンダム 水星の魔女 ガンプラ

HG ガンダム・ルブリス[レビュー]人類の未来を拓く試作機[水星の魔女]ネタバレ

HG ベギルベウ 機体解説レビュー[しょせんはガンダム!!]水星の魔女 ネタバレ

HG TWFM-01 ガンダム・ルブリス レビュー

HG TWFM-02 ベギルベウ レビュー