ダンまち4期 9話 感想[真相と深層]リューさん騒動の真相とは ネタバレ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇

2022年9月30日

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第9話「凶兆(ラムトン)」感想

公式あらすじより引用

過去の仇を追い詰める復讐鬼──そんなリューの姿を目の当たりにしたベル。しかし、それでもリューに冒険者殺害の真相を問いただし『やっていない』という言葉を引き出すに至る。すべてはジュラやタークがリューを貶め、殺害するために仕組んだ謀略……本性を現したジュラは強硬策へと舵を切り、調教されたモンスターを呼び出す。それは、下層にいるはずのない──深層に生息するモンスター、ラムトンだった……

ABEMA ANIME 木曜23時配信 翌金曜25時35分より最新話一週間無料

公式サイト公式ツイッター(外部)

明かされた殺人事件真相、主犯と厄災

敵の策、ダンジョンに錯覚させるとは面白い!!

迷宮を傷つけ、防衛機構を作動させたのか

昔、リューさんがいた強力なパーティーが敗れたのも
防衛機構、1期の黒ゴライアスのような
規格外が要因か!!

敵の策は過去を再現しリューさんを嵌め殺す事

確実かつ皮肉が効いたやり口ですわ

それがカサンドラさんが予知した災厄か

思えば4期2話が前振り?

当時、ベルが迷宮を意図的に傷つける事
モンスター出現を削ぐ策を実行

迷宮は傷付くと修復に集中、では「思いっきり壊す」とどうなるか?

それが今回の敵の策なんですな

迷宮ってつくづく生きものめいたもんなのね

母神そのものだったりするのか?

パーティvs深層のモンスター

蛇怪・アンフィスバエナを前振りしてましたが

敵の切り札その1は「深層に住む蛇」

蛇違いかよ!!

期せず深層の怪物と激突、下層と桁違いですね

あんなバケモン揃いとは深層って怖い

それさえ「敗ける道理はない」と言い放ったリューさんをも慌てさせる厄災とは…?

冒頭 心せよ、其は惨禍の宴

リリ達の「末路」を描いた前回に続き、今回はリューさんとベルの予知を描写

バラ撒かれる魔石(?)と重傷を負うリュー

死亡、右腕を切断された桜花…?

ベルだけは生存している為、カサンドラさんは彼だけ行かせました

魔石みたいなのが散ってるのは何なのか

Aパート リューさんの過ち

リュー『私の唯一の過ちは。ジュラ、お前を完全に仕留められなかった事』

討伐隊を全員抜け、仇を追いつめたリューさん

唯一追いすがったベルは彼女と対峙

にしても、地形をも変える魔法を使うとは

リューさんってやはり格が違う

Lv4トップ級は伊達じゃない

ジュラの腕、耳を切り落としたのはリュー
ベル『教えてください! リヴィラの街の住人を殺したのはあなたですか!!』
リュー『問答に付き合っている暇はない!!』

実際、腕を切ったのは私だとか言われるとちょっとゾッとします

またリューさんは対話を拒絶

そこは話せば誤解が解けると思ってしまうも

リューさん完全にキレていらっしゃる

この件はマジ地雷ですわ

ベル『殺したのは! あなたなんですか!?

リュー『私ではない!!

ところがこの一点に応じた事で風向きが変化

ベル君、迷わずリューさん側へ!?

既に物証を掴んでたのか

前回、全滅したジュラのパーティーの傍で拾った半欠けの石

あれは「火炎石」

要はダイナマイトだったらしい

ベル『リューさんは殺してないって言った』
『僕はそれを信じる』

何より場を変えたのはベル君の断言

ジュラは凍り付き、リューさんは目を見開く

リューさん信じて貰えると思ってなかった

それもキレてた一因だったのか

ベル『強力な火力を持つドロップアイテム』
略『爆発、本当はあなたが起こしたんじゃないですか?』
『それにその傷』
『古傷なんじゃありませんか?』

この一言でジュラは観念

なるほど古傷、そういえば腕を失ったにしては血が出てなかった

てっきり既に自力で応急処置した為かと

だから前回、治療を拒んだのか

血まみれなのは偽装か!!

