魔法科高校の劣等生 3期 第8話 感想[達也vsパラサイト兵器]スティープルチェース編完!! ネタバレ 第3シーズン

魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第8話「スティープルチェース編Ⅳ」感想

公式あらすじより引用

ついにスティープルチェース・クロスカントリーの女子の部が始まった。達也はピクシーに全パラサイドールの位置を把握させると、パラサイドールが選手に接触する前に、すべて始末しようとする。だがパラサイドールは達也の想像を超えたスピードで魔法を発動。手こずりながらも何とか最初のパラサイドール封印に成功する。残りのパラサイドールたちを次々と封印していく達也だが、彼の前に最高性能個体プライム・フォーが立ちはだかる。

ABEMA ANIMEで金曜23:30曜配信、配信後最新話一週間無料

公式サイト公式ツイッター(外部)

パラサイト兵器編に幕、第1期から敵対し続ける周と直接対決へ

魔法科高校の劣等生 3期 第8話 感想

第一期九校戦で達也の実力を見抜いた大物、九島閣下が引退とはデカいヤマでした

九校戦で登場、そして引退とは因果ですね

中の方も亡くなりましたし……

ですが九島老は孫を兵器にしたくなかった

その願いは果たされたのか

また肝心のパラサイト兵器は強力

達也をして、彼が知る達人たちに匹敵するというんだから空恐ろしい

しかも意思を共有する高度な連携まで

九島老ニッコリの兵器でしたわ

しかし「共有能力」が仇

達也に味方するパラサイトであり、ほのかの意思をトレースしたピクシーが参戦

彼女が“意思共有"を盗み聞きし形勢逆転へ

結構な欠陥というべきか?

ですが達人級の量産とは恐ろしいですな

第一期から敵対し続ける周

第一期最初の大きな事件、フランス団体よる魔法科高校へのテロ事件

九校戦で賭博・関与していたマフィア

中国軍特殊部隊の引き入れ

などなど敵対し続けた周といよいよ激突か

どうも気付かれていないも

今期、反魔法師運動に便宜を図っていたのも周

全ては日本の国力を弱める為

彼との長かった暗闘も今期で決着?

周を一度は追いつめるも

正体不明、狼を呼び出す術で逃げ切られました

また彼は「七賢人」に仕えているらしいも

そちらは達也たちは突き止められなかった?

周は逃走、彼との決着で今期に幕?

冒頭 達也vsパラサイドール

スティープルチェース開幕で、ようやくパラサイトが起動・位置特定可能へ

達也は選手が追い付く前に殲滅を図ります

いやいや無茶言いおる

でもやっちゃうのがお兄様だよね!!

スティープルチェース・女子の部

にしても異様に美人揃いなのも印象的

魔法師は美男美女率高いスね…

達也だからこそ

前述の通りパラサイドールは超強力

達也でさえ戦闘不能級を何度も貰ったらしい

しかし結果的に敵は狼狽

いくら撃っても死なないんですから

不死身って怖い

敵もあくまで日本の為なので

今回、敵=達也を殺さないよう指示

あくまで戦闘不能に留める威力だったらしい

本気ならまた違ったのかね

達也は分解と再構築に特化した魔法師

治療、回復とは理屈が違う

肉体を「前の状態」に戻す事で負傷を一瞬でなかった事に出来る魔法師

反面、受けた痛みなども一瞬に濃縮されて感じるので普通は発狂するとか

第一期で深雪さんがそんな風に言ってました

達也の対パラサイドール戦術

要は、制御術式を利用して無力化したらしい

パラサイドールは万一の時、パラサイトを内部に封印する安全装置が存在

これを利用し次々封印したようです

安全性が仇だったのか

とはいえ自律稼働する兵器なんて安全装置が必須ですものね

お兄様が規格外なのが悪い

観戦する「黒幕」酒井大佐

お兄様の戦闘スーツは、風間少将麾下で開発中なのでそこまでは把握

しかしかえってパニック

同部隊は中国軍を殲滅したモンスターで有名

敵対となればそりゃパニックですわ

酒井大佐『なんで…!?』

『そんなバケモノが高校生の大会如きに出てくるのだ!?

いやホントごもっとも

直喩で歩く核弾頭

ですがまさかそのバケモノ当人が、高校生だとは思うはずもありませんわな

しかも世界的に有名な技師なんだぜ!!

しかし最高ランクの四体が迎撃

しかし前述の通り、意思共有という長所が弱点となり達也に敗北

達也を追いつめたのは実際スゴい

ピクシーがいなければ危なかった

スティープルチェース女子の部は

またも一校が上位独占エンドか

終盤は一校同士で出し抜きあい、レースとなってしまったものの

欲をかいて先行した三人が次々罠に

結果出遅れた深雪が勝利

めっちゃベタなトラップにかかってた!!

こりゃ兵器化なんて無理ですわ皆さま

九島老引退、"あの方"とは?

大佐は逃亡を試みるも、黒羽姉弟の父(達也さん実家に従う暗闘部隊)が確保

彼は失脚、魔法師の兵器化を主張する派閥は弱体化か

九島老も引退となりました

とはいえ爺ちゃん嬉しそうでしたね…

九島老はパラサイドールの完成度に満足

また以降、魔法師の兵器化に反対する勢力が軍内で力を持つ事になる

孫も、この国の若者たちも安全だと

もう九島老は役割を終えたというべきか

正直引退は惜しい気もしますが

九島『真夜か…、やはり四葉は一族に手を出す者を決して許さないのだな』

略『……なるほど

 酒井君たちは"あの方"のお怒りに触れたのか

妙なのは九島があの方と呼んだ誰か

話の流れから真夜(達也の叔母、四葉の現当主)ではないらしい

この陰謀、他にも大物が関わってたのか

作中でも一番偉い人物の一人らしい九島

彼が「あの方」なんてよっぽどですな

九校戦は大団円へ

ほぼ一話足らずと巻きで完結

そのうち漫画・魔法科高校の優等生では主題となったりするんでしょうか

同作はアニメ二期相当を別視点で連載中とか

第一期以来の敵・周を追う黒羽貢

黒羽姉弟の父、黒羽貢が周と激突

貢は達也の事情を深く理解

できるだけ表に出したくないらしい

そういや息子・娘にも、達也にはあんまり関わるなと言ってたんですっけ

アニメ「追憶編」で

しかし周、黒羽貢を突破

狼を呼ぶ謎のとっておきで離脱

余談ですが貢のCVは斧アツシ氏で、一期では陳祥山を演じています

陳は中国軍特殊部隊隊長

周の手引きで入国

同じ声で敵対するとはちょっと面白い

次回より「古都内乱編」へ

前々回の奈良に続き、今度は京都が舞台

襲学旅行編開幕ですね!!

次回、第9話

※トップに戻る

魔法科高校の劣等生 3期 第7話 感想[情報提供者]達也に求めるエゴイズム ネタバレ 第3シーズン

魔法科高校の劣等生 第3シーズン 感想 2024年春

魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第1話「ダブルセブン編I」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第2話「ダブルセブン編II」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第3話「ダブルセブン編III」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第4話「ダブルセブン編Ⅳ」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第5話「スティープルチェース編I」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第6話「スティープルチェース編II」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第7話「スティープルチェース編III」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第8話「スティープルチェース編Ⅳ」