終末トレインどこへいく? 第10話 感想[地図の”断絶”へ]静留たちに思わぬ再会!! ネタバレ

2024年6月11日

終末トレインどこへいく?第10話「これこそ反抗と退廃の証」感想

公式あらすじより引用

葉香のいるという池袋へ向けて、アポジー号を走らせる静留たち。しかし、終点・池袋駅を目前にした椎名町駅では、静留たちを足止めする刺客が待ち構えていた!

dアニメストア(同Amazon支店)毎週月曜23 :30 配信

公式サイト公式ツイッター(外部)

再会、父よ…。地図で断線となっていた駅・椎名町駅へ!!

終末トレインどこへいく? 第10話 感想

池袋駅への風評被害を感じるラスト!! 長かった旅も次回で終点

ホントに断線してたので一時どうなる事かと

しかし駅を守る契約配下を突破し修復

案外あっさり断線が戻った!?

今回はレトロ作風の漫画家と激突、練馬の国のアリスを書き換えたのも彼ら

だから宇宙船もレトロだったんですな

また今回は想像通りに書き換える能力

ある意味7Gの力そのもの

本格的に7Gと戦う予行演習的な回?

サブタイ回収は晶

ベレー帽を反抗と退廃の証だと大喜び

晶にすれば、ベレー帽は漫画家でなくカストロ大佐なんかのイメージンなのね

漫画家の藤子先生が泣くよ!?

冒頭 地図と世界

第二話で貰った地図は正しかった!と改訂版で再認識するアポジー号の四人

しかしスワン仙人が正しいなら

世界が滅ぶのも正しいのでは?

晶はそうかもといい、鈴美は違うと困惑

この二人の言い争いも久々

しょうがないですよ本作はタイトル「終末トレイン」なんですし

「ポチさん」も反応

静留は葉香が近いと解るのかと言ってたものの

実は池袋"にも"いるとは知る由もなく

ホントなんなんでしょ

一話で言った通り「人間に」なってたポチさん

葉香が「唯一傍にいてくれるもの」として呼び出したんでしょうか

静留とはケンカした直後でしたし

そうこうしてると一気に前進

あとは桜台駅から五駅で池袋

残念ここらは一気に前進!!

実際に住んでる人にはちょっと残念なお知らせ!!

再会、道を塞ぐ変なナマモノ

まさかの静留父とその仲間

そういやちょっと様子見て来るといったきり二年帰ってなかったんですっけ

ちょっと田んぼ見て来る的な

何故か着ぐるみ風になった父

本当は三人とも「獣」になったはずも

レトロな着ぐるみ風に

曰く魔女王の配下にやられたと

これも水島監督が好きそうなキャラデザ

SHIROBAKOで主人公が好きだったアニメを思い出させますね

実にアンデスチャッキー

ようやく「敵」を認識する一行

曰く葉香を目撃したという父

しかし雰囲気が違い過ぎる

またちょうど夕方五時、善次郎と連絡し「ポンタロー」が敵の主犯だと認識します

第一話で善次郎が言ってましたものね

小学生レベルの罵倒!!

さぞ仲良しだったに違いない

父はもちろん一緒に行くというも

いいから家に帰ってやれと離別

また父は、葉香が「自分が飲み過ぎて朝帰りした時の妻」に似てると評します

なら怒ってるって事なのかね?

お父さん鋭い?

父一行はトロッコで帰路

父が旅立った当時は、善次郎さんは頭がおかしいまんまでした

なので電車が使えなかったのか

しかしよくまあトロッコで

晶『これこそ反抗と退廃の証!!』

椎名町で戦って敗れた

彼が奪ったベレー帽を貰って大喜びの晶

普通ベレー帽と言ったら漫画家では?

と思うのは、昨今ではドラえもんを見ていた子達くらいのものでしょうか

或いはグリーンベレーガンダムでは?

地図上の「断絶」の正体

当初、直前の椎名町をスルーして一気に池袋に向かおうとした一行だったも

地図通り断裂しており断念

やはり正しかった

遂に電車で進めないところまで来ちゃった!!

椎名町を守る「敵」とは

曰く王道派の漫画家たち

やはりベレー帽といえば漫画家!!

ですがぶっちゃっけ古臭い、現代なのに「トキワ荘」世代を自認している感じ

擬人化みたいなものなのかね

自称・王道派の漫画家たち

自称は王道、実際はただ古臭いだけ

そんな象徴だったのかも

時代の変化に抗い、古き良きものを貫こうとしている漫画家たち

そのつもりが想像力を抑え込み、時代に付いていけなくなってた

自縄自縛になっていたのか

想像力に翻弄される静留たち

彼らの想像力を浴びると、彼らの思うままの姿に変えられてしまいます

静留の父たちはこれを浴びたのか

ただどうにも古臭い

また先のネリアリランドを書き換えたのも彼ら

だから彼らの陣営・渾沌が乗るUFOは古臭かったんですね

ランドの世界観にそぐわない訳ですよ

葉香に借りた「想像した通り」にする力

漫画家の想像力が武器になる能力!!

と思ったも、奪ったベレー帽をかぶった晶の想像力が火を噴きなすすべもない!!

久々の晶無双!!

想像力の豊かさがハンパじゃないね!!

結局、三人はあっさり撃退

彼らは力も放棄してしまい、晶の手に渡ったベレー帽も消滅してしまいました

ついでに切断されてた線路も回復

そんなあっさりと!?

割と絶望的と思ったのに!?

世界を想像力で作り替える力

作り替えた彼らが放棄し、世界は元に戻った

葉香が同じように放棄すれば世界全体も戻る?

だいぶ意識朦朧としてますが

晶『表現は…、無限!!

彼らが大成出来なかったのは、古き良きものに固執して想像力を抑え込んでたからか

もっと自由に想像して良いのだと

そう晶が圧倒して決着へ

なんという想像力の勝利……!!

静留『あれが…、池袋………!!』

人外魔境を目指す静留たちで幕

とんだ風評被害だよ!!

いや実際、作中の池袋は「葉香の想像力」でグッチャグチャみたいですけれども!!

今回のは借り物、葉香の廉価版みたいな敵だった感じですかね

とまれ遂にブクロに来てしまった……

どうする?乙女ロード行く?

乙女ロードは開かれた?

※トップに戻る

終末トレインどこへいく? 第11話 感想[池袋到着]葉香と静留と電車でGO!! ネタバレ

終末トレインどこへいく? 第9話 感想[葉香ふたたび]ポチさんが変わらなかった理由? ネタバレ

終末トレインどこへいく? 感想

終末トレインどこへいく? 第1話「ちょっと行ってくる」
終末トレインどこへいく? 第2話「推測、だろう、思われる」
終末トレインどこへいく? 第3話「ショートでハッピーイージーに」
終末トレインどこへいく? 第4話「なんでおしり隠すの?」
終末トレインどこへいく? 第5話「骨にされてしまいます」
終末トレインどこへいく? 第6話「そんなにひどいこと言ったかな」
終末トレインどこへいく? 第7話「笑うゾンビはゾンビじゃない」
終末トレインどこへいく? 第8話「バチ当たらない?」
終末トレインどこへいく? 第9話「思ってたよりつまんないみたいな」
終末トレインどこへいく? 第10話「これこそ反抗と退廃の証」