余談ですが、前々回の回想では

描写上、右腕が隠れて見えてませんでした

あれも前振りだったのね

元気そうだったのに隻眼だったとは

ベル『昔、疾風にやられた……』

確かにリューさんが斬ったけど、それは昔の話だったと

さっき「私がやった」ってそういう…

リューさん紛らわしい!!

ジュラ『バレちまったなあ~!!
『リヴィラの連中もテメーもまったく使えねえ!!』

本性を表し、回復薬を使うジュラ

投げ砕かれた瓶の作画が異様に印象的

これまで怯えていた彼が

今、粗暴な本性を現したと感じる演出でした

ですが彼が「被害者」に見えたのは、隻腕なのが大きな理由

片腕でどうするつもりなのかと思ったも?

リューさん『頭に血が上るあまり思慮に欠けていた』
『…愚かな私を信じてくれてありがとう、クラネルさん』

互いに謝り、改めてベルを"頼る"リューさん

単身でやってきた彼女が大転換でした

実際、思慮に欠けてたと思いますが
律儀な謝り方ですわ

登場当初から思ってましたが真面目!!

ジュラ『忘れたのかリオン?』

俺はテイマーだぜ!!

言って鞭を振り下ろすと、巨大な岩が落下

なるほどそれなら隻腕でも平気

それに人造迷宮クノッソスにいたのも納得です

あそこは、理性を持つモンスターを捕らえ
闇取引してた場所

他に普通の魔物も捕らえていたらしい

フェルズ、人造迷宮クノッソス調査中
フェルズ『ウラノス、あなたの読み通り』
『モンスターの保管庫を発見した…』

3期で敵対、壊滅したイケロス・ファミリア拠点人造迷宮クノッソス

彼らは、他の悪徳ギルドともツルんでおり
何か「実験してた」との事

ツルんでた一人がジュラだったと

フェルズ『まさか…、深層のモンスターまで捕獲していたとは…!!』

ひときわ大きな牢が二つ、捻じ曲げて空っぽに

脱走したのかと思いきや

今期ベル君たちが挑んだのは25層以下の下層

ワンランク上はこんなのがいるのか

外伝を思い出しますね

下層、ターク達を追っていたリリ達
ヴェルフ『なるほど? 怪しいのは一人じゃなくて』
桜花『全員がクロだったのか…』

前回、リューを探す為だと動きだしたターク

やはりというか、パーティー全員が共犯者

街でジャンが殺された際
リューを見た、と主張したのは彼らか

共犯者が思ったより多い

ターク『殺す! ジュラの計画の為になあ!!』
カサンドラ『……!?』

言ってタークも鞭を振るい、ジュラと両方に「蛇」が出現

前回意味ありげに出て奴だ!!

実は二匹いたんですね

あの蛇、アンフィスバエナじゃなかったのか

蛇二匹なら似たようなもんですが

ベル『あの穴は、このモンスターが…!!』

前回、迷宮に開いてたドでかい

まさか蛇が通った後だったとは…

蛇は冬眠する為、穴掘りは得意なんですね

実際、地中を掘削する蛇型ロボットカリフォルニア大学サンタバーバラ校(UC Santa Barbara)とジョージア工科大学(GT)の共同研究で開発されたとの事

リューさん『ラムトン…!!』

『あれは地中に潜って階層を行き来する、超大型級…?!』
『本来の生息域は深層です』

サブタイはまんま、敵の切り札を指してたのか

元ネタはイギリス竜伝承「ラムトンのワーム」で、ラムトン家に災いをもたらした怪物

偶然ワームを釣り、怖くて井戸に捨てた結果
災いをもたらした伝承

その名も「竜の井戸」ワームウェル

皆! ワームを井戸に捨てたらいけないぞ!!

ちなみに現在は観光名所だとか

アイシャ『考えてる場合か!! ズラかるよ!!』

二面並行で深層のモンスターに仰天する面々

特にアイシャ一行は軒並みLv2以下

唯一レベル3が命ですっけ

あまりに無理ゲー!!

ジュラ『ハッハハ! クノッソスから連れてきたんだよォ!!』
略『やれ!! ラムトン!!!』

クノッソスは地上と18層に入り口がある為、後は自力移動させてきたらしい

そりゃ迷宮内に音が響く訳ですわ

普通なら穴が残りますが
本作の迷宮は、穴など"傷"を自動修復

なので気付かれにくいのね

ヴェルフ『こんなの突っ込まれるだけで?!』
桜花『全滅するぞ!?』

今回やたら台詞を分け合う男性コンビ

君らワンセット化してない?!

