SPY×FAMILY 13話 感想[新しい家族は戦争危機を連れて]ネタバレ

2022年10月10日

SPY×FAMILY 第13話「プロジェクト〈アップル〉」感想

公式あらすじより引用

アーニャの〈ステラ〉獲得のご褒美のため、ペットの犬を探しに行くフォージャー家。その途中、ロイドは西国ウェスタリスの外相を狙った爆弾テロを未然に防ぐ任務に駆り出されることになる。一方、犬を選んでいたアーニャは見知らぬ白い大型犬の心に、なぜか自分たち家族の姿を見る。気になって犬を追うアーニャ。迷い込んだ先はテロリストのアジトだった!

ABEMA ANIME土曜23時30分無料配信 月額有料 ABEMAプレミアムで全話配信

公式サイト公式ツイッター(外部)

戦争危機!! 新たな家族も超能力者!? 

映像美が素晴らしい2期1話

ED含め刻々と変わるアングル、光が美しい!!

ヨルさん、アーニャが結婚強制誘拐犯に攫われたと誤解

誤解ですが実際、少しややこしいというか

固有名詞が飛び交う回ですな

ロイドさんの変装、ヨルさんの身体能力、アーニャのやらかしと「犬」

三者三様+1、見せ場が面白い!!

西国外相を狙う、東国の学生テロ

作中の舞台・東国オスアニア、その学生によるテロ

西国ウェスタニアつまりロイドさん本国の外相を狙った爆弾犬テロか

バックに極右がいると推測されてますが

作戦目標デズモンドも絡んでるのかね?

プロジェクト〈アップル〉

東国オスタニア、旧政権下での「高いIQを持つ動物を作る」実験

その産物、未来視を持つ犬なのか

彼は未来を読み、アーニャはその思考を読める

おまけにアーニャを騎乗できる!!

ぴったりの相棒なのね

ライダーアーニャ!!

冒頭 スパイ「黄昏」の任務

西国ウェスタリスは、東国オスタニアの極右政党が戦争を企てていると察知

これを探るべく西国スパイ「黄昏」

東国へと派遣された

これがオペレーション梟 (ストリクス)。

標的は東国・極右政党の総裁デズモンド

その第一段階として、黄昏=ロイドさんは仮初の家族を作り

養子アーニャを名門校へ入学

実にエレガント!!

ナレーション『父、スパイ』

『母、殺し屋

 娘、超能力者

 互いに正体を隠した三人のミッションは続く』

依然として互いに正体を隠したまま

またヨルさん、登場時「西国に内通する売国野郎」を暗殺

所属組織は国粋主義っぽいので
バレると大変そう

ヨルさん自身は政治に興味ないノンポリっぽいですが

ミッションはフェイズ2へ

標的デズモンドは用心深い性格

チャンスは彼が出席する「懇親会」へ、特待生となって参加する事

必要なのは、アーニャが何らかの成果を上げ
星八つ集め特待生になる事だと

わかります、改めて気の長い計画ですね

目指せスタァライトアーニャ!!!

OPテーマ「SOUVENIR」

Youtubeでノンテロップ版も公開

BUMP OF CHICKENによる新曲

意味はお土産

家族が待つ家に「お土産」を持っていこうという歌か

締めのリボンは贈り物の証なのね

♪ この目が選んだ景色に 一つずつリボンかけて お土産みたいに集めながら続くよ 帰り道♪

お土産はお土産でも「土産話」なのね

ひとつひとつの思い出を大切に覚えて、家族に話そうという歌?

映像は落ち葉散る、美しく寂しい秋

単に季節に合わせて

ちょっと辛い展開となるのか

父からスパイ、母から暗殺者

基本、楽しい家族風景を描きながら

チラチラ本性が見えるのが本作らしい

ですがロイドさんが皆に会う時に光が射したり

家族の絆も感じる映像でした

Aパート うきうきアーニャ

いかにも悪役っぽい奴から始まった!!

