ダンまち4期 11話 感想【最終回】厄災はまだ終わらない ネタバレ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第11話「過酷(エンドレス)【最終回】」感想

公式あらすじは火曜0時頃公開

ABEMA ANIME 木曜23時配信 翌金曜25時35分より最新話一週間無料

公式サイト公式ツイッター(外部)

https://twitter.com/danmachi_anime/status/1575887753627041798

果てしない厄災。来期2023年1月

最終回でエンドレスとは気が利いた副題

リューvs、ベルvs.ジャガーノート!!

過去に囚われ「勝てない」と思いながら戦ってしまうリューさん

アイズさん達の在り方を思い出し

あの人達とは違う、勝てると確信するベル君

心の在り方が好対照な戦いでした

アルゴ・ウェスタ作画もヒロイックでカッコ良かった!!

リスクを負う戦術も男の子!!

物語は新章から深章、次は深層が舞台

意外やラムトンに救われた格好のベル君たち

ですがようこそ37階層?!

ベルには場違い、ラムトン本場の深層?!

ジャガーノート健在、リリ達は階層主に襲われ

もうちょっとこう、手心というか…

サブタイ的確な回ですわ

もう「自分達が知ってる迷宮」じゃない

これまでの常識が通用しないと強調

リリが警戒した階層主アンフィスバエナも出現

正直ジャガーノートより強そう!!

遠近を活かした構図が迫力

本来なら半月先まで生まれない、"ダンジョンの常識"が壊れ始めた

異常事態を象徴する展開ですね

だいたいジュラが悪い!!

ベルが行くには早すぎる「深層」

外伝ソードオラトリアでも、数階層ぶち抜いて移動した事がありました

あの時は怒濤のショートカットでしたが

実力不足で深層は絶望的ですね

前々回、9話で桜花も言ってました

曰く、ラムトンを倒したとき「深層はこんなのがゴロゴロいるのか」

すごいなー、いつ行くんだろうなーと思ったら

まさか直後に行くハメになろうとは

そもラムトンが階層間を移動するモンスター

存在自体がフラグだったのか

4期はこれにて最終回、4期後半が2023年1月5日よりスタートとの事

冒頭 カサンドラの悪夢 厄災の正体

ベル『いくら速くても!! ファイア…』
リューさん『ダメ! いけない!!』

ジャガーノートは下層最速のイグアスより高速

とにかく攻撃を当てるのが難しい

そこでベルは魔法を放つも、敵の思うつぼ

なんと敵は魔法反射装甲

隙を埋める見事な構成ですね

ベル『うわっ!?』

本来、交戦経験があるリューさんが頼みの綱

ですが怯え切っていて混乱

どうも五年前、コイツを倒す為に仲間を殺す羽目になったらしい

助言どころじゃないんですね

ベル『不味い! 迎撃を』

だがベル、抜刀したナイフを右腕ごと失う惨劇

ゆっくり宙を舞う腕が非現実的でした

初見はつくづく厳しい

完全に後手後手

リュー『避けて!』

腕を失いパニックのベル、首に尻尾が直撃へ

完全に首がいった音だ…

ですが直前に尻尾にやられた奴は、上半身がひねられていました

ベルは形を保ってるのが生存フラグなのね

単に主人公だからじゃないのだ!!

リューさん『ベルー!!

普段「クラネルさん」呼びの彼女がファーストネーム呼び

取り乱した証が痛々しい

ベル君はもっと痛々しい

魔法反射、その攻略が今回の肝か

Aパート ベルの生死

リューさん『生きてる…、このマフラーのおかげでかろうじて助かった?』

めっちゃ痣になってますが生還

7話、カサンドラさん発案で即興製作したゴライアスのマフラー

さすが階層主アイテム

また、かなり遠くに吹っ飛ばされましたが

おかげで敵から距離が離れ、回復する時間を得られたらしい

つくづく運の良い子

首に喰らった時点で不運ですが

ジュラ『あのガキまだ息があンのか、しぶとい奴だぜ…』

事件黒幕ジュラ、彼に言われるのも業腹ですね

彼が五年前生き延びたのが発端

彼こそ一番しぶといまである

冒険者『た、助けて…』

矛先を向けられたボールス隊、魔導士らしい女性が真っ二つに

モブに厳しい

クラネルさんが割と生きてるのに次々と……

もっともベルはレベル4

当然、耐久力も格段に上なのか

リューさん『……くそっ!!』

意外だったのはボールス隊を救う為、リューさんが飛び出した

まだベルの回復が終わっていないのに

他人を助けに行くとは

根本的に優しい人なのね

リューさんvs.ジャガーノート!!