ラムトンは超大型級、移動するだけで天井が崩落し通路がめちゃくちゃに!!

移動するだけで全滅させそう!!

深層怖ァ!!

カサンドラ『私は何か間違えてしまったの…!?』

予知では27層でパーティーが全滅する

なのにこのままでは25層で全滅…?

予知を疑うカサンドラ

果たしてこの怪物が「災厄」なのか

アイシャ『ちびすけ! “畑"を探しな!!』
リリ『畑?! 何の事ですか!?』

指揮官であるリリに、袋小路への誘導を指示

アイシャはラムトンを知ってるらしい

ラムトンに詳しいんだ!!

リューさんもですが、レベル4がパーティーにいてホント良かった

攻略法を知ってるわけですな

アイシャ『横…? いや下だ!!』

下、いや正面か!!

実際ヴェルフ達は、敵の習性を知りません

危うく「地中に潜る」奇襲に遭い、犠牲者がでるところ!

ですが、知っていたアイシャの機転
腕力によって危機を回避

アイシャさん腕力すげえ!

ダフネ『無茶苦茶よこんなの?!』
桜花『深層にはこんなモンスターがゴロゴロいるのか!?』

元々ダフネちゃん達は下層さえ初体験

深層の脅威を体験、迷宮攻略の難度を知る事に

実際、外伝でロキ一家が潜ってた時は
デカい奴がゴロゴロ

それと比べればまだマシな部類か

アイシャ『(ベル・クラネルに頼まれたってのに立つ瀬がないよ!!)』

自分を責めてしまうアイシャさん

彼女がこちらにいるのは、タークを見張るようベルに頼まれたから

ですがこりゃ仕方ないですわ

ターク『急いで作業を終わらせるぞ!!』

また意外だったのは、彼らにとっては「時間稼ぎ」な事

ジュラは冒険者を煽りリューを狙わせました

ですが、ターク達がここに来たのは
リューを倒す為じゃなかった

その「お膳立て」だったのか

ジュラ『飛べ! ラムトン!!

飛びあがり、空中回転して地面を穿つラムトン

ドリルだこれ?!

全身筋肉である蛇ならではのパワー

なワケがない!!

すんごい発想の攻撃してくるな!?

ベル『不味い!? …どこから出てくる!?』

怖いのは、そのまま地面に埋まって姿を消してしまう

次はどこから出てくる?

まるでスーパーマリオみたいですね

命をかけたアクションゲーム

ジュラ『外れだ!!』
ベル『リューさん!!』

狙いはベルではなくリューさんだった!!

全方位を警戒したものの、出てきたのはジュラの後ろ

それも一瞬で間合いを詰めてくる

スピードが並大抵じゃない

ベル・クラネルと仲良くコイツの腹に収まっちまえよォ!!
リューさん『ジュラぁ!!
ジュラ『ひいぃ!?

飛びあがりジュラを狙ったリューさん!!

ですが直撃寸前、ラムトンにカットされてしまいリューさんは派手に転倒

デカいくせにどんだけ俊敏なのか

そのまま着地、護衛に戻るのも隙が無い

直撃喰らってピンピンしてるリューさんも流石

直撃したのに?!

どっちも桁外れてましたわ

ジュラ『これだよ! モンスターを隷属させるマジック・アイテムだ!!』

『クノッソスにいた奴らが作りだした禁断のアイテム』

ジュラがこれほど自在に操れるのは装備の恩恵

モンスターで商売する為の道具か

曰くこれならどんなモンスターも操れる

なんだか、いかにも調子に乗って自滅しそうなアイテムですね

鞭と魔物側の宝珠でワンセット

ジュラ『見ろよこの手! ブルっちまってる!!』
略『俺たちのファミリアを襲撃したてめえの!』
『血の海で暴れまわる姿がよォ~、いまだに瞼の裏から離れねえ!!』

さっき異様に怯えるさまを見せたジュラ

前回怯えてたのも含め、リューさんがトラウマになっているんですね

いやどんだけ殺ったのリューさん

だからジュラは復讐したいのか

仲間意識とかそんなもんじゃない

ジュラ自身の為の復讐!!