前期ラストの動物たちを連れた悪役

続いてフォージャー家のTVで、西国ウェスタリスのブランツ外相が東国へ到着

第1話といい外交官は狙われがちですね

いかにも精力的な顔立ち

ナレーター『東西首脳会談に向けた調整を…』

外相も重要ですが、さらっと重大な話も

首脳会談とはまたデカい

ロイドさんがまた酷使されそう

ロイド『こら~、落ち着いて食べろって』

文字通りばりばり音を立てて朝食を食べるアーニャ

焦げたパンと卵に魚の骨

ああヨルさんが作ったんですね

頑張ってるなあ!!

アーニャ『ちちも ははも はやくっ!』

やたらはしゃぐアーニャに、それも仕方ないと苦笑する父母

作画枚数すっげーな!!

食べたり詰まらせたり、飛びおりたり!!

アーニャめっちゃうごくな!!

他作品10分ぶんくらいの作画枚数かかってそう

スターライトごほうび!!

アーニャ『いぬさん、ピーナツたべる?』
ロイドさん『あんまりあげないほうが良いらしいぞ?』

本日のオペレーション・ストリクス

前期「星」獲得のご褒美に、犬を飼う為ペット・ショップへ

まさか、こんなに先の話になるとは
当時は思いませんでした

てっきり前期ラストで済む話なのかと

しゅんとするアーニャ可愛い

ロイド『(星を八つとって懇親会に出るまでは)』
『(何としてでも、この子にやる気を維持して貰わねば…)』

それが世界平和の為!!

ペット一つが、世界に繋がってるんだから大事ですね

おのずとロイドさんも慎重な訳か

慎重系間諜

店主『どうですかお客さん』

ですがなんということでしょう

どの犬もガラが悪い

びっくりするほどかわいくねーな!!

よくぞここまで!!

ロイド『(ここは組織の息がかかった軍用犬販売店…)』
略『(おー!? ダメだー!?)』

判断が早い!!

実用一点張りなロイドさん、どうせ飼うなら屈強な番犬をと希望

敢えなくボツとなった

アーニャ曰く「アーニャこいつらやだ」

直球!

アーニャは心が読めるので

ムキムキに「強い」アピールする軍用犬の心も読んだらしい

見た目も心もダメ

八方ふさがっとるやないか

ヨルさん『少々、強面さんですね~』

相変わらず言い方がかわいいですね

殺ることは物騒ですが

ヨルさんはギャップ美人

店主『今ちょうど、保護センターで譲渡会やってるみたいです』

そこで保護犬の譲渡会に行くことに

なんとも現代的な話

なんだかサンシャイン池崎氏を連想しますね

ロイドさん『すまん! ちょっと腹を下したみたいだから、先に駅前の保護センターに行っててくれないか?』
アーニャ『ちちのくそ くそながいから さきにいったほうがいい』
ヨル『そ、そうですか?』

心が読めるアーニャのナイスアシスト

言葉遣いはともかく

ですが不思議と口に出して言いたくなる言い回しでしたね。多分

ロイドさん、組織から突発依頼が入り
腹痛を口実に離脱

こういう時アーニャ本当有能です

言葉遣いはともかく

子供のテロリスト

ロイド『ちょっと!? 司令部まで連れていかれるなんて聞いてないですよ!?』

曰く冒頭、西国外相=ロイドさん母国要人へ

暗殺計画が察知された!!

それも今夜!!

ただ話にある「偶然」がひっかかりますね

機関員『犯人グループと目されるのは』

『バーリント大に通う排外主義の学生複数名だ

 秘密警察の連中もマークしていたらしい

 大使館付近をうろついていた一人を偶然拘束して

 現在尋問中だ』

いつの時代も大学生は過激

ただこの事件、裏に大人がついているらしい

当日に“偶然"というタイミングの良さ

囮って線もあるのか?

機関員『パパとエージェント、二足の草鞋は大変だな?』

ロイド『父親も任務の内です

 それにしても…、時代ですかね』

『こんな子供までもテロリストとは』

ロイドの苦労を凝縮した良い台詞

さて捕まえたが仲間の事を一切吐こうとしない

そこで黄昏ロイド」の出番

捕まったクリスは、いかにもなヤンキー

意志の強さを窺わせる面構え

服といい昭和っぽい

敏腕スパイ「黄昏」の仕事

クリス『同志は売らない!!』

シルヴィア『…………………

 いいや、お前にもう用はない

 お前らのリーダーが捕まったからな』

担当したのはロイド直接の女上司シルヴィア

役職は管理官と書いてハンドラー

彼女達は西国の情報局、大使館特権なのか「東国市民」をとっ捕まえるとは大胆

秘密警察、つまり東国側も警戒している為

争奪戦も起こるんでしょうか?

