ブルーアーカイブ 第10話 感想[黒服男の狙い]カイザーPMCと借金最終決戦!! ネタバレ The Animation

2024年6月17日

ブルーアーカイブ The Animation 第10話「唯一意味のある場所」感想

公式あらすじより引用

ホシノが残した手紙には、彼女の過去と想いとが綴られていた。
思わず駆けだすシロコだったがその瞬間、カイザーコーポレーションがアビドス高校を襲撃する。突然の攻撃で窮地に陥る対策委員会、その前に現れたのは「彼女たち」だった。

シナリオ:浅藤 蛍
絵コンテ:牧 俊治
演出:牧 俊治
総作画監督:森 七奈

ABEMA ANIMEで25時より配信、配信後最新話一週間無料

最速で日曜24時15分より各所で配信

公式サイト公式ツイッター(外部)

借金騒動に大転換、カイザーグループと黒服の本当の狙い

ブルーアーカイブ 第10話 感想

黒服の男はホシノに宿る何かが狙いだったのか

他方カイザーPMCは彼女の兵器利用が狙い

共にホシノの身柄確保へ、追い込む手段に学校を利用していたに過ぎなかった事が判明

まずカイザーPMCこそ撃破したものの

彼も利用されてただけ

悪い大人はもっと悪い大人の黒服に騙されてた

しかし逃がすとは思わなんだ!!

自主退学したホシノ、その理由

第7話冒頭、黒服男と譲渡契約を話したホシノ

あれはホシノ自身の身柄引き渡し

土地譲渡はある意味ミスリードだったか

まさか本当に人身譲渡だったとは

ホシノは自身と引き換えに借金返済

何故ならホシノは戦力として有益だから

実際カイザーPMCは思ってたようです

実際強い

しかし何故強いかが問題だったのかね?

有力校ゲヘナすら警戒する程

第6話では、ゲヘナのヒナ風紀委員長がホシノを警戒して部隊を引かせました

あれがある意味前振りだったか

つくづく風紀委員アコは何も知らず仕掛けてた

もし本格抗争したら壊滅してたのかね

そら始末書書かされますわ

黒服の男と「実験」

ホシノは超巨大学園都市キヴォトス、最高の神秘を持っているという

その実験・観測が黒服の望み

それがホシノの強さの理由?

ゲヘナのヒナ風紀委員長は、ホシノを巡る実験を掴んでいたんですね

カイザー社でなく黒服の方の狙いを掴んでた

だがホシノ自身含めて見誤った

学校や土地、そこにある何かが狙いと思ってた

まさかそこまで重要人物だったとは

ホシノ「譲渡」で起きた問題

彼女が退学し、生徒会が居なくなったことで学校の権利者がいなくなってしまった

権利者不在で学校運営が不能に

そもそも連邦生徒会が動かなかった理由

あれは廃校対策委員会が非正規、承認されていない組織だったから

同好会以下だったのか

言われてみると前振りだったのね

ある意味でホシノの落ち度

しかしそのカイザー社の言い分が正しいなら、ホシノが生徒会として要請すれば良かった

前会長も要請してたんでしょうか?

前会長は突然失踪、もしくは死亡

おかげで引き継ぎできなかったのが原因かね

一緒にショックを受ける先生

おい気付いとけ上位組織シャーレの人!!

そも生徒会問題自体が致命的

まさか誰も知らなかったとは

幸い、皆を奮い立たせたのは

待ってましたの便利屋68!!

また便利屋だけは無法者、アウトローだから自治権云々を無視して動けたってところでしょうか

本作で学校自治区は州、国家みたいなもの

他学校が来るのは不味いんですかね

でも無法者だから関係ない!!

CEO自ら前線に立つカイザーPMC

部下曰くまだ未調整で危険な兵器に搭乗

なお特に暴走などはせず

CEO自ら出撃したカイザー社と決戦し、アビドス中心の連携で打倒成功に

先生にも見せ場が!!

指示ミスったのかと本気で思いましたわ

どうもカイザー社との抗争は一段落

いやカイザーCEO逃がすの!?

とはかなり本気で思いましたが

原作ゲームに沿った流れなんですかね

しかし借金返済はほぼ成功

後はホシノが戻れば生徒会復活で無問題?