Bパート 着きました!! 畑です!!!

何かと思ったら、本作用語でクリスタルが密集した場所らしい

畑のようにクリスタルが生えてる場所?

何かのMMO用語が元ネタ

ここなら、敵の攻撃方向を制限できるって事らしい

背景作画が大変ですなこりゃ

アイシャ『春姫! レベルブーストだ!!』
略『前衛のレベルを上げろ!!』

テキパキ指示を飛ばすアイシャさん

敢えてブーストは「二人分」だけ

今回肝となるのは、"ラムトンの打撃を受け止める"

なので「壁」コンビのみレベル上昇

頑張れ男ども!!

ダフネ『魔剣は!!』
カサンドラ『駄目だ、無駄撃ちになる』
『あいつは魔力の気配を敏感に察知する』

本来なら指揮官はリリの役どころですが

リリには未知な魔物が相手ゆえ、経験者であるアイシャさんが立案

さすが経験豊富なアイシャさん

さすが男性経験も豊富なアイシャさん

すると指揮官はモンスター知識も重要なのね

今後は、ギルドで(ベル君と一緒に)勉強も必要でしょうか

エイナさんどんな顔するかしら

アイシャさん『まず! その"目"を潰す!!』

どうも魔剣を使っても、兆候を感知して避けてしまうらしい

さすが蛇ならではの敏感

リューさんの得意技も決定打になりにくいのか

ピット器官的な奴?

アイシャさん『前の強化種といい、アンタ達と居ると退屈しないで済むよ!』
ヴェルフ『戦闘娼婦バーべラにそんなこと言われるなんて夢に思わなかったぜ』
桜花『ああ心外…、いや光栄なのか』

今回いつにもましてノリぴったりですね桜花達

ホント普通の冒険できない人達ですわ

今期ダンジョン探索メインかと思ったものの

思えば2話の25層からほぼ進めてない

まあベル君は英雄体質トラブルメーカーだから

春姫『ウチデノコヅチ!

とまれアイシャさんの狙い通り推移

畑ならクリスタルが邪魔で、ラムトンは真正面から出現

これはこれで怖い構図ですわ

下層のモンスターとえらい違いだ!!

リューさん『奴の命令パターンとモンスターの動きはもう解った』

正直敗北フラグかと

動きを敢えて単調にし、誘ってるのかと思いましたが

本当にジュラの癖を見切ったらしい

さすがリューさん経験豊富な暗殺者

リューさん『暴れられても後が面倒だ』
略『クラネルさんは援護を』

こちらも経験豊富なリューさんが主導

宝珠を壊しコントロールを奪うより、このまま倒そうという案

動きを見切った今、怪物を自由にしてしまえば
無駄に手間がかかると判断か

ジュラが操ってる今の方が倒しやすい

なんとも皮肉な話

リューさん『潜るそぶりを見せたらあなたの魔法で阻止してください』
略『ラムトンとは一度戦った事がある』
『負ける道理はない』

言い切ったよこの人

深層に挑んだレベル4が持つ自信なのか

また思えば、彼女が在籍したパーティーをも嵌め殺されたのも前振りか

これほど強いのに全滅した要因とは?

的な

リヴィラ殺人事件の真相

ジュラ『リオンが俺を見つけたせいで、何人の人間が死んだと思う?』

苦虫をかみつぶしてから奇妙に笑ったジュラ

多分リューが怯えてないのが不満

そしてそれならそれで、やりようがあると思ったのか

後から思えば"時間稼ぎ"なのね

ジュラ『ジャンが殺されたのは、疾風の討伐隊を作るエサにされたんだろうな~~~~?』

前期でイケロス・ファミリアが壊滅

同盟していたジュラ達は、直通の18層リヴィラに敗走中リューに見つかった

リューはジャンの手足の腱を切って尋問

その後、仲間のハズのターク達がジャンが止めを刺し罪を被せたと

討伐隊を煽ってリューを狙わせた

ベル『ジャンって人は、仲間だったんでしょ!』
ジュラ『そうさ、仲間さ…』
『他にも爆発で子黒焦げになってくれた"仲間"もいたぜェ~?』
略『おかげで討伐隊は気合入ったろう?』
疾風はヤベー奴だって~!!

