ブルーアーカイブ 第9話 感想[ユメ生徒会長]アビドス自治区の現状 ネタバレ The Animation

2024年6月10日

ブルーアーカイブ The Animation 第9話「アビドス砂漠へ」感想

公式あらすじより引用

アビドスの土地がアビドス高等学校のものではない、という事実を知らされる対策委員会。
現在の所有者となっているカイザーグループが何を企んでいるのか。その手がかりを掴むため、シロコ達はアビドス砂漠へと向かう。そこで彼女たちを待ち受けていたものは――

シナリオ:大野木 寛
絵コンテ:ほしかわたかふみ/山岸 大悟
演出:田部 伸一
総作画監督:森 七奈

ABEMA ANIMEで25時より配信、配信後最新話一週間無料

最速で日曜24時15分より各所で配信

公式サイト公式ツイッター(外部)

ホシノ一年生時代の回想、アビドス土地買収問題の現状が明らかに

ブルーアーカイブ 第9話 感想

先生にまた明日と言われ、返事をせずに去っていったホシノ

単身突撃する前振りでしょうか

何やら打ち明け話

しかし先生に語ったのみで、視聴者には明かされず終い

どうもモヤモヤする回ですね

借金はもはや返しようがないとも確定

ひっくり返すウルトラCとは?

くだんの「お宝」が鍵なんですかね

砂漠だけに水?

アビドス自治区の現状

三年前まで存在した生徒会が、カイザー社に土地を売って借金返済にあてた事が明らかに

しかし生徒会が消え窓口がなくなった

なので残った土地を奪うべく襲撃してたと

生徒会が消えたことで多少自体が好転、なら前生徒会長はわざと消えたのか?

会長が消えた経緯は不明

にしてもどこも生徒会長が消えてますね…

全ては最初から仕組まれていた

原因は大規模な砂嵐で復旧費が必要となった事

そして他の銀行は貸してくれなかった

唯一貸してくれたカイザー社は、いずれ学校を奪う目的で貸し付けていたと

先生曰く返せなくなるほどの金を貸すのはよくある手口だと

つくづくヤミ金に手を出してはいけない…

連邦生徒会は頼れなかったんですかね先生

というか頼れないのかね先生

敵がアビドス校を狙う理由

曰く砂漠の宝物探し

しかし地下資源などはないはずだと

また狙われている学校は別館で、本館はとっくに砂の中だそうな

そんなところに貴重なものが?

セリカ辺りは冗談だと解釈

果たしてマジかマジじゃないのか

仮にマジだった場合

敵は学校を狙っている

学校近辺に宝がある可能性が高いのか?

モチーフがエジプトだけに、ファラオの財宝などなら話が早いも

ホシノが願うのは「砂祭り」再開

なら見つかるのはオアシス?

砂漠の宝・水源を、カイザー社が金銀財宝だと誤解したってオチ?

見当もつかない話になってきましたね

冒頭 ユメ先輩と一年生ホシノ

回想、ホシノが大事にしている「砂祭りのポスター」の話

当時、ユメ会長が楽しげに祭りを回想

奇跡でも起こればまたやれると話すも

当時リアリストだったホシノは、現実的な話をしろと破ってしまいます

そんな昔を悔いているんですね

今と別人なホシノ

雰囲気も口調も鋭く現実的

対しユメ先輩は、今のホシノのようなのんびりした雰囲気でした

ホシノが真似たのかね

CVは渕上舞さん

奇跡が起これば

地下に眠るお宝が「水源」なのかね

オアシス復活で祭りも蘇る大団円?

ただその場合、カイザー社が関わってるのが謎な気がします

宝を財宝だと誤解してるのか?

シロコ『私は先輩を信じる』

今後、ホシノが何かやらかした時に活きるやりとりですかね

ホシノは退学届けを隠し持ってますし

何が起きても信じる前振り?

ホシノ、二人だけの生徒会時代

ようやく、土地の大半がカイザー社に渡ってると把握したシロコ達

取引主体は生徒会

今は事実上消滅

であれば前回などの譲渡書類は当時のもの?

