魔法科高校の劣等生 3期 第9話 感想[新生徒会発足]災い転じて美月と幹比古が!? ネタバレ 第3シーズン

2024年6月8日

魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第9話「古都内乱編I」感想

公式あらすじより引用

九校戦が終わり、二学期が始まったある日、亜夜子と文弥が真夜直々の手紙を達也に届けに来た。手紙の内容は「周公瑾の捕縛について協力を依頼する」というもの。周公瑾は黒羽家が追跡していたが、京都付近で見失ってしまったという。どうやら周公瑾の逃亡を古式魔法師の一派である「伝統派」が手助けしていると見られる。伝統派は長年、九島家と対立している。そこで達也は九島烈の孫である藤林を通して、周公瑾の捕縛に協力を依頼する。

ABEMA ANIMEで金曜23:30曜配信、配信後最新話一週間無料

公式サイト公式ツイッター(外部)

九月、四葉の依頼で伝統派と対立。怨敵・周公瑾を追え!!

魔法科高校の劣等生 3期 第9話 感想

あらやだ幹比古と美月がラブコメ!?

遂に一期以来の周との対決

まず依頼を受けた結果、達也は「四葉の雇われ古式魔術師」と認識され敵の標的に

すると叔母様の狙いが、達也を囮にする事ってのは当たってたのか?

また新ED、九島家の孫と水波が恋仲と示唆

どっちもこっちもラブコメしてきた!!

中でも愛が重いのはやはり深雪

さすがの重さがもはや心地よい

周を倒すべく、奈良・京都を巡る戦い

これまで事件を悪化させてきた

彼は京都の日本魔法師集団「伝統派」を頼って逃げてしまいました

四葉の依頼により、達也は九島家の力を借りて周を追います

九島家ら九の家系は、伝統派と対立してる為

結果達也は、伝統派に「四葉に雇われた古式魔法使い」と誤解され標的に

家などがバレてしまった

レオたち仲間に累が及ぶ可能性を考え、事情を皆に話した上で師匠を護衛につけます

そして戦闘力が低い美月は幹比古が護衛に

スムーズなラブコメが始まった!!

冒頭 四葉家からの「依頼」

いつもの黒幕・周を追えという任務

冒頭、スパイ黒羽姉弟が四葉からの依頼をわざわざ伝えにきました

本来四葉は命令する立場

依頼とは断って良いという意味

転じ危険なものだと推測

もっといえば「達也は依頼を受けるだろうから、危険だと知らせておく」という意味?

叔母さん理解が深いですものね

黒羽姉弟の様子がおかしい理由は

敢えて敵に尾行させたから

達也は叔母が、"ダメージを負わない自分"を囮として使うつもりだろうと分析

たぶん実際正しい

しかし深雪さんキレてましたねえ

達也が、達也自身を労わらないのが悲しい

達也の復元魔法は、要はバックアップからデータを上書きする魔法

重傷だろうと一瞬で復元

際しそれまでの痛みを一瞬で知覚

たとえば本来なら一分ぶんの痛みを、一秒足らずで濃縮して味わうというもの

無傷だけど負担が大きい

だから深雪さんは心配してるのね

兄が自分自身を顧みない事を

問題は周が「伝統派」を頼った事

本作の魔法は、さながら科学のように「技術的に解明・論理的に」作られた現代魔法

対し伝統派は昔ながらの魔法

幹比古たちが得意なやつ

しかし周、どうやってそんなツテを?

とまれ内乱誘発が狙いか

どこまでも日本弱体化へ動きますね

また伝統派が強くなれば、日本が弱体化するという考え方なんでしょうか

文字通り考え方が古いみたいだから

達也、今回の件で九島家に協力を依頼

昨日の敵は今日の友

先日、実質九島家の使いとして訪れた藤林少尉経由で頼むのが肝ですね

彼女なら情報漏洩の心配がない

話を聞いてもらいやすいからか

結果、深雪がキレることに

達也が藤林少尉のプライベートな電話番号を知っていた事にキレる妹

拘束強めの嫁さながらの重さ

達也さんがドン引きする数少ない相手ですね

深雪にだけは感情的になるから!!

