オーバーロード4期 3話 感想 がんばれ毛根!! 負けるな陛下!![ネタバレ]

2022年9月21日

オーバーロードIV 第3話「バハルス帝国」

公式あらすじより引用

バハルス帝国の皇帝ジルクニフは窮地に立っていた。
先の戦争でアインズの協力を得た帝国は、ほぼ無傷で王国に勝利した。
しかし実際は、アインズの恐るべき力を見せつけられ、帝国騎士たちは戦意を喪失。
以降帝国は魔導国に従わざるを得ない。
しかも、帝国の切り札といえる存在・フールーダーも魔導国に恭順している。
それでも、ジルクニフはアインズが人類の脅威となると考え、
ひそかに対魔導国同盟の結成をはかる。

ABEMA ANIME 火曜 24時 配信後最新話一週間無料

公式サイト公式ツイッター(外部)

自信満々な天才の面影はどこへ、皇帝受難

モモンガ様に法国に帝国、トップ達の苦悩回

皇帝陛下の不憫さで腹筋が辛い!!

このまま「彼」が勝ってくれたらどんなに嬉しい事でしょうか
ありもしない希望にすがる陛下!!
がんばぇー!!

展開早すぎて陛下の毛根がもたない!!

第1期終盤、シャルティア洗脳事件

第1期10話、法国「漆黒聖典」隊と交戦

シャルティアが彼らの世界級アイテムで洗脳されました

防ぐには、世界級アイテム装備が必要で
第1期11話で霊廟から回収し
各員に装備

アルベドは「真なる無」が世界級だと

洗脳対策なんですね

冒頭 時間を巻き戻し「使節団」出発前

使節団の威容は、王国へのプレッシャー
実際ザナック王子は戦慄!!

また誰がシャルティアを洗脳したか、アインズ様たちは知りません

その備えやらetcetec……
過保護!!

完全にお父さんだ!!

「友達の忘れ形見であるアルベド達」を心より愛するアインズ様

聞くアルベドは陶酔の笑顔
至高の時間ですね…

また「アインズ様はデミウルゴスの計画を知らない」と再強調

全てNPC達をがっかりさせない
事後承諾の権化!!

今期も至高のアドリブ力が試される!!

またしても早口になるアインズ様

心配過ぎて早口で注意しまくるアインズ様
もう付き添っちゃえよ!!

病気対策なら知ってるというアルベド

キスすれば病気などへっちゃらだと!!

この元ビッチぶっこんできおる!!
隙あらばアピール
アホ毛!!

妙に早口なのがアインズ様そっくり!!

なおアインズ様の回答は

キスはキスでも以下省略

実にお父さんらしい回答でした

友達の子供に手は出さない!!
鉄則!

どっちにしてもアルベドは号泣

前回あんだけ人非人だったのにお可愛い事

アインズ様の精神は今日も忙しい

※発光は強制的な鎮静
それだけパニック状態という事

アルベド『かしこまりました、モモンガ様♪』

モモンガはアインズ本来のプレイヤー名

彼女のNPC設定は「モモンガを愛している」

他NPCのギルドへの忠誠、引退しなかったアインズ様への恩義
創造したプレイヤーへの敬意と違い
彼女だけは個人への愛

2期10話は「ギルドの旗をないがしろにし、モモンガのギルド愛が理解できない」と明言した程

ギルド第一のアインズ様と齟齬がある様子

アインズ様『ここで何があったかは忘れろ』

とはメイドのリュミエール

今日のメイドさんは出来た人
なんてクールな…

メイドさんも様々ですね

Aパート「スレイン法国」

主に第1期で関わった国のトップ達

カルネ村での陽光聖典ニグン、シャルティアを洗脳した漆黒聖典
クレマンティーヌも漆黒聖典出身

各国に神官を派遣してる元締めらしい

帝国神官も法国側のようでした

『人間たる我々の命があった事を、神に感謝いたします』

独特な教義で人類守護者を自認する国

トップは六人

二期でナザリック魔導国が何をやらかしたのかおさらい
実に的確なまとめ!!