討伐対象に庇われて困惑するボールス隊

なんとジャガーノートと渡り合うリューさん

さすがレベル4でも上位の実力者!!

さすが懸賞金8000万パワー!!

ただ避けるのが精いっぱいで、攻撃に転じる余裕がない様子

回避壁をやるのが精いっぱいなのか

ボールス『おいテメーら! 一斉砲撃を喰らわすぞ!!』

致命的だったのは、ボールス達の判断ミス

魔法による一斉射撃!?

さっき反射を見たのに!?

魔法反射装甲理解できなかったんでしょうか

想像しがたいほどレア的な?

リューさん『(強い…、強すぎる!)』

略『やはり、この怪物と真正面から戦うなど……

 あの時も…、仲間達は皆……

 考えるな!!

自分を叱咤し、何とか回避し続けたリューさん

ですが避けきれず体勢を崩した

直後直撃され、木刀で受けたもののバラバラにされてしまいます

トレードマークだった木刀が!?

今後どうするの?!

ボールス『今だ! 今しかねえ!!』

リューが吹き飛ばされた今が、砲撃する絶好のチャンス!!

正直まとめて撃たないか不安でした

彼らには賞金首だし

ですが思ったよりマトモだった!!

リューさん『や、やめろ!?

さすが下層に挑める冒険者パーティー

一斉砲撃は圧巻!!

ですがその大火力が仇となり、強烈な反射に晒されてしまいました

魔導士二人、ボールス達は魔剣で砲撃
いいもの持ってますわ

ただし魔剣はナイフ程度

大剣サイズのヴェルフってつくづく規格外

買ったらクソ高いんでしょうな

リューさん『クラネルさん!!』

ボールス達の砲撃はとんでもない出力でした

余波でクラネルさんが池ポチャ

なるほどそうやって水中

ある意味ボールスさんは、持ちうる情報から「正解」を引いたんですね

たまたま水中に落としてありがとう!!

ボールス、咄嗟に魔剣を盾にして無傷

ですが直撃を受けた三人は即死

特に女性魔術師、右半身をごっそり失う悲惨な最期

同じ魔剣持ちも、盾にする発想がなかったか

もしくは突破されたのか即死

探索チーム全滅…?

ボールス『や、やめろー!?
リューさん『立て! 逃げろ!!

どこまでも強運なボールス、庇われ生還

リューは小太刀に持ち替え近接戦

素手かと思いましたがそういや小太刀二刀流でしたね

尋問にも使うサブウェポンか

ボールス『疾風…、てめえ…?』
リュー『逃げろ急げえ!!

リューと、1期黒ゴライアス戦で共闘したと思い至ったボールス

しかしリューは庇って深々と被弾

ここに至りボールスは逃亡

なんと悪運が強い

リュー『あああ!!

腕を避けたものの、尻尾が足に直撃

遂に機動力を奪われたリュー

事実上の致命傷となる一撃、庇いながら戦うのは無理があったか

ただ、今回リューさんが勝てなかったのは
庇いながらだったから

理由付けにもなるのね

本来の彼女はもっと強いという描写か

リューさん『私は、仇であるジュラのたくらみを防げず』

『無様を晒しながらここで……

 ごめんなさいシル

 ミア母さん

 皆……

 居場所をくれたあなた達に私は何も返していない』

『ああ…、でもこれでアリーゼ達の下に……

 彼女達を殺した咎からようやく…』

ジュラ達にハメ殺されたと語られていた仲間達

ですが前回曰く、罠は突破していた

偶発的にジャガーノートが出現し、敵味方を皆殺しにしたのが真相

ですが、リューさんが生還を遂げたのは
味方ごと撃って倒したのか?

