ラブライブ!スーパースター!!2期 4話 感想”正反対で”可愛いから大丈夫!![ネタバレ]

2022年8月16日

ラブライブ!スーパースター!!2期 第4話「科学室のふたり」感想

公式あらすじより引用

1年生の若菜四季は、スクールアイドルが大好きなのになかなかスクールアイドル部に入ろうとしない同級生、米女メイを見かねていた。
そしてついに、ある作戦に出る。
自らスクールアイドル部に体験入部し、その様子をメイに見せつけたのだ。
屋上でLiella!と一緒に練習する四季に混乱したメイは、焦って彼女たちのいる屋上へ向かうと、怒って帰ってしまう。
四季はメイの事情をLiella!に話すことになり──。

配信は火曜 19時 公式Youtubeにて

公式サイト公式ツイッター(外部)

部長は誰に? 若菜四季と米女メイ回

向いてないか、やってみなけりゃあ解らない
踏み出せなかったメイらしい回ですが
四季の方もだったのね

赤くて表情豊かなメイと青く無表情な四季、正反対でそっくりとは良い相棒だ!!

前回で、目的と自信がはっきり固まり
本格的に新部員ターンか

互いに可愛い可愛いと励ますとか可愛いかよ!!

オニナッツ、予告時点で既に面白い!?

冒頭 前回一回り大きくなったLiella!

ライバルが出現し「優勝を目指すか?」の迷いを乗り越えた

後はOP通り、てっぺんへ駆けあがるばかり
部員獲得などが一通りが済んだ今
Liella!は空白期間か

次は1期6話に続くサニパ神津島ライブが焦点

可可はもうチケット取ったそうな

さすがファンの鑑

『うふ…、うふふふふふふふふ…♪』

冒頭からよだれこぼれる眩しい笑顔

メイ、前回学園ライブの写真たっぷりでご満悦
また、部に興味を持つ生徒も増え
きな子も上がり調子

後継部員を獲得し、スクールアイドルを学校に根付かせる

そのテーマも順調に進んでますね

メイの視線を感じ、怯えるきな子

すっかり獲物と捕食者になってしまった二人
学内で生態系が出来てしまった

ですがここがフリだったのか

メイさん、あんなお約束属性も持ってたとは

メイを見てため息の四季

その意図は「素直じゃないな」ってだけじゃなかったんですね
また、四季が読んでた本はクワガタのひみつ
科学部なのに

いいですよねスタッグビートル

Aパート 部長は誰がする?

そういえば部長が決まってなかったLiella!
虹ヶ咲のカワイイ部長といい
定番の部長問題

もちろん全会一致でかのんですが、当人やはりやりたがりません

自信がない子ですしねえ

千砂都『多数決とる? かのんちゃんが部長に…』

スムーズに民主主義がかのんの敵

もちろん、多数派=正しさではないのも民主主義であるも
多数派が間違っていないかのチェックを
何が担うかも大きな問題

ひとまず部長決定は先送り

ですがまとめ役はかのんが定番ですが…?

きな子『恋先輩、生徒会がありますし、残りの先輩だと部長の候補はだいぶ限られるかと~』

おっと! きな子がさらっと毒舌キャラに進化した!!
やはり北海道民のメンタルは強い
ゴールデンつよい

今日も双眼鏡で見守るメイ

ごく自然に盗聴イヤホンを渡す四季

メイさん見事なノリツッコミ

曰く四季、たまたま実験用集音マイクを置いていた為
屋上の音を聴けるのだそうな
んな訳あるかい!!

甲斐甲斐しいですねホント

ラブライブに興味がないと言い続けるメイ

見てたのも科学室でやる事がないからだと強弁

際し、水槽のカメが描かれたのが主張的でした
メイは自分の甲羅にこもってしまって
外に出ようとしない

水槽でもがくばかりで外に出られない

そこで四季が突きつけたのは

前回ライブ時メイの写真、鏡を介したメイの

メイはスクールアイドルが好きだ、かわいいから大丈夫!!
さっさと部に入れと押す四季

四季ライブそっちのけでメイを撮ってたのか

解る! めっちゃ百面相!!!

