金装のヴェルメイユ 9話 感想[替え玉受験]オリジナル展開で終局へ!! ネタバレ 崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む

2022年9月30日

金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第9話「神命の魔術師」感想

公式あらすじより引用

ブロンズ試験の実技試験が始まった。多くの受験生が苦戦する中、リリアは鋭い観察眼と巧みな魔力操作で周囲を驚嘆させる。一方、試験方法そのものに注意を向けるアルト。ヴェルメイからのアドバイスもあり、自分なりの方法でテストに挑むアルトだったが、それがとんでもない事態を引き起こしてしまう。

ABEMA ANIME 火 23時 配信後最新話一週間無料

公式サイト公式ツイッター(外部)

ブロンズ試験実技は「いつもの」の応用?

大胆な替え玉受験はラスボスの特権!!

筆記試験で何かが起こる、リリア達がたてたフラグの答え

また試験は何を求められてるか考えるのが大切

ですが、試験官に思いもよらない回答
若さの賜物でしょうか

これだから若い奴らを見るのはやめられない!!

ファランクス試験官も渋かった!!

悪魔を信じるアルト、それは愛という会長

ですが、愛なんてありえないから奇跡と呼ぶと笑顔で両断

会長、何があったんでしょうか

彼女の剣も悪魔っぽいのと関係あるのか?

サービスシーン担当となりつつある生徒会

今週もセクシーだった!!

原作者先生曰く今回からオリジナルへ

曰くがっつり参加し展開をちょっと変えて」いくとの事

たとえばシャワーシーンはオリジナルだと

シンオウジは犠牲となったのだ…

冒頭 実技試験は「魔力供給」

巨大水晶球、その中の炎へ魔力供給する試験

参加者たちはなんだ簡単だとフラグ

なんでそんな的確なフラグ立てを!!

また「水晶」が肝なんですな

Aパート 続々挑む若き魔術師たち

熊にカラス、使い魔と挑み玉砕する魔術師たち

モブながら個性あふれる挑戦である

クマ連れ込んでOKな受験会場…

リリア『ふん、試験を甘く見るからそうなるのよ』

アルト曰くこれでは一割も合格できないと散々

なお前回曰くオルティギアは合格率五割、普通は一割なんだそうな

その前例まんまなんですな

リリア『わざわざ試験官の人が忠告してくれたのに……』

続いて挑戦したリリアは忠告を汲んだもの

水晶球は占いなどに使われる素材

つまり水晶という素材自体が「魔力を溜め込む」性質がある

と、本作では扱われているのか

リリア『全力で行くわよ! サポートしなさいシルフィード!!』

賢い発想と力業! その融合がリリア節ですね!!

試験官曰く水晶は"物理障壁"、魔力を吸う水晶素材に阻まれた状態

しかも丸いので魔力が逸れやすい

中の火だけに、正確に魔力供給するには
精密なコントロールが不可欠!!

意識して臨んだリリアは一番の結果

さすが学業面では優等生なリリアさん!!

色恋では変質者!!

リリア『っしゃー!!

まるでプロレスラーのような男らしい咆哮!!

さすがリリアの姐御

ハイタッチが可愛らしい

オカッパの少年『ったく別に学校はオルティギアだけじゃねーんだぜ?』

そんな他校のエースも張り合って次々合格へ

小さいながら飛竜連れ

才能がある証なんですな

マルクス『ぬううう!!』

アホ毛まで総動員して臨んだマルクス!

まあちっちゃい!!

小さな火でしたがギリギリ合格だったとの事

カブトムシちゃん応援頑張ってた…

エリート校は伊達じゃないんだ…

ファランクス試験官『(ただ…、これで終わりだというなら)』
『(少しばかり拍子抜けだな。オルティギア)』

アルト達の主席シャロルも危なげなくクリア

しかし実はまだ仕掛けがあった

アルトの見せ場なんだなとは思いましたが…?

