ダンまち4期 8話 感想[リューさんの罪]黒ゴライアス騒動の縁 ネタバレ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇

2022年9月30日

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第8話「混迷(ミラビリス)」感想

公式あらすじより引用

リューの討伐隊は、下層で起きた異変を受け、25階層での見張りと27階層への捜索隊に分割されることに。それに伴ってベル達も、捜索隊に参加するベルと、リヴィラで騒ぎを扇動した冒険者タークを監視するグループに分かれて行動を始める。狙い通り、ターク達は不穏な動きを見せ始め、リリやアイシャは彼らを追う。一方でベルは27階層に響く歌声を聞きつけ、独り捜索隊を離れ、歌声の主──マリィとの再接触を試みる。

ABEMA ANIME 木曜23時配信 翌金曜25時35分より最新話一週間無料

公式サイト公式ツイッター(外部)

予知は更に凶悪に!! リューさん怒りの報復

リューの罪再確認、殺して回ってると強調回!!

でもドワーフは生きてたからミスリード?

ターク達が、リューに罪をなすりつけている
予知の蛇モンスターが暴れまわってる事
リューさんは尋問してただけ?

敵討ちへ、悪党扱いを厭わないリューさん

潔いものの冤罪まで被せられてる?

モブのアマゾネスも可愛い

彼女達以下、ゴライアス戦で得た信頼が活きてるんですね

リューさんもあの件で許される流れ?

暗躍する蛇が「アンフィスバエナ」?

前回曰く、当分復活しないという階層ボス

完全にフラグだアレ!!

名前は伝説上の双頭の蛇

黒ゴライアスみたいな変異ボスなのかね

一期で黒ゴライアスが誕生した訳

迷宮内に神が入った為、敵意を滾らせ誕生

4期1話、迷宮最下層の話とも繋がってるのでしょうか

前回ヘスティア様に手紙で頼む場面も

また神絡みなのかね?

冒頭 予知夢の更なる詳細

リスは肉の花を咲かす

槌は砕かれる

異邦の武者は命を弄ばれる

血濡れの娼婦は 狐の形見を持ち去るものの

数多の爪牙に辱められ 弔われる

友は悲しみを残す

改めてベル以外みな惨死を遂げたと強調

のっけからリリが無惨

気になるのは既に死んでる春姫殿の"形見を持ち去る"

基本、実現しない予知でしょうけれど

どの程度が現実化するんでしょ

カサンドラ『(誰も死なせたくない…)』

前回冒頭の予知夢を繰り返し、深掘りするカサンドラ

こんな無惨ならそりゃ行くなと言いますわ

ですが不自然なまでに信じて貰えない

名前通り信じて貰えない呪い?

カサンドラ『(大丈夫、27階層に行かなければ予言が示す惨劇はきっと避けられる)』
略『何がベルあの人を待ってるんだろう…』

そう思い、敢えてパーティーを分割して貰った

結果的に戦力が分散されてるのが痛い

また確か2話曰く、25層~27層は滝で繋がっているんですよね

滝、もしくは穴で直行する流れ?

Aパート 半魚人(マーマン)だ!!

ボールス『リーダーを仕留めろ! 色が違う奴だ!!』

25層以下は“下層"、選抜メンバーだけで進行中

色違いが強いのは定番!!

今後、色違いモンスターと遭遇する布石

にしても、人魚のマリィと比べ
半魚人の怪物的な事

ゼノス版ならいい感じになるんでしょうけれど

ベル『ライトクオーツ!?』

続いてはその名の通り水晶

壁に引っ付いた黒水晶がレーザー撃ってくる怪物!!

なんとまあハイカラな

ボールス『レーザーが途切れて、チャージに入ったら攻撃するぞ!』
『ってオイ?! 白兎の脚ラビット・フット!?』

ベルはレーザーの雨を掻い潜りマフラー一閃!!

リーチが長いので複数体を一発撃破

さすがスピード自慢のベル君
先日、下層最速と戦った時みたいでした

セオリー完全無視ですわ

ベル『(このマフラー、防御だけじゃなくて攻撃にも使える…!!)』

前回戦場で仕立てて貰ったゴライアスマフラー

普段は短刀で、リーチが短いベルくんにとって
鞭のように使えるサブ武器なのか

犯罪者の無力化に役立つ?