ホシノはよく知らないと語ったものの

或いはホシノが新たに書き足したものか

今も同社と繋がりがある訳ですし

二年前、既に生徒はごく僅か

生徒会も形だけで、会長があちこち飛び回りシロコが付いて回る形だった

当時ホシノは、嫌々付いて回ってたというか

もっと現実的にとやかましかった様子

今となっては懐かしい日々

人に歴史ありですね

エジプトだけに歴史を感じる

アビドス自治区の土地売却問題

ホシノ曰く、カイザー社は数十年前からこの辺の土地に目を付けていたらしい

そこに大規模砂嵐が起きた

それ以前は祭り等、豊かな自治区だったらしい

カイザー社は自治学校が金に困った事を利用、土地を奪う目的で返済不能の金を貸した

同社は土地を砂まみれで無価値と買い叩いた

借金返済には役立たなかった

ですが取引していた生徒会が途中消滅

カイザー社は奪いきれず、武力制圧に切り替えヘルメット団などを雇った

対し、引き継いだシロコ達は事情を知らず借金返済だけにまい進

ホシノだけが全てを知ってた訳か

視聴者視点でそもそも疑問なのは

ホシノ達がどうやって返済してたか

とても学生に払える額じゃない

バイトもセリカだけ

親の金も使わず、あくまで自分達で返すというポリシーという委員会

それだけに「どうやって稼いでるか」描写は欲しかった気がします

尺が足りなかったんですかね

ゲヘナの助言

先日先生が、ゲヘナの風紀委員長ヒナに受けた助言を元に調査に始動

カイザー社が捨てられた砂漠で何かしてる

先生伝え忘れてた!!

そりゃもう非難轟々

ですが先生が居なけりゃそもそも教えてもらえなかったんですから!!

そこだけはもうちょっと敬って!!

ちょっとでいいから!!

捨てられた砂漠とは?

スムーズに目的地に向かう一行

解かるんだ場所

曰く一帯丸ごと砂漠なので、どこなのか視聴者には見当つかなかったも

あの砂祭り跡地の事でしょうか

カイザーPMC、民間軍事会社アジト

知らない内にアジトが建設

気付けというのも酷

ホシノ達はすぐさま発見され、グループ理事が「宝探しをしてる」とうそぶきます

でもアヤネ曰く地下資源なんてないらしい

敵の目的は宝探し

敵にとって無価値で、シロコ達に有意義なものなら「水」なんでしょうか?

大規模な水脈でも見つかるんですかね

そうすれば祭りが復活できますし

そして水なら、カイザー社にとっては「どうでもいい」から手を引くとか?

昔の人が宝として伝えてきたもの

それをカイザーは財宝と誤解?

借金返済は本格的に不可能に

理事は金利を操って無茶な額を指定

彼らは戦力豊富で武力制圧も無理

さあ困った!!

とりあえず合法を越えた金利へ訴えるのは?というオチはまさかないでしょうけれども

そもそも連邦生徒会は?

アメリカ政府と自治州みたいな関係ですし

ホシノを煽る理事長

ユメ会長を馬鹿にして煽る理事長

わざわざ煽ったのは、武力衝突に持ちこんで力づくで叩き潰したいのかね?

ですがひとまずホシノは我慢か

ユメ生徒会長の行方は?

二年前、砂漠で消息を絶ったらしい

以来ホシノは落ち込んでる様子

先輩のありがたさを感じ、あんな風に皆を導こうとしてるんでしょうか

自己犠牲なところもそっくり……?

シロコは潜入を主張するも

ひとまず解散し、ホシノが先生に打ち明け話をして

果たして何を話したやら

際しホシノは「また明日」という先生に応えず去ってしまいました

これでお別れだと言いたげなラスト

単身自己犠牲

同じくシロコと出会って二人で共同戦線となるんですかね

次回、第10話

※トップに戻る

ブルーアーカイブ 第10話 感想[黒服男の狙い]カイザーPMCと借金最終決戦!! ネタバレ The Animation

ブルーアーカイブ 第8話 感想[ユメ先輩]ホシノと書類と水族館!! ネタバレ The Animation

ブルーアーカイブ The Animation 感想

ブルーアーカイブ The Animation 第1話「アビドス高等学校 廃校対策委員会」
ブルーアーカイブ The Animation 第2話「私は認めない!」
ブルーアーカイブ The Animation 第3話「便利屋68にお任せください!」
ブルーアーカイブ The Animation 第4話「覆面水着団☆」
ブルーアーカイブ The Animation 第5話「友達なんかじゃない!」
ブルーアーカイブ The Animation 第6話「ゲヘナ風紀委員会」
ブルーアーカイブ The Animation 第7話「前に進むしか…」
ブルーアーカイブ The Animation 第8話「秘密」
ブルーアーカイブ The Animation 第9話「アビドス砂漠へ」