ファランクス『お前で最後だ!』

余談ですが最後で良かった!
最後だったんですね

色んな意味で最後で良かった

他校の飛竜オカッパ『おいおい保護者同伴かァ~?』

ヴェルメイ同伴で注目を浴びるアルト君
どえれーエッチです

今回は学校じゃないから言われて当然か

もちろん学校から「人間の使い魔」だと注意書き付き

作中すっかり慣れたけどやはり異質

リリア『なに回ってんの…?』

ファランクス『(気付いたか…、この試験の裏テーマに)』

『(それは実践的な魔法回路の把握)」

実は特定ポイントからなら魔力がよく通る

リリアは材質に注目、アルトは魔法的な構造を分析したのか

前回での、"式神"がただの紙ではなく
複雑な回路だったように

魔術師ならでは視点が求められていた訳ね

ファランクス『少しはマシな奴がいるようだ…』

裏の課題! 手の込んだ試験でしたわ

ただ公開試験としては大問題では

試験中に誰かが気付けば、後続が楽になりそう

或いは単に才能と思われるだけ?
リリアでも「何?」とか言うレべルですから

仮に真似しても正確な位置を読む技術がないと逆効果な感じ?

学生では珍しい発想なんですな

ヴェルメイ『アルト! そうじゃないだろう~?』
アルト『(そうだ! そうじゃない…)』

普通に「与えられた課題」「その先の課題」をクリアして終わり

かと思いきやそうではない?!

それじゃ「常識の範疇」だからか

ファランクス『(おいおいそこは?!)』
アルト『誓ったんだ…、強くなるって!!』
試験官助手『この大きさは!? それに炎が銀色に!?』

敢えて魔力が通りにくい部分を選んだアルト

敢えて難しい事をやってみる!!

合格する為ではなく
試験を恰好の修行だと考えたのか

しかし金じゃなくて銀なのね

アルト『(こうして注いでみると解る…)』

改めて課題「魔力供給」に思いをはせるアルト

本作の魔術師では基本的な技術

ですが一話曰く、ヴェルメイに供給した場合
普通は破裂するか枯れて死ぬ

アルトは供給面も別格なんでしたっけ

アルト『(普段、ヴェルメイさんへの魔力供給がどれだけ途方もない事なのか!)』

課題その2″魔力が通りにくいもの"への供給

水晶もヴェルメイも「魔力を留める」
その点に限れば同じこと

ヴェルメイの方が、はるかに魔力を通しにくい「素材」なのか

比べれば水晶なんて簡単なのね

ヴェルメイ『アルト…、遠慮はいらない』
『周りの奴らに、一泡吹かせてやるさね』

公開試験だからこそ際立った事件

ナメられたアルト、水晶をブチ壊してしまい才能を実証

他校にまで名を轟かせちゃったよ!!

普段チューチューキスしてるの、前日にしつこくキスしたのも

ちゃんと修行になっていたとは意外でした

ヴェルメイの囁きが"悪魔"っぽい

アルト『ごめんなさーい!?

しかしアルト君、華々しいデビューというには
いささかコミカルなオチ!!

やっぱり他校生には変な奴扱いなのでは

幸い、アルトは最後を担当してた為
支障もなかったらしい

弁償もしなくてオッケーだ!! 良かったね!!

一戸建てくらいの値段がしそう

ファランクス大佐『(しかしこんな芸当…、ゴールドスクウェアどころかプラチナスクウェアでも出来るかどうか…)』
『へっ』
試験補佐『どうされました?』
ファランクス大佐『いや何、これだからガキどもを見るのはやめられないと思ってなあ!』

いい顔してたなあ、このオッサン!

今回多くの若者は彼の想定を越えられなかった

若者は未熟で考えが浅く、でも時に大人の想像を軽く超えていく!

もう現実が見えてしまった大人を越えるもの

若さっていいなあ!