ホント何やってんスか至高の御方

戦争は漆黒聖典の一人が監視

法国トップ六人は、魔導国のデスナイト数百体に絶望

本作お馴染デスナイト

3期6話では、帝国のフールーダが「支配」を試みては失敗し続けており
支配できたら最高の魔術師になれる
と苦悩していた大怪物

それが数百体!!

※アインズ様は軽いノリで作れる

ですが「神人」なら対応可能

法国「神の血を引く二人」なら対応可能

なお片方はCV田村ゆかり女史
まさに最強!!

もう一人は漆黒聖典リーダー

しかし「神人でも勝てない」

前期、アインズ様が超位魔法で13万人を虐殺

その様を「監視」した漆黒聖典は絶望
引きこもってしまったらしい

こんなところにも被害者が…

法国は「神の降臨」と解釈

どうも「神」とは転移したプレイヤー

200年ぶりの降臨だと

第1期でシャルティアを洗脳した「世界級(ワールド)アイテム」などは彼らの遺産か

法国の人達は歴史に詳しいなあ

実は「王国」も法国の産物

法国は人類の守護者

手を回し、他種族と戦う「勇者」を育てるべく建国させたのが
リ・エスティーゼ王国だと

それで王家に強力な装備があるのか

ですが今や建国の志は忘れられた

本来、こんな時こそ王国の出番

それが真っ先にやられちゃったと!!

法国は王国に失望

前回、ブレインが「ガゼフの後継者」を育てるべく奮闘していましたが
王国は元々そういう国だったんですね
勇者を育てる土壌

が、その気風は失われてしまった

法国は「王国は帝国に併呑させよう」と策謀

なんという何様ムーブ

彼らは帝国を魔導国にぶつけようと決断

並行しモモンを「吸血鬼ホニョペニョコ(シャルティア」を倒した冒険者として高く評価
アインズ様にぶつけようと画策しています
無散ってこわい

まさかアインズ様当人だとは思うめえ

※コメント曰く、併呑案は1期1話以前から

第1期序盤、アインズ様とガゼフが初めて出会った「陽光聖典襲撃」のエピソード
アレが「王国を帝国に併呑させる」策の一つ

ガゼフが併呑の邪魔なので処分を謀ってた訳ですね

併呑案は、魔導国建国によって
ますます加速……

するはずだった、というのが今回のお話

はずだったんだよ……

法国は本世界の歴史に詳しい

またプレイヤーの血を引き、匹敵する力を持つ「神人」が二人所属

世界級アイテムを保有

などなど、多少ナザリックに対抗しうると描写しつつ
致命的な勘違いが進行中

モモン様への期待が熱い!!

その「帝国」皇帝は絶賛絶望中

前期の戦争は「帝国が魔導国と協力し、王国に勝った」と周知

ですが実態は王国に劣らず絶望中

陛下なんて、心労がたたって抜け毛
なんて具体的な悲劇!!

頑張れ陛下の毛根!!

騎士団からも退職願いが続々

3期の帝国は「常備軍」を持つ軍事国家

他国では、有事に際して兵を募るのに対し
近代的な軍事組織を編成

皇帝に直で意見を送れるなど、優れた組織と描写されていました

その軍も毛根も見る影もない…

渡りに船! 法国が皇帝に接触

陛下は魔導国包囲網を決意

さながら織田信長を警戒し、包囲網が形成されたように
魔王に立ち向かおうとする陛下!!

爆死フラグっぽいですよ陛下!!

Bパート 皇帝陛下絶叫大会

陛下めちゃくちゃぶっちゃけた!!

側近に苦悩をぶちまける陛下

その気苦労たるや、アインズ様にも劣りませんでした
漏らせる相手がいるだけマシ!!
たぶん!!

多分アインズ様が一番解る苦労!!