前回、リューさんが尋問したのも「仲間」

ですが殺しはしなかった

そのまま死ねと思ったし、内心「討伐隊が拾う」と思ったんでしょうか?

前回の死体の山はジュラが殺った

魔法でなく火炎石、討伐隊を煽る為だったと

ヤベー顔してヤベー言うてる!!

リューさん『クラネルさん! 耳を貸さなくていい!!』

ここ、前回&冒頭との逆転が面白いですね

今度はリューさんが止める側

ホントお互い優しい

復讐鬼さんがむしろ止めてはる

深層モンスター・ラムトンvsベル君

リューさん『"今は遠き星の空"!!』
略『"愚かな我が声に応じ、今一度星火の神に。汝を見捨てし者に光の慈悲を"!!』

真っ向から戦うベル君もですがリューさん凄い

暴れまわる蛇を避けながら詠唱

それもひょいひょい避け、尻尾の上を走っていくなど動きが凄い

今期も戦闘作画すっげえ!!

ここ、祈ってる相手は主神なんでしょうか

元アストレアファミリア

詠唱に「せいかの神」とありますが星火か

術自体「星」ですから

アストレアは正義の女神であり、天に輝く星となった「星乙女」の神

元ネタでは、正義を人々に訴え続けて
最後まで地上に残った神

ですが根気強い彼女も遂に呆れて地上を去った

その逸話とリューさんの自責

両方からめた詠唱なのかしら

ジュラ『やべえ! 潜れ!! ラムトン!!』

ジュラの指示は「保身」「いたぶる」のが中心

なので読みやすかったんでしょうか

心底リューさんにブルってる事からも納得

怯えは演技じゃなかったんですね

てっきり誘いの演技かと

ベル『させない!! ファイアボルト!!
リュー『"星屑の光を宿し敵を撃て“!!』
『"ルミナス・ウインド“!!』

文字通り墓穴を掘ってしまったラムトン

地中に隠れる指示、予備動作で隙が出来たのか

ベルの“英雄願望"付きファイアボルトが直撃

それでも健在なのはさすが深層

ですが決定的な隙が生じ、リューさんがトドメ

1期、黒ゴライアス戦といいリューさんの攻撃魔法はやっぱ桁違い!!

ルミナスのウィッチですね!!

アイシャ『前衛踏ん張りな!
あと一つだ!!
男ども『『うおおおおおお!!』』

他方アイシャ一行はパーティーアタックで奮闘

レベルアップした前衛二人のド根性!!

二人とも散々被弾したらしい

地形で進行方向を限定、盾で受け止め続けたんですね

もちろんカサンドラさんが回復し続けた

がんばれ肉壁コンビ!!

千草『必殺必中…!!』
アイシャ『ヘル・カイオス!!』

一つとはラムトンの魔力感知器官

これを矢で全て潰し、無防備になったところでアイシャが大技で締め

文字通り全員野球の戦いでしたわ

たった二人で倒したベル達とはまた違う連携戦

さすが元幹部のアイシャさん

余談。ラムトンの「眼」

元ネタは口両側に九つの孔があるのが特徴

また蛇は、ピット器官と呼ばれる「赤外線感知装置」を有しており

眼に頼らずに獲物を感知します

それら二つを合わせた代物だったらしい

やたら「9」に縁深いのだとか

余談。千草の矢

破魔矢みたいに矢じりがないんですね

今回はじっくり狙って放った千草殿

おかげで初めて気付きました

すんごい精密射撃

ヴェルフ『深層のモンスターに勝った!!』
桜花『やったなぁ…!! こっちはもう満身創痍だが……』
リリ『ドロップアイテム入手です!!』

リリすけがめっちゃ嬉しそうで何よりです

今週道案内しかしてないけど!!

ですがまあ格上モンスターのドロップとかホクホクもんですわ

いやぁなんてでっかい牙でしょうか

リリすけ腕力すげえ

カサンドラさん『(……これが厄災?)』
略『(恐怖が足りない、絶望が足りない、破滅を名乗るには呆気なさすぎる……)』
『違う、これは"厄災"じゃない……』

充分ヤバいモンスターでしたが違った

蛇違いだったのか?