リーダー『あいつだ! あいつが全部計画したんだ!!』

折よくリーダー、キースも護送中

しかしクリスとは対照的に、彼を売って自分だけ助かろうとします

悲しいですがあるあるですね

クリス『(俺に罪を被せる気か?!)』
シルヴィア『たいそうな同志だな…』
クリス『!?』

シルヴィア『まあどちらがリーダーだろうとも知った事ではない

 我々にとっては

 情報をくれる方が正義だからな』

シルヴィアのダメ押しでクリスは折れた

裏切られて信じる奴はいない

裏切られたクリスは、あっさり自白してしまいました

もちろんロイド変装の偽リーダー

今期も変装スキルがカンストしてますわ

ロイド『あんな短いビデオだけで本人を演じろなんて無茶ですよ…』
『相手がプロだったら見抜かれてました』

この世界のプロ怖い

それとも世の中、こんなルパン三世みたいな変装できる人っているのかしら

わざわざ、この為だけに呼ばれたロイド

その彼でも難しかった難変装

無茶ぶりに応えるプロの鑑ですね

東西戦争、再発の危機

シルヴィア『暗殺の具体的な手段は?』
クリス『…………犬だ』

この自白には百戦錬磨のロイド達も戦慄

爆弾を付けた犬によるテロ!!

曰く「訓練された犬」は、止めるのが難しい

自爆を躊躇わないし俊敏、的が小さく撃ち殺すのも難しいから?

動物愛護団体が黙ってませんな

ロイドさん『バカな…?!』

『軍用犬などの特殊訓練には

 一頭あたり小型ミサイル並みのコストがかかります

 一介の学生達に用意できると思えない』

銃声を恐れず忠実に命令を実行させる訓練?

軍用犬って高価なんですね

ちなみに実際に現在の一部自衛隊、アメリカ軍で軍用犬が採用

犬用ボディアーマーなんてあるそうな

今時は犬用って何でもあるなぁ

機関員『背後に極右連中か』
『あるいは第三国のシンパがいる可能性が出てきたな…』

学生たちは傀儡にすぎないのかもしれません

操られている? 或いは陽動?

またここ、東国の極右政党トップこそ標的であるデズモンド

本命と繋がる事件?

シルヴィア『薄氷の上の東西関係…』

『暗殺の成否如何に関わらず

 事が公になるだけで万が一もあり得る

 なんとしても未然に食い止めるぞ…!!』

失敗すれば両国の戦争が再開する可能性も!?

ですが会談自体の中止は不可

かかっているのは国のメンツ

事件がこの国、東国与党の支持率に影響を与える可能性も

そうなれば極右政党に有利?

たかが学生だと馬鹿にできんのですな

テロリスト『ちょっとコーヒー買って来る』

略『ハハッ、確かに賢い犬たちだ

 だいぶ歳はいってるみたいだがな?』

もふもふして可愛い老犬ですね

ですがなんとこの犬、"看板の落下を予知"して子供を助けてしまった?!

予測でなく予知か!!

アーニャ同類!?

テロリスト達は驚き、騒ぎを恐れ慌てて撤収

超能力犬だと知らないんですな

可愛さまみれの譲渡会

アーニャ『ふわああ~!!』

他方アーニャは天国のまっただ中に

可愛い子犬、子猫でいっぱい!!

さっきのムキムキとは月とスッポンですね

ムキムキとスッポン!!

ヨル『ロイドさん、何故最初からこちらに来なかったのでしょう…?』

彼は軍用犬の方が良いと思ったからですが

まさか自分が、軍用犬をおっかけまわす羽目になるとは思うまい

ロイドさんはしばらく任務に専念

ほんとにくそながいクソになってしまいました

アーニャは賢いな…

アーニャ『ちっこいいぬさん!』

ねこさん! うさぎさーん!!』

ヨル『ああダメですよアーニャさん!?

 迷子になっちゃいますよう?!』

『良いですか?

 このワンちゃんエリアから勝手に出てはいけません』

アーニャ『わかった』

完全に前フリとしか思えない会話!