皇帝『私が悪いと言うのか!?』

幾度も幾度も描かれる抜け毛

陛下=抜け毛……

帝国最強の切り札、魔術師フールーダも魔導国に離反
あの爺ちゃんは魔法マニアなので
知識欲で離反しました

ノリがナザリック寄りでしたものね

寝返らなかったガゼフは偉い

皇帝『だからこそスレイン法国だ』

側近の言うように降伏した方が早い

ですが降伏したところで、許してくれるか解らない
何せ13万も一方的に虐殺した上に
ビジュアルがアレ

陛下は法国の知識に頼ろうと決意

実際、知識は凄かった

着眼点は正しい!!

アダマンタイト級冒険者チーム『銀糸鳥』

会談護衛は帝国最上位冒険者チーム

リーダーはバード、吟遊詩人という珍しい構成ですが
この人、歌はあまり得意ではないのか
味方にバッサリ

いいのか吟遊詩人

そんだけ仲が良いチームらしい

護衛を任せ、法国トップ中の二人と会談

城を避け顔を隠させ、闘技場観戦との体裁

更に幾重にも防諜対策

陛下の有能さ、ノイローゼっぷりが合わさった完璧な対策でした
前回、使節団が舞踏会を間借りして
会談してたのと同じか

闘技場を見てるふりして筆談で会見

闘技場の出場者は「武王」

八代目チャンピオンにして歴代最強

強すぎて挑戦者も現れないという
ぶっちぎりの強さ!!

彼に「急に挑戦者が決まってサプライズ参戦」だと

完全にフラグ

司会『挑戦者の名を知らぬ方はいないでしょう!』

まさかのアインズ・ウール・ゴウン参戦

冒頭でボケてたあの人が!?

なるほどナザリック勢でしたが、アインズ様御当人とは!?
番宣で見慣れない服装をしてたのは
この場面……

陛下の狼狽っぷりは見るも哀れ

作者さん鬼畜か!!

陛下『あ、ありえない…、そんな馬鹿な!?』

法国トップ二人は、皇帝の裏切りと判断

帝国包囲網は一話もたず瓦解

魔導国側に仕掛ける描写は全然なかったので
視聴者的にも意外でした
展開が早い!!

陛下を育てたフールーダ爺ちゃんの差しがねか?

折れちまったよ陛下の心が!!

皇帝『武王…、がんばれー!!』

もはや倒れるのは武王のみ!!

陛下、がんばれ……!!

神官達に「人類を裏切った」と思われながら
必死に協力を呼びかけ続けた陛下
最後まで立派でした

自己保身以上に勝つ為に言葉を尽くしてた!!

だから…、武王がんばれー!!

ぷれぷれぷれあですⅣ 3話

完全に出オチ

ある意味どっちも人の心がないルプスレギナとシズ担当回

前回のはまだマシだったんですね
マシってなんだ

マスターまでも心労が激しい!!

ルプスレギナなりのおもてなし

ただのメイド喫茶だからちきしょう!!

可愛いけどその裏で何を考えてるかと思うと不安しかないルプスレギナ
こんなに可愛いのに人でなし!!

ただマスターも心得たもの

今回は「心構え」の話をするだけだと

副料理長(これ以上グラスを割られてたまるか!)』

グラスは割れなかったけどエクレアが噴出しそうでした

エクレアらしく!!

可愛いもの好きなシズにひどい目に遭う話
なのにエクレアはメンタル強いな…
驚きの前向きさ!

これがホントのハプニングバーってな!!

力で完敗、策で対抗を試みる帝国

その策で完敗してしまうの

有能で合理的な皇帝が『恃みとなるのは人の心だけだ…』と言い出した辺り
良い話というより八方塞がった感

もはや頼れるのは武王だけですね……

武王がんばえー!!

オーバーロード4期 4話 感想 世界で一番不幸な奴!![ネタバレ]

オーバーロード4期 2話 感想「バカ」がいい!![ネタバレ]