敢えて九島家を頼った達也

理由はまず九島以下、"九の家系"は伝統派と対立関係にあるからだとか

九島はバリバリの現代魔法ですものね

でも古式に根差すものでもあるらしい

爺さんの術も古式が原型みたいですし

もう一つは「貸し借りを清算する」為 

前回、九島家に迷惑をかけられた達也

それを九島が借りだと考えてる場合、とっとと清算してしまいたいらしい

長く付き合いたくないんですね

達也さんらしいっちゃらしい

それを聞いて大爆笑の真夜叔母様

やだおばさまかわいい

というのも、普通そういう時は「足がかりにして関係性を強めるべき」というのが真夜

貸し借りが嫌だとか青臭い

そんな若さを笑ったのか

大人にとって貸し借りは作っておき、いざという時に備えるものなんだと

自分で動く達也、他人を動かす叔母様で考え方も対照的ですね

二年生による新生徒会発足

ほぼ身内「第一期での新入生」で固まり、先輩たちは引退してしまいました

もう達也たちも二年生の秋ですもんね……

時の流れが早い

特に九校戦

もうあの可愛い会長たちじゃないのだ……

新生徒会長は深雪

さすが魔法科高校の優等生

そして達也は、深雪の意向で書記長を新設させた上で就任

シベリアに送りそう

ずいぶん物騒な役職名ですが、達也を自分より上にしたいという深雪の意向

私物化ってレベルじゃねえぞ!!

さすがシベリアより寒い人!!

さっそく襲われた達也

無論蹴散らしたものの

敵に狙われた以上、親しいものが襲われる可能性が高いと心配事が増えることに

お兄様いつも心配ごと抱えてますね

敵を"うまい具合に蹴散らした"深雪

第一期のテロ事件を反省した成長か

第一期初期のブランシュ事件、深雪は敵集団を殲滅してしまいました

あの時はコントロールが未熟だった

今度は後遺症も残らない

深雪さんも成長してるんですね能力も愛も

敵の誤解

敵は伝統派ですが、達也たちを四葉雇われの古式魔法師と誤解

どうしてそうなった

彼らのプライドゆえ?

もしや古式こそ真の魔法師的な思想?

四葉が古式を恐れ、本当に強い魔法師=古式を雇ったというストーリーなのかね

周あたりに吹き込まれたのかね

師匠に仲間達の護衛を頼む達也

際し妙に意味深なお師匠

彼は敵を自称・伝統派と呼びます

師匠自身が古式なので、敵は伝統を名乗ってるだけのすっとこどっこいだと考えてるのか?

本当なら師匠自身でボコりたそうですね

後で駆けつけるんでしょうか

問題は戦闘力が低い美月

ならちょうどいい、彼女ともどかしい関係な幹比古が守れと押し付けて次回に続く

災い転じてラブコメとなす…と?

それでOPでイチャついてたのか

もう二年生の十月

そろそろ進展があってしかるべきですかね

聞いてるかレオとエリカ!!

次回、第10話

※トップに戻る

魔法科高校の劣等生 3期 第10話 感想[水波と光宣]久々の総力戦!! ネタバレ 第3シーズン

魔法科高校の劣等生 3期 第8話 感想[達也vsパラサイト兵器]スティープルチェース編完!! ネタバレ 第3シーズン

魔法科高校の劣等生 第3シーズン 感想 2024年春

魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第1話「ダブルセブン編I」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第2話「ダブルセブン編II」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第3話「ダブルセブン編III」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第4話「ダブルセブン編Ⅳ」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第5話「スティープルチェース編I」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第6話「スティープルチェース編II」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第7話「スティープルチェース編III」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第8話「スティープルチェース編Ⅳ」
魔法科高校の劣等生 第3シーズン 第9話「古都内乱編I」