ボールス『なんか強くなったな…』

略『めんどくせえのは全部テメーに任せた!!』

おおベテランに信頼を得た

思ったらこのひどい扱いである

まあボールスさんらしいですが

『あ! レアドロップが出たら山分けだからな♪』
ベル『(あれ…? もしかして便利屋扱いされてる…?)』

もしかしなくても間違いない

やっぱりリリがいないとこんなもんですよ

交渉役ー!! 早く来てくれー!!

笑顔で酷いなオッサン!!

獣人兄『すげえ強くなったんだなベル・クラネル!』

声をかけてきたのは1期黒ゴライアス戦経験者

獣人兄・弟とアマゾネス

僅か数か月でベルは驚くほど強くなった

劇的ビフォーアフターですね

当時も十分強かったですが!!

アマゾネス『頼りにさせて貰うぞ! 白兎の脚ラビット・フット!!』

特にアマゾネスの子は、何かと男臭い今回
現場ヒロイン的ポジション!
距離感が近い!!

皆、若いながら下層で戦える実力者

揃って名前がなくモブキャラ扱いらしい

こんなに可愛いのに…

アマゾネス『相手はたった一人で、ファミリアを一つ全滅させちまった化け物だぞ?』

ベル『でも、それって理由があったんですよね?』
獣人弟『まあな、疾風のいたアストレア・ファミリアを嵌め殺された敵討ちさ』
獣人兄『相手のファミリアは"イヴィルズ"の一派で、ひっでー奴らだったし、気持ちはわからなくもない』
アマゾネス『けど、そのファミリアに関わりがある奴根こそぎやっちまったんだぞ!』

ひとまず休憩し、捜索計画を練り直す空き時間

リューさんの罪が周知されてると再確認

1期で言ってた通り、所属ファミリアの復讐

そこまでは同情の余地があるとしつつ
その後がいけなかったと

ベル君達ならミアハ一家、下手すると酒場なども全部根こそぎか

撫で切りぞ!! 根切りぞ!!

その後、行き倒れてシルに救われた

リュー自身、死んでもいいと思っていた様子

ブラックリスト自体は冤罪でもないのね

実際はお人好しなくらいですが

毎回助けに来てましたし

獣人弟『27階層まで降りてる奴らを全部合わせりゃ負けねえ!』

丁寧にフラグを立てる獣人

前回も言ってましたが大所帯

ですが25層に多くを残し、27層でも分割してしまうのか

手分けするのは捜索の基本ですが

ボールス『ここからはまたパーティーを分ける!』
略『疾風を見つけたら"大空洞"まで追い詰めろ!!!』

効率化へおそらく三つにパーティーを分割

もちろんベル君はボールス隊!

すっかり頼られちゃって!!

あくまで「追いつめる」為の分隊なんですね

ベル『(皆より先にリューさんを見つけなきゃ…)』

ベル君も作戦上、離脱する前提で動いています

ボールス隊はさっきの三人+ベル君で5人

なんだかどんどん危険な状態に

ボールス『この階層でこんな大穴見た事ねえぞ!?』

ボールス隊、天井に大穴を発見

前回の地響きはこれ?

ですがダンジョンは自動修復する為、穴がそのままなら「開いて間もない」らしい

予知夢の何かが暴れた痕なのか

ボールス『普通ならとっとと逃げ出すところだが…、8000万ヴァリスだしなあ』

8000万じゃしかたないですよね

1期序盤、駆け出しベルがリリと2万の収入を得て大喜びしてました

対し8000万ですよ8000万

リューさん3人で借金完済できますわ

『おい! なんか聴こえるぞ!!』『歌…?』
ベル『僕、見てきます!』

マリィの歌が聞こえ、ベル君は離脱

彼女を見られたら厄介だから仕方ない!!

ゼノスは極秘、また売り飛ばされかねません

でもボールス隊が気の毒!!

『おい待てー!!』

下層27層でいきなりレベル4が欠けた!!