四季『顔、真っ赤』

否定するメイに、メイ自身を見せ説得する四季
ですがもちろんメイは納得しない

また去り際「科学愛好会仮部室」と描写

まだ愛好会なのか

科学部は二人だけだった

思えばけっこう重要な

二人も引き抜けば、部に大ダメージなります
ですが「他に部員がいない」から
問題ないんですね

千砂都『これは…、完璧な丸っ!!』

タコヤキ屋という一風変わった設定な千砂都

メタ的には髪形ネタなんだろうな
毎回クスッとしますめ

お洒落なたこ焼き屋だぜ

部長になるのに抵抗があるかのん

何故なら、Liella!は新しくなろうとしている

だから「今まで」まとめ役だったからだと
前はそうだった、と役職に就くのは
なんか違う気がするのね

流れ的に一年生に託すパターンかと思いました

千砂都『私は無理だよ~!? …だって、そういうの向いてないし……』

ですがかえって、千砂都なんだなと感じさせました

だって「向いてないから」

元々、舞台上で歌えなかったかのんや
田舎者であるきな子などなど

とかく「向いてない」を変えようとするのがテーマですものね

ウィーンもそうなのかしら

四季『あの、少し…、お話が……』

そこに四季が相談に現れ場面転換へ

意外なのは躊躇いがあった

普段神出鬼没、きな子にもメイにも
グイグイ行く四季ですから

頼みとは体験入部、"他人と関わる"のは勇気が必要だったんでしょうか

だとすれば大変な勇気でしたわ

放課後、またもメイに睨まれたきな子

まるでスネークに睨まれたフロッグ

が、別に怒っている訳じゃあないと独りごちるメイ
じゃあ一体なんなんだと思ったら
前振りだったのか

にしても本当スカート短いな…

メイ『おい四季! 少しはクラスに馴染もうとしろよっ』

科学部部室、いくら言っても返事しないメイ

視聴者視点ではははーん、と思いました
案の定、骨格標本が白衣着てました
ご丁寧にカツラまで

無表情なのにお茶目な子である

標本にかけてあった双眼鏡を覗くと

屋上でLiella!に混ざっている四季

ご丁寧にピースで応える親友の鑑
本当にお茶目!!

なお、きな子が「初の一年生加入」で号泣していた為、誰も気付きませんでした

サンキューSoybean flour

メイ『どういう事だよ…!?』

慌てて屋上に向かうメイですが、危うく標本が倒れるところ

二度に渡って支えるのが優しい

ちゃんと支える描写で、性格を感じさせるのが素敵ですね
優しいというか真面目というか

2話でもきな子を支えましたし

可可『可可みたいに身体は柔らかいみたいデスね~……』

だいぶ改善したものの、依然身体が固い可可

お酢摂ってるぅ?

対しメイは、割と余裕で柔軟できる辺り
スペックの高さを感じさせます
インドア派なのに

一文字縮めたらインドなのに

例によって「こっち来い」と促すメイ

ですが四季、余裕の「そっちこそ来い」ムーブ

このマイペースさ好き

Liella!は、四季を普通の体験入部だと考え
軽いステップとフォーメイション
共に躍る体験を提案

歴史的大歓迎

メイ『一緒に並んでる! 羨ましいぃぃいぃぃいぃぃぃい

扉から覗きすぎて屋上側へ転倒。きな子同パターン!!

Liella!に大歓迎、メイは完全に心動いてました
推しに大歓待される至福…!!

てかメイさん、めっさ身体柔らかい

これは才能ありですわ

が、四季に目をそらされハッとしたメイ

四季が自分の背を押す為にやったと看破か

メイは、いつもの険しい目つきとなり
Liella!にも「帰る!」と叫び
去ってしまいました

咄嗟とはいえ推しに暴言とは…

本当に四季が大切なのね

Bパート 四季、Liella!を案内

マンションの部屋を双眼鏡で覗かせた四季

かつてなく双眼鏡が活躍するラブライブ

もちろんメイの部屋で、並んでいるコレクションは可可も垂涎の品
スクールアイドル好きとして号泣してる…
すみれちゃんの上で

人の上で泣くんじゃありません!!

