ラブライブ!スーパースター!!2期 2話 感想 矛盾する目標[ネタバレ]

2022年8月2日

ラブライブ!スーパースター!!2期 第2話「2年生と1年生」

 公式あらすじより引用

きな子が入部し、6人になったLiella。しかし、きな子の入部後、スクールアイドル部の新規入部希望者は一向に現れない。きな子によると、原因は練習が厳しそうという噂からだった。
そこで新入生が入りやすいよう、練習メニューを軽いものに変更することにしたLiella!。
しかし、今年こそラブライブ!優勝を目標としているにもかかわらず、練習メニューのレベル落とすことに違和感を感じたかのんは──。

配信は火曜 19時 公式Youtubeにて

公式サイト公式ツイッター(外部)

部員獲得が招いた風評被害、きな子奮闘回!!

やったぜ婆ちゃんのシニアカーを追い抜いた!!

きな子成長を描くバロメーターだった!!

優勝したい、でもキツい練習を課せば一年生に敬遠され
後輩を得られず次代に継承できない

優勝候補校になったが故の問題か

幸い、きな子は"頑張る懸命さ”にこそ憧れた
彼女の根性はつくづく貴重!!

それにきな子は、悩む事によってメイ達と仲良くなれた

これも「やってみる」大切さか

冒頭『前回のラブライブ!』

これでこそ花田十輝氏脚本ラブライブ!! な冒頭

Liella!進級、一年生が誰も入部してくれない

原因は練習が厳しいという噂で、実際厳しい!!
五人でやるしかないと思った矢先
きな子が入部してくれた

五人がきな子を可愛がる理由が良くわかる冒頭

砂糖もたっぷりまぶしてあげたい

かのん『健気で一生懸命な一人の新入生が!!』

これがかのんの“きな子観”なんですね

これまた実際正しい

かのんには、始めて出来た後輩という事もあり
格別かわいがってるのが伝わる冒頭

残る三人も、この調子で現メンバーと深い間柄になるんでしょうか

ED的はその示唆?

さっそく「きなきな」と可可が命名

そんなカナブン型地上げ獣カナカナみたいな命名しなくても

自分が可可(くぅくぅ)だからでしょうか

部員全員、下にも置かない大歓迎
これは気後れしますね

四季&夏美なら平然としてそうですが

きな子『ラブライブに向けて?』

スクールアイドル門外漢のきな子

初見、久々の視聴者にも解りやすい視点の子!!

スクールアイドル最高の舞台が目標
優勝を目指す!!

前期・虹ヶ咲との違いも懐かしい

かのん『いっしょにがんばろっ!!』

きな子の返事は一級品だったものの、運動神経はからっきしだよ三級品

意外やバランス感覚もダメ

前回、あんなに奇麗に片足立ちしてクールクルしてたのに
片足立ちにも難儀する有様

あのクルクルは勢いだったのか…

腹筋、マラソン、ダンス!!

きな子全滅で三冠王達成

お婆ちゃんのシニアカーにも抜かれる始末

きな子を格別可愛がるかのんでさえ引きつり笑いするレベル
これは先が長そうです

アングルがあざとい!!

Aパート かのん『まだ初日だよ~?』

まだ初日、ついていけなくて当然ッ!!

ですが元々運動音痴なんだそうな

北海道出身なら、雪で鍛えられたバランス感覚だとか
黄金争奪戦に耐えるメンタルがと思いましたが
きな子はやはり体力/Zero

それでも開拓者の末裔ですか軟弱者!!

すみれ『この子なんて入った時、腹筋一回も出来なかったんだから♪』

とは可可のこと。前例に事欠かないLiella!

今でこそ化け物めいた体力の可可も
当初は体力底辺でしたっけ

マラソンでもすぐ倒れた逸材

やる気だけは最初からモンスター級でしたが

凹むきな子にかのんが見せたのは

きな子にセンターの視点を見せたかのん

ただ六人ならび、中央に立っただけ

それでも、なんだかそれっぽい気分になるから不思議ですね
独りで立つのとはまるで違う

いずれはセンター、いつかはクラウン

かのんさん良い先輩してますわ

きな子『強化メニュー?』

同じ運動音痴、可可は昔のメニューを進呈
具体的で参考になる内容!!

午前五時起床などなかなかハード

きな子、この強化メニューで喜ぶとは素質がある!!

目指せ強化人間!!