正直これはかなり怖そう

もっとも仮に全員レベル3なら、ルヴィスさん達の隊と同レベル

リリ『あまり視線を送っていると気付かれてしまいますよ』

前回、リューの仕業だ!と主張した狼男ターク

オオカミ少年ならぬ狼男

聞き込みしたリリ曰く、三年前から18階層の街リヴィラに居ついてるそうな

意外に結構ちゃんとした住人なのね

『ステイタスは?』『レベル2』
略『リヴィラの住民として、一定の信用があるって事か』

日頃、二級冒険者隊にくっついて下層探索もよくやっているとの事

ただあまりにリューさんの仇っぽい

神のいる地上でなく迷宮内の都市に居つき、いかにも犯罪者な風体

でもそこはボールスさん達も似たようなものか

ヴェルフ『ベルはああ言ってたが…』

前回、アイシャが残る要因となった頼み事

ベルがタークを見張って欲しいと頼んだ

元々アイシャは死ぬと予知され、カサンドラは行くのを止めたかった

そこでの絶好の頼み事がコレか

桜花『なにか企んでいるのか…?』

余談ですが桜花さんめっちゃハーレム状態

千草に命、アイシャに囲まれてます

女性比率が高い!

アイシャ『じゃあ襲うか』
ダフネ『うわぁ~…、アマゾネス的思考』

実際、2期でベル君を襲ったしね!!

迷宮内は恰好の犯罪の場

さすが女戦士一族は考える事が物騒

拉致はお手の物ですわ

命『周りの人たちの反感も買うでしょうし…』
アイシャ『洞窟の中に引っ張りこんで、食ってやるんだよ』

襲ったらダメなら性的に食おうという発想

さすが娼婦のお姉さん!!

実際野営中はヒマなので、"営業"するなら不自然じゃないんでしょうか

迷宮内なのでめっちゃ声が響きそう

戦国時代みたいな発想

春姫『ダメでございますー!?』

相変わらず純情可憐ですねこの元娼婦!

皆が庇ってくれて生娘ですが

当人まだ知らないのかしら

ターク『おい! 俺達も行こうぜ!!』

略『死んだジャンの為に、この手で疾風をブッ殺してやりてえんだよ!!』

不自然なまでに仲間思いなタークが始動

まあ不自然!

ボールスの我が身大事な姿勢と比べ、違和感全開ですわ

これでホントに仲間想いならびっくり

ターク達は、27層を探索しようと主張

彼はレベル2なので残留となりました

ですが行こう行こうと逸ります

リューさんが殺してないなら、ジャンを殺ったのはコイツなんでしょうか

本来高レベルだけど隠してるのか?

『俺はタークについて行く!』

言った男は、キャスト「タークの仲間」

ルパン三世みたいな顔立ちの冒険者

前回「マントで顔を隠した奴が逃げてった」と発言した

あれは虚言なのかね

ベル『どうしたの!? 他の人もいるのに危ない真似をして!!』

『マリィ? …落ち着いてマリィ、何かあったの?』

マリィ『ここ、居ちゃいけないもの、いる』
略『解らない、いつから居たのか、どこにいたのか…、わからない』
『私、知らないもの……』

やっぱり歌うのは危険行為だった

さっきの大穴を開けた奴だと推測するベル

マリィは知らない、解らないながら怯えますが
モンスターの直感なんですかね

同じ迷宮から生まれたものの直感?

でも仮に階層ボスの類なら

出現位置は決まってるはずなのに妙な話

ベル『エルフの女に人を見なかった?』
略『木刀を持ってて、フードをしていて…』

顔をあげるマリィの構図がえっちでした

そういや彼女、エルフと言われても解らない

ベルは耳が長い事などを説明、お馴染みの武器は杖じゃなく木刀なんですね

不殺を心がけてる証なのかしら

ナイフは普通に持ってますし

ベル『どこで見たの? 教えてマリィ!』
マリィ『でも………』

妙に説明するのを渋ったマリィ

特に何故かは言及されず

よっぽど殺気を放ってたんでしょうか

ベルが頼むので無事案内へ

迷宮内で動き出す"六眼の爬虫類"

効果音が鳴き声っぽいし蛇なんですかね

27層の階層ボス「アンフィスバエナ」は、元ネタ通りなら二つの頭を持つ

伝承ではプリニウス曰く
毒を吐くのに一つの頭では足りないから

どんだけ毒を吐きたいのか

現代では「尻尾も頭になっているドラゴン」という図式に落ち着いてるそうな

ゼノギアスも同名ギアがいましたね

Bパート まさに尋問の真っ最中

リュー『…どうしてここにいる!!