ですが我々の業界ではご褒美です

伝説のアイドル伝説 DVD-BOX

なんという伝説に次ぐ伝説

DVDなあたり、古い上に再販されてない証か

また、Liella!のポスターはデカデカ貼られ
ひと際好きと感じられます

可可さんが限界オタク現象を起こしている…

メイ『……なんか、視線を感じたような』

急にメイが窓を開けたので隠れたLiella!

さすが新入生はみんなニュータイプ!!

千砂都ちゃんのたこ焼きに手をかけて隠れてるかのんちゃん可愛い
妙に緊張してる千砂都ちゃんも可愛い

また元は五人なので葉月会長は余りがちですね

誰かと組む事になるのかしら

葉月の髪でくしゃみしてしまったきな子

まあお約束!

ですが、お約束な展開にもメイは気付かず
変化球な流れですね

種明かしに繋ぐ流れだったか

四季『メイ、視力そんなに良くないから』

目つき悪いのは、目を凝らしてるせいだったと

お約束ですが思いもよらなかった!?

いかにも睨みそうな性格がフェイントだったんですね
クラスに馴染めぬ四季を心配してましたが
当人も皆に怖がられていた

互いに互いを心配してたのか

かのん『昔から友達なんだ?』

四季『友達? ………友達…、解らない』

中学時代、もちろん四季は孤立していました

メイの方は、普通にグループに入ってました
ある日、人間関係が面倒になり
ふと気付いてしまった

自分も四季と同類なんじゃないか、と

なんだか虹ヶ咲っぽい

四季『…冗談だと思った』

四季視点で、メイは社交的な性格でした

自分と同類だなんて、冗談と思ったけれど
以降も四季に絡んでくるようになり
科学部にも入ったと

2期1話、メイは腐れ縁と言ってましたがよもやよもやだ!!

むしろメイからグイグイいっとる!!

亀もクワガタも二人の思い出

科学部で亀を飼ってますが、出会った時はちょうど飼育法を調べていた
今回、クワガタについて調べていましたが
中学でメイを驚かせた事があった

一風変わった想い出なのね

ドヤ顔で科学部に闖入、スタッグビークトルにビビらされたメイ。当時から即落ち2コマ

もちろん結ヶ丘入学もLiella!目当て

すみれ『なのに、いつまで経っても始めない』

1期で似たようなものだったすみれが言うのも因果

とまれ千砂都は、メイが入部しないのは「四季を独りにしたくないからだ」と助言
ですが四季視点では優しくされるいわれがない
友達かどうか解らない

一話以来、メイやきな子を応援していた四季

その四季も気遣われていたんですね

CEO『夏美の腰が…、オニナッツですの……!!』

今週のCEOは、何故か引っ越しバイト

おや急にガテン系

もちろんYoutuberもやってますが、苦になってきた様子
思ったより儲からなかったんでしょうか?
そこで即金バイトに?

次回、儲ける為にLiella!入り…?

バイト先は「日登り引越」

なるほど、サンライズアニメらしい会社名
とてもサンシャイン
悪魔六騎士

今はバンダイナムフィルムワークスですが

メイ『私の事じゃねえよお前の事だよ!!』
四季『私は独りが好き。一緒にいてなんて頼んだ事はない』

待ち構えていたメイに、四季はより直接的な言葉へ

もう科学部に来るな、

互いにこうでも言わないと、素直にならないと考えてか
言葉が強すぎるのがそっくりでした

また新設校だから部員がいなくても存続できる

科学部にいる口実もなくなったのか

メイ『私は向いてないって……』

千砂都『……向いてない………』

思わぬ方向から響いたのは千砂都でした

幼い頃、同じように悩んだ事があった

その時、かのんに「出来ないと思ってるだけ」と励まされたのを思い出し
部長にチャレンジしようと決意

部長は千砂都ちゃんか!!

ダンス指導など、まとめ役してますものね

結ヶ丘女子高校、初の部長会

千砂都は部長デビューを果たしメンバーも歓迎

何事も、やってみたいならやってみる事
普遍のテーマですね

きな子達一年生に負けないくらい、二年も挑戦していくのか

たこ焼き部として再始動ですね

メイ『この顔だし、この性格だぞ! どう考えても向いてないだろ……』
かのん『やったことがないのに、向いてないは禁止だよ?』

千砂都挑戦に自信を得たか、かのんはメイを説得

メイさんめっちゃ頑張ってる!!