千砂都『もう何人か一年生が入ってくれると良いんだけどね……』

とは「きな子を想って」の

独りだと自分だけが遅れてるよう感じるから

きな子は、一年分練習量・体格に差がある
決して焦る事はないんですよね

きな子は決して遅れているわけじゃあない

だけど独りじゃ解らない

発明家の四季、部下帰りのきな子を追撃

曰く「座って?」と促した四季

圧がすごい

余談ですが、促したのは前期EDにも映っていたベンチ
あの徐々に奇妙に皆が加わっていった
印象的なベンチでした

なお四季さん、自分は座らず

いやそこは座ろうよ…

若菜四季『お願いがある……』

何をお願いしたのかは後で描写
圧 が す ご い

友達のメイとは別種の圧があります

来たなプレッシャー!!

翌朝五時、澁谷かのん起床

全身をよく伸ばしての起床

描写が細かい

また、起きた直後は眼鏡をかけてましたが
朝練に行くときはコンタクト
当然ですね

ですが私は眼鏡も好きです

きな子、ちょうど澁谷家の前を通過

二人で走る事にしたものの、やはりきな子はついていけませんでした
かのんはペースを抑えるよう助言

ですがきな子、足を引っ張りたくない

早くついていけるようになりたい!!
わかる!!

けれど「一年努力したかのん」に、“今”追いつくのは容易じゃない

この根性がきな子の強み

ド根性きな子!!

かのん『皆に、スクールアイドルは楽しい! って知って貰いたいっ』

かのんの目標は二つ、優勝と“知って貰う”

かのん自身、きな子同様に何も知らずに始めたクチですから
自分が知り、楽しいと思った事を
周りにも伝えたい

ですが現状、それが矛盾しているんですね

優勝へ厳しくすると敬遠される!!

かのん『どうしたら良いんだろう……』

これが当面のテーマとなるんでしょうか

それとも今回でいったんの回答

優勝するにはキツい練習が必要、でも「参加して貰う」にはキツい練習が敬遠される
キツイ、と知った上で参加してくれてるきな子
つくづく貴重なんですね

かのんさんが可愛がるのも解ります

かわいがりですわ

鬼塚夏美『ナッツ~!?』

今週の貴重な鬼ナッツ

曰く日経平均全面安で、目標達成できないと
株もやってんのかーい!!
ホントにぃ?

本当に有能なのか「そう演じているだけ」の中二病

ナッツはどっちのミックスナッツなんだ…

四季『お願いがある…、メイを誘って欲しい。スクールアイドルに』

ですがメイは「興味がない」と一蹴

なるほど!! だから

メイがスクールアイドル大好きなのは、きな子も視聴者も良く知るところ
なのに「興味がない」と言い張っているので
四季は頼んできたんですね

圧がすごいけど良い友達だ!!

今期の「ラブライブ興味ない勢」じゃったか!!

きな子『ひいぃ~!? 命だけはお許しを~!?』

お許しくださいDr.ヘル!?

きな子、メイに怯えるまでがワンセットらしい
体育館裏に呼び出されたなら
こうもなろう!!

これがどう変わっていくのか楽しみですね

続く体育の授業、きな子は派手に周回遅れ

きな子の醜態に、朝練が大変・スクールアイドル部は厳しいと更なる噂に

きな子、練習についていけないだけではない

自分が苦戦する程、部に誰も入ってくれない
部の重荷になっているのだと
更なるプレッシャーか

二年視点でも、きな子に無理させていると余計感じてしまう一幕

二年と一年、両方追いつめられてる……

Bパート『すみれのせいで誰も来ません…』

2期1話に続き今、言いがかりが熱い!!

スムーズにすみれのせいにする可可

というか「あの」部室の目の前に、勧誘机を置いても誰かが来るはずもなく!!
ここまでくるほど気合入ってる奴なら
机なんて要らないよ!!

中庭に設置する期限が切れたんでしょうか

きな子『何人か、声はかけてみたんですけど…』

メイ以外にも声をかけたらしい

ヘイヘイきな子頑張ってる!!