ドワーフを足蹴に、両手両足の腱を切断

例の犠牲者ジャンと同じ状態

ただし死んではいません

例のジャンも、こうやって尋問したんですかね

リュー『どうして…、あなたがここに…』

二度目はすごく小声でした

あなたには見られたくなかった的な小声

ベル君は夢いっぱいの子ですし、こういうのは見せたくなかったんでしょうか

すっかり汚れてしまった人らしい声音

リュー『あなたは何も知らなくていい、関わるな』
ベル『何を…、何をしているんですか?!』

リュー、ベルに何も言わず帰れと怒鳴ると
ドワーフの懐の物を奪って奥へ

まんま強盗そのもの

メタ的に「彼女が犯人」とミスリードする絵作りでしょうか

ですがドワーフは死んでません

リュー『こんな奴ら、化け物どものエサになればいい…!!』

どこか1期のリリ編を彷彿の状況

地上と違い、置き去りにすれば死ぬので殺意バリバリですね

ドワーフは見た目には男前なんですが

彼もイヴィルズ関係者?

ターク『……どこまでついてくる気だ』

アイシャ『疾風を探すなら、固まって動いた方がいいだろう?』

ターク達の一行に引っ付いて行くヴェルフ達

ターク一行、邪魔だと言わんばかり

あからさまな怪しさ

有名人のアイシャさんがいると、舐められなくて助かりますね

基本的に低ランク集団ですから

カサンドラ『(私は…、ベルさんに夢の事を話すべきだったのかな……)』
略『(でも、疾風こそが全ての元凶だとしたら…)』
『(殺人も厄災を呼ぶのも彼女の仕業だとしたら…)』
回想のベル『僕はリューさんを信じます!』
カサンドラ『あの人は、信じていた人に裏切られる……!!』

まさにそんな状況に陥ってるとは露知らず

気遣って話さなかったのか

これからあなたは裏切られるよ、と面と向かって言えなかったんでしょうか

特にベル君は純粋ですし

ベル『…リューさんが、この人を…?!』

茫然自失、震え出して傷薬を落とすベル

知り合いが殺人を犯したと思い、打ちのめされるベル君

ドワーフは死んでませんし
ジャンは、"致命傷は別の傷"だと調査

それでも目の前に傷付いた人がいると、さすがにショックだったか

ドワーフもほっといたら死にますし

遠くで爆発音
ベル『来ちゃ駄目だ!
マリィ『ばかー!!!

馬鹿の言い方がかわいい!

爆発音に気付き、ベルはドワーフを背負うとマリィを残してそちらの方向へ

巻き込みたくないにしても不満だ!!

マリィが珍しく怒ってた!!

ボールス『どこもかしこもブッ壊れてやがる!』

『何をやったらこうなるんだ!?』

捜索隊が見つけたのは別のパーティー

合流したベルは、全部リューさんの犯行かとショック

さっき凄惨な現場を見ただけに仕方ない

ですが大規模な破壊の痕跡

本当にリューさん?

『ボールス! 生存者だ!! 意識がある!!』

曰くリューさんに魔法をブチこまれたと語る獣人

右腕と左耳を失い恐慌状態

確かに攻撃魔法をぶち込み、増援に気付いて逃げたなら納得の状況

傷がバラけてるのは瓦礫を浴びたから?

完全に通り魔

獣人『目の前が光って…、真っ白になって…!!』
略『触るな!!』

手当しようと触れようとしたら激しく拒絶

皆、怯えているのだと解釈

ホントにそれだけ?

治療を拒むのは違和感を感じます

ボールス『おい…、てめえまさかジュラ・ハルマーか?』
ベル『知ってるんですかボールスさん!?』

知っているのか雷電!

曰くイヴィルスの一味ルドラ・ファミリア

リューさんの仇の一人

前回回想でリューさんが見かけ、激発させたのは彼だったんですね

もちろんその時は左耳はありました

ボールス『全員始末されたはずだったが…、生きてやがったのか』

ジュラ『そ、そうだ! 俺だけが生き残った!!』

幸か不幸か賞金首なので、保護しようと結論

さすがボールスさんがめつい!!