台詞がやや長いですが、たぶん原作再現的に仕方ないのでしょうね

諦めきった心境での台詞なので

戦闘中にも挿入できないし

水没したベル、マリィとの約束

マリィ『ベル…、ベル!! お願い…、お願い生きて………』

やはり腕を拾っていたマーメイドのマリィ

人魚の生き血でベルは回復

不老不死になってそう

ですが水中でどうするかと思ったら、血を流した状態で直接抱きしめるのか

ヘスティアナイフを借りて両腕に

痛みが想像しやすく痛そう

ベル『マリィ…?』
マリィ『ベル!』
ベル『僕の腕…、ありがとうマリィ!』

ヘスティアナイフをベルに返したマリィ

彼が持った瞬間、ヒエログリフが発光

基本的にベル専用の短剣

1期でリリが盗んだものの、ナマクラ扱いされたのが懐かしい

ナマクラとはいえ相応に切れるのね

ベル『行って来る!』
マリィ『約束…、負けないで!』

自分を癒す為、マリィが血を流してくれたと知ったベル

マリィが痛くなさそうにしてるのが健気

斬る時すごく痛そうだったくせに

抱きしめて回復され、感謝に抱き返すベル君も男前でした

神様に告げ口したい男前っぷり

アングルもいやらしい!!

以上がリューさんの戦いと並行か

川に落ちた直後、マリィが助けに来ていたので

戦いと回復が並行してたんですね

でなきゃ溺れ死んでそうですし

再戦、ベルvs.ジャガーノート

リューさん『クラネル…、さん?』

リターンマッチ、秘策はゴライアスのマフラー

ベルは左腕に巻き即席の盾代わり

どんだけ頑丈なんだ!!

幾重にも巻いて厚くすれば、人間を切り裂く爪もガードできる代物

そら首が無事だったわけですわ

リューさん『マフラーをあんな形で!!』

余談ですが川に落ちたベル、戦いで乱れたリューさん

いつもと違う髪形が新鮮でした

髪が寝てるベル君も可愛い

ベル『魔石がない!?』

ここにきて判明した厄介な事実

即死させられないただでさえ強いのに厄介!!

また、魔石は魔物の命みたいなもんですが
無くても平気なのか

それとも免疫機構という特殊性ゆえ?

リューさん『クラネルさん…、まさか近接戦闘に持ち込もうというのですか?』

足を負傷し観戦するしかないリューさん

冒頭で回復魔法を使い、魔力を使い切ったんでしょうか

ラムトン戦でも大技使ってますし

ベル『ヴェルフと、カサンドラさんのゴライアスのマフラーがあれば』

ベル『そしてこの神様のナイフがあれば

 僕は戦える

 立ち向かえる!!』

ナイフとマフラーを盾に突き進むベル

対しジャガーノートは意外に器用

クリスタルを砕き、欠片を飛ばして面攻撃をかけてきた!

これでは、防ぐことが難しく
ベルも足を止めた

やはりスピードが速い敵には面制圧攻撃

ベル『跳躍を封じても…、やっぱり速い!!』

ベルは、敵の脚を集中攻撃して跳躍力を封じたらしい

リューさんが、近接戦かと驚いていたのは
脚を狙う動きを見たからか

よくもまあ狙えるもの

しかし尻尾と爪だけでジャガーノートは十分に厄介なのか

リーチも違いますものね

マリィ『ベル……』

まるで「巨人の星」の星明子姉さんのように物陰から見守るマリィ

マリィ、ずっとコイツに怯えてたと思えば

見た目より勇気のある子です

足りない分は勇気で補っている!!

ベル『ここで逃がせば、こいつはリリ達や他の冒険者を襲いに行く!』

『そんなことは絶対にさせない!

 ここで倒す!!』

リューさん『クラネルさん…、あなたはそんなに強く……!!』

第一期以来の格上リューさんが認めてくれた

ジャガーノートに着実にダメージ

核の魔石がない、どうやって倒すのかと思いましたが

痛みは感じているらしく怯んでいます

案外ちゃんと生物なんですね

骨ですけれども

ベル『退いた…!』

ジャガーノートが後ずさった姿に、勝てると確信を深めるベル

トラウマのリューさんと違い前向き

勝つつもりで戦ってる!!

ベルの確信、"あの人達"との差

アステリオスあの人なら退いたりしない

 アイズさんあの人なら、最期まで切り結ぶ!

 だから僕は……!!』

リュー『!? いけないクラネルさん、跳ね返される!!』

ベル『ファイアボルト!!

もちろん敵はファイアボルトを装甲で一旦留め

頭で押し出すようにして反射

尊敬する人との比較モス・ヒュージ戦を彷彿

あの時も難敵でしたが、イグアスより遅く
黒いミノタウロスより弱かった

ベルは「強いと思う人」が明確だから、彼らより弱い奴は怖くないのか

アイズさんに並ぶとかアスさん強いな…

ベル『があああ!!

