転生賢者 5話 感想 街を守る理由なんて一つでいいッ!!![ネタバレ]転生賢者の異世界ライフ 第二の職業を得て、世界最強になりました

2022年9月13日

転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 第5話「寒くて大変みたいだった」感想

 公式あらすじより引用

暖かくて過ごしやすい街と聞いていたリクアルドは、十日ほど前から猛烈な寒波に襲われ一面が雪に覆われていた。ユージが立ち寄った料理店でも料理用の薪が確保できず、ユージは絶品料理を味わうために薪を調達することにする。

ABEMA ANIME 月 24時配信 翌日最新話一週間無料

公式サイト公式ツイッター(外部)

ユージがかつてなく饒舌なツッコミ回!!!

料理が旨い!! 街を守る理由なんてそれだけさ!!

やだユージさん作中過去一カッコいい!!

また神話の大魔物使いもスライム連れ

先代の転生者も、ユージと同じ小屋で「最強」になったのか?
はたまた、小屋は先代転生者の遺産?
敵も魔物使い…?

ユージ当人は知る由もなく、いつになく張り切る姿が新鮮!!

やめて生態系が壊滅しちゃう!?

あなたもしや生前も食事だけが趣味だった?

冒頭 ユージだけが寒かった

案外スライムも寒さがへっちゃら

スライム強い子、元気な子ですわ

ユージだけは寒い為「魔法断熱」を使用
魔法って便利

ユージ自身も言う通り魔法って便利。

こんなに便利なの彼くらいだろうけど!!

門衛『リクアルドへは何しに?』

ユージ曰く「メシが旨いと聞いてな!!」

キャラ違くない?

まるで食べる事だけが生き甲斐みたいじゃないですか!!
YOUは何しにリクアルドへ?

なお寒波は10日前から

それって、ユージが召喚された頃から?

Aパート 本来は温かい地域

前回、勧められたのも温暖な街である為

それがどっこい凍結中

さながら、一年戦争終結時のジオン公国首都のような突然の寒波
備えがあるはずもない中じゃ大変だ…
外には誰も出ていません

また今回もBGMがドラクエそっくり

ユージ自身ドラクエⅤっぽいですものね

食堂が営業していない…、凍り付くユージ

曰く「だが! 俺の勘がここは旨いと言っている!!」

なんなのユージの熱血っぷり!!

店員のミトさんが言うには、薪がなくて料理が作れない
そら突然の寒波から10日間も経った以上
薪なんてあるはずがない…

…だけの話じゃなかった

ミト『今から切っても駄目なんです……』

切ったばかりの薪は煙が出る、料理に使えない

生活はともかく料理が出来ない訳か

木は植物ですから、見た目よりも水分がある
ゆるキャンにもありましたね

生木は水分があり、火にくべるとはぜてしまう

しまリンがびっくりする奴だ…

ミト『しっかり一年は乾燥させないと……』

言ってるのに決然と森に向かうユージ

まずは伐採、薪割りから

そこでユージは「斧召喚」「物理強化」「超級戦闘術」を併用
斧は召喚するものだった…?
おかしくない?

召喚術の範囲が広くない!?

ユージ『(何か間違っている気がする…、が、まあいい)』

ユージ、超級戦闘術(もしくは斧の性能)で森を一刀両断

バトル漫画みたいな切り方ァ!!

まるで喧嘩ボンバーで森をフッ飛ばしたネプチューンマンみたいじゃないですか!!
白兵戦も強かったんだ……

前回真竜と白兵戦してましたものね

狼とスライムも唖然だよ!!

ユージ『魔法もスキルも本当に優秀だな』

それで済ますのがユージクオリティ
無味乾燥すぎる

乾燥させるのは薪だけで充分ですよ

ユージ『(後は…、乾燥か)』

そこで使用したのが「スライム水分吸収」

スライム応用範囲広くない?