Bパート 筆記試験を控えた昼食風景

アルト達は普通にサンドイッチ

対しマルクス、どこのレストランかツッコミたくなる豪華さ!!

何なの誰もツッコまないの!?

これが当たり前なの?!

マルクスくん家はすげえなあ

リリア『そういえばマルクス、あんた秘密兵器がどうとか言ってたわよね?』

元々アルトは、使い魔適性がない以外は完璧

対しマルクスは、実技も筆記もダメという在籍が奇跡のような少年

今回、オルティギアの優秀さが明示され
改めて合格できたのが謎!!

実技で他学校エリート級とは解ったものの

マルクス『じゃーん!! “絶対正解六角エンピツ"さあ!!

昭和か!! 薄々思ってたけど昭和か!!!!!

つまり筆記をエンピツ転がして当てた

それともポンコツのフリして、実は敏腕だったりするんでしょうか

ホンマ謎なお子さんどすえ

『どうだい!皆も欲しいかい??でも、あーげないっ!』

このセリフなどかなりアドリブだそうな

愛されてるなあマルクスは!

一服の清涼剤ですわ

リリア『ま、まあ私達は私達で頑張っていきましょう!』

敢えてツッコまない優しさ

実際、入学後ここまで(赤点とりつつ)クリアしてる訳で

どてらい奴なのは間違いない

今週もマルクス君はエンゲルスですぜ

リリア『思ったより難しかったわよね~』

果たして満点の奴なんているのか?

疑問を浮かべる優等生

余談ですがこの五人並ぶと、第一声を発するのは大体リリアですね

リリアさんのけん引力はスゴい

シャロル『確か一人だけ、全ての試験で満点を記録した人物がいるらしいです』

それが誰なのかは、ひとまず脇に置いて筆記試験へ!!

やはりサブタイの人物なのか?

曰く、プラチナになった人間であろうとも
決して満点ばかりでないらしい

前回で殺害されていた大僧正といい、結構いるんですねプラチナ

ですが「筆記満点」をどう描くのか?

リリア『いくわよ! 絶対合格ー!』『『『おー!!!』』』

実技、魔力供給という地味に感じる課題ながら
技術、裏テーマや「普段してる」など
盛り上げが楽しかった!!

ですが筆記満点へ、どう盛り上げるのか?

テストでバトル展開……?

ヴェルメイ『今さら教科書見たって変わらないよ?』

試験の合間を縫って押し倒されていたアルト君

学外なのにいやらしい!!

前々回あれほど恥じらったのがウソのような平常運転

ですが「補充しておく」のは大事か

ヴェルメイ『お前さんの心臓もシたいって言ってるよ…?』

アルトの心臓はヴェルメイの魔力による産物

試験で消費した今、補充は大切ですね

まあ!欲しがっていやらしい!!

アルト『(あれは…、確か実技試験の)』

やがて道中、実技でつっかかってきてたワイバーンおかっぱとすれ違うアルト

アルトは「あの子も受かるといいな」

無邪気か!!

あんだけ敵意を振りまいてるというのに

ワイバーンおかっぱ君『あの銀髪! あんなのアリかよ!! クソが!!!』
アイオライト『悪いねえ、誰でも良かったんだけどさあ?』

アルトを敵視した少年、トイレにて惨殺

受験票を狙っての犯行でした

あまりにひどい

彼の名前がたぶん「ライバルン(CV柳晃平)」だったのも含めてひどい

なんて適当なネーミングでしょうか

ただ本作に限って言えば

割と名前がないキャラばかりなので
比較的恵まれてるのかも

例えばレクスの後輩は「舎弟」ですし、今回の助手も「試験官助手」です

名前があるだけマシなのでしょうか

神命のアイオライト『君の名前、ちょっと貸してくんないかなあ♪』

前回に続き、躊躇なく殺害

こうなるとオブシディアン子安先生はまだマシ

狙いはどうも悪魔のパーツ

アルトの心臓が危ないと?