ほぼというのがやや引っかかるも

そこはもしかしたら、俺たちの借金返済はこれからだ!的な〆なんでしょうか

目的意識があった方が張り合いがでますし

冒頭 ホシノ先輩の置手紙

前回で予感させた通り、学校の為に自主退学して去ったホシノ先輩

サブタイはこの学校の

学校を守るべく自己犠牲

前回、先生には何やら話していたらしいも

あれはまた別の話?

手紙『実は私、大人が嫌いだった』

いやこの台詞でしょうか

この台詞を驚かず聞いてましたし

本当は大人嫌いだけど、先生は信用できるよ的なことを話してたんでしょうか

先生がいるからみんなもう大丈夫だ

そう思って身売りしたと

背を押してしまったんですね

実際すでに挽回不可能

前回時点で、もう返済は不可能だと描写

それが身売りした一番の理由か

借金ほぼ返済を代価に身売り

しかし敵の狙いはそもそもホシノ

カイザーグループが制圧作戦を実行

曰く最後の生徒会ホシノがいなくなり、自治権が事実上消滅したから制圧に来たと

裏目に出てしまった!!

ただ手が無かったのは事実か

ホシノの手紙『万が一、敵として相対する事になったら』

『私のヘイローを壊して

要は殺してという事か

ヘイローとはハイロゥ、いわゆる天使の輪っか

ガンダム的に馴染み深い単語ですね

やたら頑丈なのは光輪が弱点ゆえ? 攻撃しない暗黙の了解でもあるんでしょうか?

とまれ次回ホントに攻撃するか悩みそう

法的になす術なくなったアビドス

しかしアウトロー、無法者の便利屋68が救出に現れて形勢逆転

散々「法律上」負けてきたアビドス

無法者が救うとは因果ですね

これがアウトローの真髄か!!

ただ大事なものを守りたい

そんなアビドスに対し、カイザーCEOは試作兵器を投入

やはりCV稲田徹氏ならロボ!!

これを攻略すべく合同作戦

メタに少し笑えるのは、コクピットが剥きだしになっている事

装甲関係ないやんけ!!

重装甲に苦戦するアビドス

シロコが一度、操縦者を狙うシーンがあったも

基本的に重装甲を突破できず苦戦

ゲーム再現なんでしょうか

操縦者を狙えなんてヤボだった!!

アビドス、便利屋68の策

策とは巨大地雷に突っ込ませる事

無事成功しダメージ

更に先生の指示で、カイザーが見せびらかすべく持ってきたホシノ先輩の盾を使い防御

あのバッグみたいなの盾だったのか

しかもエネルギーシールド!!

こんなに強力だったとは

シロコ『前衛って…、大変だね!!』

普段ホシノがしてる苦労を理解

言葉通り前衛そのものでなく、ホシノが負ってきた苦労全般を指してでしょうか

最後は敵砲口に銃弾を撃ち込み引火させ勝利

遂に死人が!?

そんなことはなくカイザーCEOは無事

そのまま逃がしてしまいました

ゲーム再現なんでしょうか

もっとも実際、これ以上できることはなかったんですかね

次回、ホシノへの「実験」が実施

暴走ホシノvsアビドス……?

ところで連邦生徒会長は?

てっきり第一話冒頭事件がテーマと思ったも

生徒会長事件は大きな山場

その第一歩みたいな事件なんですな

次回、第11話

事件は次回でほぼ終わりそうな感じ?

※トップに戻る

ブルーアーカイブ 第11話 感想[ゲマトリア]先生と同じく現れた者達 ネタバレ The Animation

ブルーアーカイブ 第9話 感想[ユメ生徒会長]アビドス自治区の現状 ネタバレ The Animation

ブルーアーカイブ The Animation 感想

ブルーアーカイブ The Animation 第1話「アビドス高等学校 廃校対策委員会」
ブルーアーカイブ The Animation 第2話「私は認めない!」
ブルーアーカイブ The Animation 第3話「便利屋68にお任せください!」
ブルーアーカイブ The Animation 第4話「覆面水着団☆」
ブルーアーカイブ The Animation 第5話「友達なんかじゃない!」
ブルーアーカイブ The Animation 第6話「ゲヘナ風紀委員会」
ブルーアーカイブ The Animation 第7話「前に進むしか…」
ブルーアーカイブ The Animation 第8話「秘密」
ブルーアーカイブ The Animation 第9話「アビドス砂漠へ」
ブルーアーカイブ The Animation 第10話「唯一意味のある場所」