前回、スライムを浄水に使ったのと同様か
他にお馴染み「収納」
加湿もできる

水分系は基本スライムなんですね

ユージの基本おかしい

店員娘ミト『完璧に乾いてる!?』

店員さん視点だと完全に怪奇現象

前回スライム浄水みたいに、ファンタジーらしからぬ注目点
水は蒸留だとか、薪は乾燥がだとか…

ユージの無双は強さだけじゃないのね

ハリ料理長『乾き過ぎだ』

しかし料理長はバッサリ。薪だけに。

薪は乾燥させすぎると、温度が上がりすぎる
まともな料理なんか作れない

自由に温度調整できる現代って便利

ユージ『スライム加湿』

しかしユージ、秒で解決

スライム万能!?

異常気象の街は、ファンタジー的に定番ですが
湿度、薪無双は初めてだ!!

料理長も持っただけで湿度が解るの!?

まるでパン職人のよう

ハリ料理長『腕によりをかけて作ってやる!!』

やだこの料理長イケメン…。

彼の“キャトル焼き”は「この世界にきて一番美味かった」との事

ユージさんが食レポを!?
あの鉄面皮が!?

なお“Cattle”は英語で牛のこと

キャトルミューティレーションでお馴染み

ハリ料理長『本当の名物は煮込みなんだ』

間髪入れずブッこんでくる料理長&ミト

焼きならともかく、煮込みだと薪が大量に必要
街全体が薪不足となっている今は
作れないのだと

なんなのユージさんを煽ってるの

ユージ『なら薪を大量に作ればいいんだよなッ!!』

こうしてギルドで「薪確保」の依頼受注

なんてファンタジーらしからぬ依頼

ですが、ギルドの仕事といえば「採取」も定番
薪も採取みたいなもんでしょうか
たぶん

冒険者ってホント何でも屋ですね

臨時薪指導員ウドカ『冒険者か…』

見た目はいかにも冒険者然としたイケメン

ですが話の流れ上、木こりさんらしい

ギルドに、薪割り依頼が大量に舞い込んだ
薪割りに不慣れな冒険者たちへ
指導員を臨時担当

確かに、薪割りが得意な冒険者なんてあまりいないのかもしれません

某ロモスの拳聖ブロキーナは素手で割ってましたが

ウドカ『街全体で一日5トン必要だが、全く間に合っていない……』

本来なら温暖、薪は灯りや煮炊き程度

それが急に暖房用に必要とは

特に暖房となれば、四六時中燃やし続ける必要がありますから
需要は想像を絶しますね
1日5トン!!

コンバトラーVなら身長57m、体重550トンなんですが…

なお近隣にも救援を頼んでいるとの事

ユージ『メシヤス村もか?』

前回立ち寄った、幽霊みたいな

ウドカ曰くとっくに廃村

実態は、第1話で街を襲わせた奴らと同組織らしい
が、ユージは知る由もなく

飯安村ってすごい名前ですね

ともあれ、ユージに試し切りさせたところ

ウドカ『見た所、力はなさそうだから無理しないで…』

言った直後、森の一角が全滅

またなんかやっちゃってる!!

ユージは、目立ちたくないと自負してるはずも
今回は自分の凄さを自覚してないらしく
全力で薪割りへ

なんて見事な一本足打法!!

王貞治みたい!!

Bパート『…色々ツッコミたいが完璧にできてる以上、文句はないな…』

もはや「ああ」としか言えなかったウドカ氏

なにこの人わかりみが深い

第3話、「強すぎるって意味だった」の人も
似たようなセリフを言ってました
ツッコみたい

もうツッコみどころ多すぎてツッコめないよ…

ユージ『じゃあスライムを使って適度に乾燥させておく』

その後もツッコミどころを更新していくユージ
結局、ギルドを埋め尽くす勢いで
薪を搬入するのでした

もうこれギルドっていうか薪置き場では

メリル『神話に出てくる大魔物使いが、スライムで物を運んでいたって…』

たぶん三話、神話で真竜を倒した"神霊"

ユージの前任者も魔物使い?

三話曰く「来るべき災厄に備え、王都の教会が30年かけて神霊を召喚した」そうで
神霊ユージは、スライム小屋の前に召喚され
最強となっています

あの流れは、召喚者のチュートリアルだった?