おおはしゃぎのアーニャかわいい!!

飛び跳ねまくってた!!

さくがたいへん!!

アーニャにいちいち返事する子猫、子犬も可愛かったですね

ネコチャン!! ネコチャン!!!!

ヨル『ダックスフントかわいいですね~♪』
『足、短いです~♪』

アーニャ『たんそくでもかわいい

 アーニャもかわいい?』

なんだその対抗心

つい親の方が夢中になるのもお約束ですね

ははが夢中になる訳だ…

アーニャ『ちわわ!』
『ぽめらにゃん!!』

言えてないのが可愛い

とまれはしゃいでいると、係員さんがヨルさんに声掛け

ヨルさん曰く飼いやすい犬をと要望

重要なポイントですな

通りかかった老犬と目が合うアーニャ

アーニャ『(……アーニャんち…?)

(今の、いぬさんのこころ…?)』

さっきの老犬は「自分が、アーニャ達の家の中にいる未来」を予知

アーニャも読心能力で垣間見てしまいます

興味を惹かれたアーニャは脱走

本当子供の機動力は怖い

アーニャの想像『アーニャんちのことをしってるいぬがいた!』
想像上のヨル『え? 何を言ってるのですか?』

例によって説明を諦めるアーニャ

読心能力は強力ですが使い方が難しい

いつか親子三人、協力できたらとんでもない事ができるんでしょうね

それぞれ得意分野が違いますし

アーニャ『いぬさん…、おまえなにもの?』
犬『クゥン…………』

こっそり忍びこみ、四匹ほど繋がれた犬を見つけるアーニャ

読心能力で読めるかと思えば

そうでもない様子

困った様子のいぬさんかわいい…

テロリストの主張

本物のキース『いよいよだぜ…!!』

『爆弾犬を使ったこの計画が成功すれば

 東西のなれ合いは間違いなく終わる

 栄光の東国オスタニアを取り戻す為

 ブランツ外相には、開戦の狼煙となっていただこう…!!』

『思い上がった西のブタ共に鉄槌をッ!!』

古人曰く人狼煙である

学生たちは国粋主義者、戦争を望んでの行動か

また約一名、妙に老けた男性がいますが
彼が黒幕でしょうか

と思ったら後で狼狽してたので「単に老けてる学生」なのか?

ガチな奴きちゃった…!!

テロリスト『『『鉄槌をッ!!』』』
ーニャ『(わ、わるもの!?)』

狼狽のアーニャは、お約束通り捕縛へ

読心能力でも気付けず

まあ何でも受信してたら街中とか歩けません

カート『ガキに話聞かれてたぞ!』
『どうする!?』

キース『どうするって

 そりゃ…、始末するしかねえだろ?』

基本、ヤバいのはキースだけらしい

強面なカートさえ引いてます

引いてますが逮捕されない為、始末するしかないと同調

反政府に限らず、"団体"って怖いですね

入り口は広く帰り道は狭い

Bパート 子供の味方

青年『まだほんのガキだぞ!?』
キース『親にチクられでもしたら計画が台無しだろ!』

颯爽と助けに入ったのは「大きな白い犬」!

いぬさんかっけぇ!!

アーニャを守るように、リードを噛み千切って颯爽と参戦

なお、余談ですがCVは松田健一郎氏
つまり人間

前期オーバーロードⅣのドワーフ軍総司令Engage Kissのマイルズのオッサン等

声優さんすごい

オッサン役に定評ある声優さん!!

テロリスト『吼える相手間違ってんだヨ! 黙らせてやる…!!』
犬『バウ!?』

しかし鉄パイプで凄まれ、あっさり後退

BGMまで収まる始末

これだからイッヌは駄目だニャン

作画的な再現度も素晴らしい

動きが完全に犬

キース『やめろ、道具を傷付けるな』

不幸中の幸いというか、幸福中の不幸というか

犬が吠えたくらいじゃ誰も気づかない喧噪

始末するまでもないと制止へ

リーダーだけに冷静

ヨルさんの思い込み

ヨル『アーニャさーん! どこですかー!?』

他方ヨルさんは完全にパニック

パニックのあまり天井に張り付く始末

さすが暗殺者は器用

天井に張り付き、会場全体を見回したんですね

できねえよフツーは!!