敢えて、ガラ悪く否定するのがいじらしい
推しが自ら会いに来てるのに!!

理由は自信のなさ、そして四季を独りにしたくない

メイこそ気を遣っていたんですね

かのん『二人はそっくりだもん』
メイ『はぁ!? 私と四季が!? 冗談言うな全然違うだろ!!

第一印象では見た目も性格も正反対

ですが一番そっくりでもあったのか

共に孤立を恐れず、でも本当は寂しがり屋なところも
本当は「好き」なものがあるのに
素直じゃないところも

もっと言えば、誰かの応援をしたがるのもそっくりでした

1話は四季、2話はメイが後押ししましたものね

かのん『自分が嫌だから、ついつい"これで良いんだ。私はこうしていたんだ"って言い聞かせて』

二人の自己肯定は、自己否定の裏返しだった

手の届かない葡萄はすっぱい的な

ですが四季も、実はスクールアイドル好きだなんてかのんさん良く気付きました
考えてみれば「四季が結ヶ丘を選んだ理由」も
メイとスクールアイドル?

メイの推しがキラキラしながら推してくる…!!

ファンが推しに推されている…!?

四季『……スクールアイドル……』

他方今度こそ、独りになったと自認した四季

独り部室で、異様にキレの良いダンスを披露
科学部スペック高?!

体験入部、身体が柔らかかったのが前振りか

初期スペックでは部内屈指!?

メイ『…そういう事か。まさか、お前もとはなあ?』

いつもと反対に、四季の背後から現れたメイ

あの四季さんがバックアタックを!?

なるほどメイを通じ、スクールアイドルに興味を持った
好奇心が強い子のようですし
納得しかなかった

四季がメイを応援するのは、メイがきな子を応援してたのと同じだったのか?

自分の代わりにやって欲しかったのかね

メイ『顔、真っ赤だぞ?』

冒頭のミラーで逆襲するメイさん
メイの逆襲

つくづく四季がからかわれるのは新鮮ですね

新鮮な四季でした

四季『メイは可愛いから…』
メイ『お前の方が可愛いだろ?』

なんだこの応酬

四季も根本的にメイ同様で、"表情を作れない"のが悩み
顔がアイドル向きじゃないと悩むメイ同様
顔が悩みだったのか

恥じらい、顔を隠すのが可愛い

大丈夫かわいい!! 宇宙一可愛いよ!!

メイ『……四季が近くにいてくれたら、頑張れそうな気がするんだ……』

かのんに言われ、四季と似た者だと認めたメイ

また“メイを応援したい"四季に、一緒なら頑張れると頼んだ
これは四季さん断れませんでした

ですが差し出された手を、四季は恋人繋ぎ

その返しは予想外
いやステージで一緒に並ぶときにやる繋ぎ方

横に並ぶ時のつなぎ方なんだなッ!!!!!

千砂都『これは…、二人共ステップの前に笑顔の練習だねえ……』

こうして顔が怖いのと無表情なのが参戦

方向性が違えどどっちも問題児

メイは今後、推しと一緒に過ごすとは恐れ多いですね
四季ときな子の存在が癒しとなる?
メイちゃん頑張れ

初めて本音が見えた四季も素敵でした

これで「八人」か!!

考えてみれば似た者同士

次回、オニナッツもきな子そっくり?
1話で変に訛ってましたし?

次回予告、さっそく並んだ一年トリオも可愛い

靴下の面積は個性。

次回 5話「マニーは天下の回りもの」

なのに回ってこないなんておかしい!! 回?

予告はオニナッツ自室に大量の貯金箱

目標へ貯めてるのか、“貯まった時に備えて買った"空っぽの貯金箱なのか?
無理して引っ越しバイトやってた辺り
順調ではない様子

1話はYoutuberで2話は株、3話はUber。株で負けて取り戻そうとしてるのかね?

ラブライブ!スーパースター!!2期 5話 感想[横取りオニナッツ]二年と一年の構図 ネタバレ

ラブライブ!スーパースター!!2期 3話 感想 “忘れないで欲しいこと“Go!! リスタート[ネタバレ]