勇者がひのきの棒を貰って旅立つ的な?

ユージ『(シュタイル司祭なら知っているかもしれないな)』

何せあの司祭、ぴったりの短剣をくれました

また三話、神霊召喚のイメージ映像の中にも
多分シュタイルがいました

ユージを召喚した教会所属っぽいものの不明

第一話の組織との関係は…?

ユージ『薪だがここに入り切りそうにない。後三日分くらいなんだが』

ユージが言う三日分とは街全体の三日分

つまり15トン!!

すごいやザンネックくらいの重さ!!
生態系への被害は?!

第1話といい、ユージはすぐ街の周りを荒野にするな!!

ギルドのメリルはユージを心配しますが

ユージ『(このくらいで心配してくれるとは、この世界は本当ホワイトだな!!)』

いやそのりくつはおかしい

どんだけ生前ブラックだったのか

冒頭で「魔法とスキルは便利だな」と言っていたユージ
異世界なら簡単な作業だと思ったらしく
薪作りで無自覚無双

出来たら街の皆さんは苦労してねーよ案件

ユージさん食欲に目がくらんじゃって

ハリ料理長『名物アンギスキャトルのリシヤ草煮込み!!』

その旨さたるやユージ曰く神料理!!

神秘の果てなきビッグバン!!

ユージさんがこんなに巻き舌で喋ってるの初めて聞いた!!
脳内映像は空飛ぶスパゲッティ・モンスター教
謎の旨さを感じる…

この人、真竜と戦った時より衝撃受けてる…

ハリ『まだ最高の煮込みじゃあないんだ』

典型的なお使いクエストと化した五話
もういっそ清々しい

曰く質の良いリシヤ草が怪物に食われてる

料理を作るには薪が必要、薪には適度な湿度が必要、薪が揃ったら街全体の為に薪を揃えて欲しくて、薪は行きわたったが「リシヤ草を荒らすモンスターを退治して」欲しい

次は果たして何が来るんだ……

ユージ『その魔物、なんて名前だ!!』

という訳で、スライム達を分散させ怪物を殲滅

再び生態系の被害を心配するレベル

大丈夫? 食物連鎖上位のモンスターが一気に消えちゃったせいで
おかしなことにならない?

畑を荒らす猪を駆逐する的な殲滅劇

ウルフ達までノリノリだった!!

際し、森に妙な石があると気付く

この石は、あたりの魔力を吸い上げている

結果、気候が冬になっているのだと

石は魔力を吸い、やがて「呪いの魔石」となる
魔石は、1話のような惨劇を起こしたり
ドライアドの森を枯らす

偽メシヤス村民の仕業? その狙いは「この汚れた世界に救済をもたらす」

ユージが敵対し続けてる連中の仕業か

ユージは、石がばらまかれた中心部へ

得意の終焉の業火を放ち、偽装された森を粉砕

あのMP20万くらい使っちゃう奴ー!?

木の精霊、ドライアドに一応確認とったものの
森の環境がえらいことに

※石を放っておくよりマシとの判断

ユージ『街を助ける訳なんて一つでいい』

曰く「飯が旨い!!」

よくねーよ定期!!

今までになくノリノリで街を助けるユージ
飯が旨い街で良かった…

次回、第一話以来の敵組織と本格対面?

シュタイル司祭の立ち位置とは?

転生賢者 4話 感想 ユージが笑った?! 最強vs真竜[ネタバレ]転生賢者の異世界ライフ 第二の職業を得て、世界最強になりました

転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 感想 2022年7月

転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 第4話「いろいろ異常事態だった」
転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 第5話「寒くて大変みたいだった」
転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 第6話「怪しい村に潜り込んだ」
転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 第7話「暗殺者に狙われていた」
転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 第8話「魔物防具を作ってもらった」
転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 第9話「ファイアドラゴンと戦った」
転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 第10話「それどころじゃないみたいだった」
転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 第11話「お告げの通りになった」
転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 第12話「転生賢者の異世界ライフ【最終回】」