ヨル『(もしかして、犬に食べられてしまった…?!)』

『(いや落ち着くのですヨル!

 それは多分ありえません!

 だとするとまさか…、誘拐!?)』

先日見たニュース『中央アリアンでは

 若い女性を誘拐して

 強制的に結婚させる事件が頻発し……』

数日前のヨル『まあ怖い』

想像上の誘拐犯『へっへっへ……

 俺の嫁にしてやる!!』

ヨル『(どどどどうしましょう!?

 アーニャさんが結婚させられてしまいますー!?)』

発想が飛躍している!!

当人も跳躍している!!

思い込みも戦闘力も強いヨルさん、結婚誘拐だと思い込む事に

嫁を攫うとは夫の風上にもおけない

中央アリアン、元ネタは中国の強制結婚事件でしょうか

最近カンボジアとか大変らしい

ヨル『(ああどうしましょう!? 私ってばどうしましょう!?)』

言い方がひたすら可愛い

やっぱりCV早見沙織さん最高ですね

とまれロイドさんがトイレに行ってると未だ信じてパニック状態

どんだけトイレ長いと思ってるのか

万里の長城かよ

プロジェクト〈アップル〉

シルヴィア管理官『奴が自供したアジト二ヶ所は空振りだった』

残念ながらからぶりサーカスだったものの

さすがロイドさん、犬を運ぶ車の入手ルートとナンバーを割り出していました

ロイドさん本当に優秀ですね

だからブラックなんだよね

シルヴィア『犬の入手ルートだが、きなくさい線が一つ浮上してきた』

『お前も耳にしたことくらいあるだろう?

 プロジェクト〈アップル〉

 東国オスタニア旧政権下

 軍事目的でIQの恐ろしく高い動物を産み出そうとしていた研究だ…』

ですが半ばで政権自体が崩壊し、計画は頓挫

目標に遠く及ばず終わったとの事

本来“IQ目的"、超能力を持ったのは偶然

リンゴは「知恵の実」

聖書曰く、人はそれを食べてしまった
神に楽園を追い出された

また洒落たネーミングですね

シルヴィア『用済みになった犬やらが、処分もされずに闇に流されたと噂になっていた…』

略『用心しろ

 想定外の事態も起こりうるぞ』

毎回想定外にブチあたるロイドさん

前世でよほど業か、もしくは徳を積んだらしい

とまれIQが高く訓練がされている

国の"汚点"始末も兼ねてる?

スターライトをもう一度

キース『犬から離れろクソガキ』
『せめて苦しまないよう殺ってやる』

揃ってビビるアーニャといぬ

君ら息ぴったりだな!!

しかしここで犬が「未来予知」を発動

アーニャに囁くように吼え、イメージを伝達

能力持ちだと解るんでしょうか?

単なる合図?

アーニャ『……でんわ?』

直後、テロリストたちに「アジトに怪しい奴が来ている」と電話が

狼狽えた彼らはアーニャを取り逃がす事に

昔の電話は音が派手ですね!!

電子音じゃなくてベルだから派手!!

キース『パターンBに変更して…、ハッ!?』
『おい!! ガキはどうした?!』

アーニャ『おまえ…、みらいわかる!?

 アーニャとおなじ、ちょうのうりょくしゃ!?』

老犬に乗せられ、大通りに飛び出したアーニャ

階段を降りる作画がすっげえ!!

2期1話アングルがスゴい!!

ジョジョ3部1話の冒頭を思わせる、アングル演出が素晴らしかった!!

アーニャちょうのうりょくなかま!!

アーニャ『ちがう!? そっちじゃなーい?! もどれー!?』

しかし犬、アーニャの指示を聞かず爆走

というか犬も困惑してます

IQ高いはずなので、意思疎通くらいできそうなものですが

無理なのか言い方が悪かったのか?

やっぱりイッヌやなー

ヨル『アーニャさん!?』

義娘が犬に乗って爆走する姿を目撃のヨルさん

やめて! 彼女のキャパはもうゼロよ!!

相変わらず耳がいい!