一式揃ったヴェルメイは垂涎なのか?

生徒会の良心ジェシカ・シュバルツ『……お見事』

エレナ生徒会長『また腕を上げましたね』

ところ変わってフェンシング模擬戦の二人

ジェシカが仕掛けたも、会長は笑って一突き

慕うのも解る凄腕ですわ

ジェシカ『しかし…、驚きましたね』

続いてシャワーを浴びつつ頭を悩ますジェシカ

悪魔なんておとぎ話でしかなかったし
プラチナまで絡んでくる

おまけにオブ先生の前例から教師も頼れない

本当、常識的に厳しい状況ですね

常識的に考えて

エレナ『良いではありませんか』
『人と悪魔、主人と使い魔、その間に確かな絆があると言うのなら』
『二人の奇跡を信じるのが我々生徒会というものです』

ジェシカ『そもそも、彼もなぜ悪魔と心を通わせようなどと』

エレナ『あら? 解らないのですか』
『愛ですよ、愛』
『悪魔相手に……、です』

ジェシカ、思わず呆気の美辞麗句

会長得意の嘘くさい笑顔

常識的なジェシカに、悪魔との恋なんて考えも及ばなかったのでしょうか

そういう人に限ってコロリといくんだよな

愛ですよ愛!

エレナ『ただ…、知っていますかジェシカ?』
『そんなものは無いと知っているから、人はそれを奇跡と…、そう呼ぶのです♪』

人と悪魔に愛なんてありえない

ばっさりとしたリアリスト発言

さっき散々、"奇跡を信じるのが生徒会"と言っておいてこれ

だからこそタチが悪い感じがしますね

こっちのが悪魔っぽい

やたら衝立が低いシャワー室での会話

前回に続くサービスカット

生徒会はサービス要員。わかるね

オブシディアン子安事件、五話を最後にすっかり脱がなくなったリリア

代わって前回からセクシー要員に定着?

リリア次は最終回あたり?

アルト『ヴェルメイさん! 筆記試験は使い魔連れて入れないんで!!』

クマとかワイバーンとかティラノサウルスとか
確かに入れられませんね

公平を期する為に一律で入れない感じか

一律で挿れない感じなんですね

ヴェルメイ『がんばれ~♪』

特にリリアの使い魔とか頭良さそうですし
入れないのも納得ですね

しかも試験会場では、アルト一人だけが離れた場所に配置

アルト君が完全に孤立してはる

天命のアイオライト『となり、よろしく~♪』

孤立したアルトの隣にプラチナスクウェア

大胆な替え玉受験はラスボスの特権

全試験満点の実力が見られる流れ…?

ただ妙なのは、アルトがなんか嫌そうな顔してたことでしょうか

まさかライバルンの席と解ってる?

あからさまに怪しい受験生

とはいえ冒頭お坊さん姿の受験生もいましたし
変なフードくらい当たり前なのか

メタ的にだから「学外での試験」なのかしら

学内試験ならさすがに浮きますものね

今も十分浮いてますけども

受験者の名前を借りたアイオライト

なので彼は、ライバルンという「名前」が設定してあったんでしょうか

名前があったのが運の尽きだったのだ…

金装のヴェルメイユ 10話 感想[封印の理由へ]神命の所以 ネタバレ 崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む

金装のヴェルメイユ 8話 感想[どちらを選ぶ?]生徒会乳祭り ネタバレ 崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む

金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~感想 2022年7月

金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第2話「新学期と妖精の花」
金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第3話「竜騎の鼓動」
金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第4話「忍び寄る狂気」
金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第5話「暴走」
金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第6話「願い」
金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第7話「告白」
金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第8話「選別」
金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第9話「神命の魔術師」
金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第10話「問いかけ」
金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第11話「過去」
金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~ 第12話「重なり合い【最終回】」