曰くジュラは、壊滅以降ずっと悪さしていないと主張

また当時、リューは関係者まで殺した為
今回も同じケースだと推測

やっぱり前科があると疑われてしまいますね

ゼンカモンですよ

絶望的な気分で後ずさったベル

際し、割れた赤い宝玉のような物を拾う事に

あの六つ目の蛇っぽい奴の目?

また3期終盤のベル達は、青い宝石を通信手段として使用していました

これもその類?

探索隊『し、疾風だー!!

ジュラを狙い、リューさんが襲来!!

でもタイミングが奇妙

執念深い性格上、ジュラを見逃したのは

捜索隊を警戒して逃げたなら、集合してる今再び襲ってくるのは妙

今ようやく見つけたって風に見えます

ボールス『勢いさえ殺せば数の差でタコ殴りだー!!』

それが理屈ですが、リューがあまりに速すぎる
捜索隊は各個で撃破されてしまい
集団戦に持ち込めません

スピードはパワー!!

ボールス『てめえまさか、あの時の?!』

ボールス、1期ゴライアス戦でのエルフと理解

リューさん大暴れしてましたもんね!!

前回タークはそこに気付いてないのが妙でした

タークは、三年くらい居るそうですし
ゴライアス戦参加を主張

単に実は参戦してなかったのか

或いは別人と入れ替わった?

ベル『待って! 待ってください!!』

リューさん『……邪魔だ……』
ボールス『追えー!! 白兎の脚ラビット・フットーー!!』
回想のリューさん『敵のファミリアを壊滅させたのです』
『仲間達の仇を討つために、手段を厭わず、激情に駆られるままに…』

改めてリューさんが敵討ち中と思い込むベル

事実ジュラを殺そうとしてるのは間違いない

前回曰く、人造迷宮クノッソス調査中
たまたまジュラを目撃

あそこは3期、イケロスファミリアが非合法活動に使っていた場所

ジュラ"達"も悪さをしてたのか?

リュー『私の唯一の過ちは』
『ジュラ、お前を完全に仕留められなかった事』
『ロクに確かめもせず、討ち取ったと思い込んでいた驕りは悔やんでも悔やみきれない!』
『あの時、確実に殺しておくべきだった……』

完全に殺る気、復讐に狂っていると描き次回へ

実際は思ったより理性的なパターン?

敵の生き残りがジュラだけなら、ターク達は果たして何なのか

人造迷宮クノッソスがらみなら
新たな犯罪者集団?

隠蔽へ、ジュラやジャンの口封じと「罪をリューに着せる」狙いなんでしょうか

クノッソスって便利な場所だから?

余談。人造迷宮クノッソス

4期6話、神々の雑談場でも話題に上ったイケロス・ファミリアの拠点

彼らは知恵を持つモンスターを売って荒稼ぎ

地上と冒険者の街がある18層に出入り口

鍵がないと出入りできないので、犯罪にはもってこいの場所でした

他の悪党も拠点にしてたのかね?

余談。リューさんの恰好

今回、凄んでるシーンもセクシーだったリュー

あれブルマなんですね

ABEMAで1期のOVAが無料開放、ヴェルフが誘惑されまくってましたわ

あれはただのブルマだ、ブルマなのだと…!!

ヘファイストス様がとんだとばっちり

ダンまち4期 9話 感想[真相と深層]リューさん騒動の真相とは ネタバレ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇

ダンまち4期 7話 感想[母の嘆きが災禍を呼ぶ]カサンドラ奮闘!! ネタバレ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇

2022年7月 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 感想

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第1話「出発前夜(プレリュード)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第2話「巨蒼の滝(グレート・フォール)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第3話「寄生(ヤドリギ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第4話「水都の少女(マーメイド)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第5話「聖火の英斬(アルゴ・ウェスタ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第6話「白兎の脚(ラビット・フット)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第7話「予知夢(カサンドラ・イリオン)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第8話「混迷(ミラビリス)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第9話「凶兆(ラムトン)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第10話「破壊者(ジャガーノート)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第11話「過酷(エンドレス【最終回】」