ベルの狙いは、跳ね返った炎を刀身に吸収させる

跳ね返した直後、反射装甲は一旦解除

その隙を狙う為に反射させたのか

慌てたジャガーノートは後退

ですが後退で隙が出来た

逃げるジャガーノートをマフラーで拘束

ベルは苦労させられた尻尾をマフラーで拘束

後退するジャガーノートに肉薄

これが、アイズさんや黒ミノタウロスなら
後退はしなかった

だけどコイツは逃げて隙が出来る

だから勝てると思えたのか

ベル『聖火の英斬アルゴ・ウェスタ!!

二度目となる必殺剣は作画も相まって美しい!!

尾を引く炎がビームサーベルのよう

マフラーで拘束、直撃

素材のミスリルが、"魔法が伝わりやすいが留めておけない"性質を利用

刀身に伝えた魔力を発散しながら斬る

斬りながら焼く必殺技か

Bパート ジュラの結末

ベル『チャージが足りなかった…!!』

確かに顔面に直撃を喰らわしたはずながら

破壊者、ジャガーノートは健在

今回の聖火英斬は、跳ね返って来た炎をチャージしただけ

本来の、刀身に向かって放つやり方と違い

チャージ効率が悪かったらしい

とはいえ多分、反射装甲の隙を突くには最善手

これが今のベル君の限界か

ベル『今、ここで倒さなきゃ……』

幸いダメ―ジは通ったはず

ですがベルも、カウンターを喰らったのか全身血まみれ

もう戦えず膝をついてしまいます

破片でも浴びたのか

ジュラ、歓喜の雄たけび

ジュラ『やったぜえええ!

 期待してなかったが

 本当にこの化け物の膝を突かせちまうとはなあ!

ジュラ、絵に描いたような漁夫の利

実は首輪の宝珠は、投げると勝手に貼りつく

弱り切ったジャガーノートが餌食に

こんな便利な代物だったのか!!

ジュラ『これでコイツは俺のもんだああ!!

略『さあやれ!

 やっちまえ! てめえはその

しかしジャガーノート、邪魔なジュラを即殺害

彼は洗脳など効かなかった

急にジュラ視点、天地ひっくり返るのが残酷

哀れ胴体から真っ二つに……

単にレベルが違い過ぎて支配できなかった

或いは魔石を持たない為か

ベル『まだ狙ってくる…!!』

あっさり、予想通りに退場した黒幕ジュラ

ですが影響は馬鹿にできませんでした

なんと命令は死後も継続

使い手が死んでも解除できないタイプか

ジャガーノートには効かなかったものの

リューさん『ラムトン!? まだ生きて!?』
ベル『まさか! あのテイマーの命令が!?』

宝珠の色は黄色、ジュラの命令が健在

巨大蛇ラムトンはリューを狙い、ベルくんごと丸呑み

そのまま「階層移動」が発動し
下階へ移動

ジャガーノートから逃げ切れた!?

奇しくもジュラのおかげで、二人共生き延びる事ができたのか

当人が聞いたら泣きそうです

階層移動で消えたラムトン
マリィ『ベルー!?

どころかジャガーノートもラムトンを追い穴へ

なんて執念深い奴!?

ジャガーノートも、宝珠がついたまま
支配完了を示す黄色発光

何かトラブルの前振りなのか?

予知夢、カサンドラの計算違い

カサンドラ『(このまま25階層に居続ければ、厄災から逃れられるはず……)』

リリに27層に行くなと訴えるカサンドラ

まだ25階層にいたの!?

予知では27層でベル以外が全員死亡、25層にいれば勝つる!!

が、相変わらず信じて貰えません

やはり名前由来の呪いか

ヴェルフ『下からか!?』
略『……冗談だろ、おいリリすけ!?』

リリ『ありえません!

 確かに確認しました!!

 アレが生まれるまであと半月は…!?』

いきなり下で揺れが始まった

4期7話曰く、復活に一か月かかるモンスター

前に倒されたのは半月前

あと半月は復活しないはずなんですね

リリもドヤ顔で言ってました

アイシャ『もうそんな常識は通用しないってのか…?』

『さっきの大きな爆発

 そして悲鳴のような奇妙な音

 あたし達が知るダンジョンとは違っちまってる!!』

豪胆なアイシャでさえ、色を失ってしまう異常

迷宮が防衛本能を強めているのか

あのジャガーノートは、大規模破壊時に"原因を取り除く"存在

それが失敗したことで更に狂った?