キース『馬鹿野郎! カオ見られてんだぞ!!』

リーダーのキースはアーニャを消す事に拘り

同志カート、犬を一匹連れ追撃へ

ですがアジト放棄、地図を捨てるよう命じるなどなかなか抜かりがありません

目つきの悪さもキャラ立ちしてますね

アーニャ『いぬ!! とまれ!? おろせー!?』
『アーニャ、わるものにおわれてるー!!』

走りながら悪者のことを触れ回るアーニャ

が、誰も本気にしてくれません

アーニャがかわいいからいけないのでしょうか

まあ楽しそう!

アーニャ『(いぬさんのかけっこはやい…!? はやくて……)』

『わくわくっ!』

落ちないようしがみついていたアーニャ

体感速度はさぞ怖かったのでしょう

視界が暗く、アーニャが怯えてると伝わる演出

へへっ、こいつ怯えてやがるぜ!!

ですがアーニャ顔を上げると"眩しい"

速さがワクワクに!!

心境を描く素晴らしい演出だった!!

『よし! いぬさん!!』

ただしがみつくだけから、"乗る"姿勢へと立て直したアーニャ

楽しんでますねえ!!

曰くこのまま警察署に行こうと指示

『ふたりだけでじけんかいけつして、いっけんらくちゃく!』

そんでまた!!

 スターライトアーニャになるっ!!

前期ドッジ回を思わせるファンタジー演出!!

目指すは星(ステラ)

星を得てスタァライトになる!!

お持ちなさい、あなたの望んだその星を!!

いぬ『ぼふ!! ぼぼふっ!!』

しかし犬、うっかり堂々巡りに突入

無駄に体力を浪費して一回休み

これだから犬は!!

わかります

盛り上がった直後の台無しがすごい

キース『…? 手間が省けたぜ?』
アーニャ『ふりだしにもどったー?!』

敵も困惑するうっかりミス

アーニャの顔がまた良かったですね

アーニャはジト目が独特

変態誘拐犯

アーニャ『まわれみぎっ!』

あーにゃは にげだした!

しかし、まわりこまれてしまった!

キースが連れた犬が、俊敏に回り込み挟み撃ち

本当にIQ高いんですな

キース『逃がさねえよ。…やれ、手早くな』

同志カートはドン引きでしたが

それでも殺そうと前へ

人一人殺そうとはなかなか……

カート『?!』

ヨル『許しませんよ……

 変態誘拐犯さん……

 アーニャさんに結婚はまだ早いです!!

とんだ冤罪…!!

ヨルさんがカートを蹴り飛ばして参戦

大の男がゴムまりみたいに!?

単に吹き飛ぶのでなく、幾度も壁に跳ね返るあたりパワーがダンチでしたわ

犬まで愕然としとるやないか!!

賢いな敵の犬も!!

EDテーマ「色彩」

♪ じっと 機微を見逃さないで

 ♪ きっと 大人はそれらしくするので

 ♪ かかりきりになるんだ

Youtubeでノンクレジット動画も公開

ただ過ごすだけ、形を取り繕うだけじゃなく

意味をもたせなきゃ駄目だ的なED?

本作のロイドさん達は「必要だから組んだだけの偽家族」だから

本物の家族になっていく姿を重ねていく

そんなED曲なのでしょうか

光とアングルが凝ったED

OP同様映像も凝ったもの

孤独だった面々が出会い、家族として過ごす日々と「裏の顔」で締めるEDか

中でも犬の存在感が光ってました

一人で大失敗するアーニャに苦笑、皆で料理するフォージャー家

ダンスアーニャかわいい!!

扉の先の楽しい日々、扉を開けて本性へ

ドアを使った演出も素敵ですね

次回、絶望のアーニャ……?

次回、アーニャは時限爆弾の前で…?

東国の秘密計画、ヨルさんの弟もいきなり出てくるんですね

何やら物騒な尋問風景

ここから何がどうなるのか

次回、第14話「時限爆弾を解除せよ」

SPY×FAMILY 14話 感想[父死んで平和が終了?!]ネタバレ

SPY×FAMILY 第2期 感想 2022年10月

SPY×FAMILY 第13話「プロジェクト〈アップル〉」

2022年10月10日SPY×FAMILY 2期2022年秋アニメ,SPY×FAMILY,アニメ感想

Posted by rx78-3