きな子は、自分がヘバッてる姿を目撃されたせいだと説明
また、屋上練習が長い事も知られている為
校外練習をやめるだけでも駄目

練習上、リズムをとる為に声を出すのは不可欠

サイレント練習も難しいか

千砂都『…練習メニュー、少し簡単にしてみる?』

これに真っ先に反対したのはきな子

あくまで悪いのは自分だと

とはいえ誰の責任かではなく「解決する」には、現実的な考えか
元々、ダンスで活躍してきた千砂都は
部の練習指導担当

改善にはやはり一番敏感だった

葉月 恋『その方が、得策かもしれません』

同調したのは母がラブライブ経験者の葉月会長

彼女の願いは学校にラブライブを根付かせる
Liella!が、単発で結果を出す事よりも
長期的視野を重視

自分達の成果か部、組織の今後を考えて

普遍的な問題ですね

かのん『実際、何か変えていかなきゃだもんね』

最後の決断は、やはり精神的支柱のかのん

実際「今」上手くいってない

であれば変わるべき、というのは一理あります
結果が出ていないのであれば
やり方がまずいと

ですが結果が出ないから変えたとしても「間違った箇所を変えてしまう」なんてよくある事

狙った結果を出すって難しい

すみれ『練習たったの一時間?!』

こうして部の宣伝文句を「優勝」から「参加」に、練習メニューを簡易化して再出発

更にたこ焼きをばらまいて買収宣伝ッ!!

千砂都ちゃんの個性をばっちり推してきた!!
なお、その場で焼くのではなく
用意してきて配布!!

恐るべき生産力!!

四季『はい! 練習メニューだって。いる?』

と、メニューをメイに差し出したものの拒否
物欲しそうな顔しやがって…

メイ、伝統の“ラブライブ大好きだけど興味ないと言い張る”勢

簡易化した練習がスタート

きな粉、罪悪感がきな粉のように募るばかり

揃って練習に物足りなさそうなLiella!

前回「練習頑張ってた」のが効いてます
急に一日一時間に減らした結果
全く物足りない

古人曰くゲームは一日一時間

ですがLiella!、体が練習を求めている…

米女 メイ『座れ』

練習後、きな子をメイが呼び出し

誘い方が四季ちゃんそっくりである
似た者同士か!!

もちろんカツアゲコントもやりました

早くも定番化

『今はこれしかー!?』『ちげーよ』

メイが呼び出したのは、後押しする為でした

正直ちょっと意外

彼女はLiella!のファン。邪魔をするなと言うかと思ったんですが
逆にきな子を応援してくれた

頑張ってるのを見てたんでしょうか

Liella!のファンですから

メイ『やってみたいって思ったんだろ? スクールアイドル』

むしろ「そのまま突き進んでくれよ」

まるで頼み込むような言い方

自分がやりたい、目指したいと思った事を信じてみろと

メイ『周りの声なんて、気にするな!!』

一倍、周りを気にしてる風のメイ“らしい”

教室でも「周りを気にして」ましたし

メイ自身、そうしたくても出来ないから
託しているんでしょうか

メイ自身も動き出す為の第一歩か

四季さんが満足気だ……

『きな子も、Liella!さんと優勝目指して頑張りたいです!!』

翌朝「自主」朝練に、期せず全員が集合

きな子はメニューを戻したいと懇願

きな子は「必死に頑張ってる先輩」を見て、憧れて入部したと告白
自分は、厳しくても頑張ってる姿に惹かれ
入部したのだと

今回、練習が厳しいから引かれていたのは確か

が、プラス効果もあったのか!!

『大変でも! 前向きに頑張っている先輩達なんです!!』

もちろんメニューが一番キツいのはきな子

そのきな子が、頑張ると言ってくれた事で
Liella!は「優勝を目指す」と軌道修正

ここからが“6人目のLiella!”の本当の一歩か!!

作画も素晴らしかったですが
合わせ、噴水が上がる演出も実に虹ヶ咲!!

だが七色にはまだ一色足りんぞ!!

次は一気にメイ&四季?

無事、婆ちゃんのシニアカーを追い抜いたきな子

古人曰く千里の道もシニアカーから

成長を示す良いバロメータから、思わせぶりな新キャラ

次回サブタイ「優勝候補」の通り、ライバルとの対決か
予告はさっそく改善したきな子や
アレな顔したメイが!!

いい顔!! 双眼鏡でストーカー中…?

推しに近寄らないファンの鑑

ED曲「追いかける夢の先で」

あまりに高度な百合映像すぎるED

パジャマパーティー的な?

食べさせあいっこや、髪形を真似てみる等々
特にLiella!のファンであるメイ
幸福さカンスト状態!?

最後二回に分けて三組に分かれてますが、ユニットも組むんでしょうか

EDはいつも通り「毎回歌手が違う」らしく
初回はきな子が担当

最後“食べさせて貰う”子が毎回違うのかしら?

ラブライブ!スーパースター!!2期 3話 感想 “忘れないで欲しい“Go!! リスタート[ネタバレ]

ラブライブ!スーパースター!!2期 1話 感想「進級!誰も扉を開かない!?」[ネタバレ]