なりふり構わなくなった?

厄災はまだ終わっていない

リリ『この時期に出現するはずのない

 階層主が生まれ落ちることも……

 ありうる!?』

『早く! 早く逃げてください!!』

桜花『登って来る・・・・・!?』
ヴェルフ『お前ら! 離れろー!!』

本来、27層に出現するはずの階層主が!?

まさかの滝登りをして出現

なるほど25~27層は、巨蒼の滝で繋がってる

さながら、鯉のように登ってきて
津波を起こす階層主

溢れた水は、誰か行方不明にならないか心配になるレベル

引き波が一番怖いんですよね!!

別属性なのか、青と赤の双頭を持つ怪物
リリ『27階層、階層主(モンスターレックス)…!!』
アイシャ『アンフィスバエナ……!!』

4期7話で噂、ゴライアス同様の巨躯を持つ怪物

かの博物誌に記された双頭の蛇

本作は蛇というより、龍を思わせる面構え

語源は「両方向に進める」というギリシア語
頭が二つあるから

アンフィスが「両方」を、バイネインが「行く」を意味しています

PS1のゼノギアスに出てきた奴だ……

カサンドラ『まだ…、終わってはいなかった…』
『心せよ、其は…、惨禍の宴!!』

階層主らしい巨体を、遠近法によって強調

ぶっちゃけジャガーノートより強そう

黒い個体ではありません
4期7話によれば、強さ自体はレベル5級

地形的に戦いにくいだけで、大したことないと言われていましたが

とてもそんな生ぬるく見えませんが…?

Cパート ベル達が迷い込んだ場所

ベル『リューさん…、リューさん!!

 目を、目を開けてください!!』

ややあって天井ぶち抜き階層移動したラムトン

既に絶命していました

ベル達、内側からファイアボルトで焼き脱出

一寸法師じゃあるまいに

とまれおかげでジャガーノートを撒けた様子

あっちは移動は専門じゃないからか

マントの大半が溶けてしまったらしい

リューさんはボロボロ、自力で動けない様子

ラムトンに丸のみにされ、ジャガーノートを振り切ったものの

かなり消化されてしまったか
二人ともボロボロ

片目が開かないベル君がちょっとかっこいい

リューさんもセクシー

ベル『こんな遠吠え、今まで聞いた事が…』

回想のエイナさん『ダンジョンはね? 階層によって壁や地面の色がかなり違うの

 たとえば37階層とかは白濁色で

 ホワイト・パレス

 なんて呼ばれてる』

『第一級冒険者でさえ

 命を落としかねないところだし……

 ベル君が行けるのはず~っと先だろうね♪』

ベル『まさか…

 まさか…!? ホワイト・パレス…!?

 ここは…、深層…!?』

即ちラムトン本来の生息地、同等に強力なのがゴロゴロいる地獄

エイナさんなんてフラグを!?

それも二人、傷付いており
補給のアテもない

次から次へ、過酷(エンドレス)とはぴったり

アイズさん達とでも合流する…?

Ⅳ 新章 迷宮篇は全11話で幕

https://twitter.com/mokibidango/status/1575463812089913345

来期はⅣ 深章 厄災編として再スタート!!

2023年1月5日(木)より

いつも1クールですが、分割2クールだったのか

ここからが長丁場なんですね

原点回帰、ひたすら迷宮に挑む4期

前期で知性を持つモンスター、ゼノスと融和

フェルズ曰く共存に最下層到達が必要

改めて「迷宮攻略」が焦点

街の描写が乏しく紐神様に出番がなく、アイズ様が助けに来る事もない

その分、ベル君自身の活躍が際立ちますね

リリも頑張る4期だった!!

ダンまち4期 10話 感想[腕が飛ぶ!?]厄災の正体 ネタバレ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇

2022年7月 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 感想

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第1話「出発前夜(プレリュード)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第2話「巨蒼の滝(グレート・フォール)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第3話「寄生(ヤドリギ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第4話「水都の少女(マーメイド)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第5話「聖火の英斬(アルゴ・ウェスタ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第6話「白兎の脚(ラビット・フット)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第7話「予知夢(カサンドラ・イリオン)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第8話「混迷(ミラビリス)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第9話「凶兆(ラムトン)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第10話「破壊者(ジャガーノート)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第11話「過酷(エンドレス)【最終回】」