皆で和気あいあいと勝利を祝うのと好対照

リリすけは牙に大喜びしてダフネ師匠に呆れられ、桜花と千草はイチャイチャしヴェルフは労われていた

一仕事やったぜ!って構図でしたわ

ダンジョンの錯覚、真犯人の本命策

ジュラ『……俺は囮だ……』
ターク『よぉし点火だ!!』

あれだけの怪物が、ただの時間稼ぎだったのか

さっき笑って種明かししたのも時間稼ぎ

本命は「火炎石」を点々と撒き、魔剣によって着火・連鎖起爆させる

それがタークの言う「作業」だったのね

ジュラ『巨蒼の滝グレート・フォールで貫かれているこの領域は、一つの階層と同義だ!!』
『ダメージも何もかも共有する!!』
『ダンジョンはそう…、錯覚する!!』
略『そうだよ! 絶望を呼んだんだよ!!』

4期2話曰く、25層~27層は滝で貫かれた

そこを大規模破壊し「錯覚」させた

ダンジョンが大規模破壊されたと錯覚、免疫機構を誤動作させたのか

今回、蛇が穴を掘りまくった程度では
とても作動しないもの

それが「災厄」だったと

リュー『自分が何をしたのか、何をやったのか! 解っているのか!?
ジュラ『お前にやられたこの五年間!!』
『調べてたんだよ俺は!!』

どうも五年前、その免疫機構が全てを滅ぼした

以来ジュラはリューを絶望させ、倒せると踏んで「再現」を図ってきた

当時は偶発的に起こったものを
意図的に、それも弱小な自分達でやれる実験

それが今回フェルズが言ってた「クノッソスの実験」の一つか

敵ながらあっぱれな…

復讐鬼vs復讐鬼だったのか

ジュラ『お前のその奇麗な顔を!!』
『どうやったらグチャグチャに出来るか!!』
『ずっと考えていたんだあ!!』
リュー『きっさまぁ!!

前回どころでない激昂をしたリューさん

ベル君必死で抑え込んでました

もう完全にサスペンスドラマのワンシーン

かつて仲間が全滅した「災厄」を再現、絶望と後悔と無力感を再現して死なせる

まさに一石二鳥なんですね

自分も死ぬだろうけど

リューさん『……一緒だ、あの時と、あれが、また……』
『ああ…、アリーゼ……』
『……逃げて! 逃げなさい!!』

リューに追われ、罪を被せただけじゃない

これはリューさんの復讐ってだけじゃない

元々「ジュラの復讐」だったと

彼女を狙った犯行だから、"厄災をリューが連れて来る"と予言されたのか

迷宮が揺れ、第1期の黒ゴライアス彷彿の演出

同じく「特別製」の降臨か

リューさんの落差

余人ならともかく、ラムトンに「一度戦ってるから負けない」と言い切ったリュー

彼女でさえ怯えてしまう難敵とは果たして?

あんたほどの実力者がそう言うなら…

って状況なんですね

何かと1期終盤を連想させたリューさん編

ボスも同様、迷宮自体の特殊反応によるものか

1期の時は神の侵入に気付き、"自分を閉じ込めてる神々"に迷宮が怒ったのが原因

今期は神関係ないと思ったら!!

迷宮は過度に傷つくと防衛機構が動きだすのか

怒ったり防衛したりまるで生きもの

神々の母ガイアとかなのか?

ダンまち4期 10話 感想[腕が飛ぶ!?]厄災の正体 ネタバレ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇

ダンまち4期 8話 感想[リューさんの罪]黒ゴライアス騒動の縁 ネタバレ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇

2022年7月 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 感想

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第1話「出発前夜(プレリュード)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第2話「巨蒼の滝(グレート・フォール)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第3話「寄生(ヤドリギ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第4話「水都の少女(マーメイド)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第5話「聖火の英斬(アルゴ・ウェスタ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第6話「白兎の脚(ラビット・フット)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第7話「予知夢(カサンドラ・イリオン)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第8話「混迷(ミラビリス)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第9話「凶兆(ラムトン)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第10話「破壊者(ジャガーノート)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第11話「過酷(エンドレス【最終回】」