ダンまち4期 4話 感想[ベル不在という事]ネタバレ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇

2022年9月30日

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第4話「水都の少女マーメイド」感想

 公式あらすじ

 強化種との戦闘のさなか、パーティからはぐれてしまったベルは、滝壺の底でマーメイドの異端児、マリィと出会う。彼女の生き血で全快したベルは、マリィに連れられ一時避難することに。一方で、ベル不在となってしまったリリ達だったが、強化種の被害にあった冒険者達とも合流・連携し、後退しつつ強化種を誘い出す戦術を執る。しかし、ここでも強化種はリリ達の思惑を超えた行動に……

ABEMA ANIME 木曜23時配信 翌金曜25時35分より最新話一週間無料

公式サイト公式ツイッター(外部)

板挟みのベル、挟み撃ちのパーティー

 

第2話、ベルが一行の柱と忠告したアイシャ

ですがベル不在が、かえって一行の底力を見せつけた!!
彼抜きでもやっていけるとは絶賛ですね
ベル君一行ベル君抜き

ベル君おっぱいに眩んでる場合じゃない!!

マリィとの出会いもインパクト抜群
出会い頭に高度なプレイ!!

マーメイドのマリィは「ゼノス」

ご存じ、知恵あるモンスターの一体でしたが
水棲タイプで仲間と同行できず
孤立していたのか

仲間の下に戻りたい、マリィも放っておけない

ベル君らしい板挟み回ですわ

ネトゲあるある怪物進呈パスパレード

モンスターを他冒険者に押し付ける行為

1期で桜花、ヤマト達がベル一行にやった
生死にかかわる迷惑行為!!

今回、モンスターであるモス・ヒュージがリリ達一行へ!?

とことんタチ悪いなあの緑マッチョ!!

冒頭 下層最速を退けたベル君

元々スピードが長所ですが更なる領域

そんなべル、人魚に温かい拍手を頂きましたが
なにぶん人魚はおっぱい全開なので
ベルくん真っ赤!!

高円寺商店街のように純情ですね

両手で真っ赤な顔を抑えたベル

マーメイド、これを敵意だと誤解したのか
咄嗟に水中に隠れてしまいました
当然の警戒

ですがまあベルくん反応が初々しい

無防備に辺りを見回すベル君

ちょっと滑稽な姿に、人魚ちゃんはクスリ

ベル君も振りむき、目が合ってしまいます
互いに「あっ…」とお見合い状態に

お互い、敵意がないと理解へ十分ですね

ベル君かわいい(女神並みの感想)

Aパート ベル君、敵意を感じない

マーメイド『へいき…?』
ベル君『(しゃべった!!)』

ここでようやく、ゼノスと確信したベル君

思ったよりちゃんと警戒してたんですね
見た目にコミカルでしたが

異端児ゼノスとは3期登場の知恵ある魔物達

ベル『あ、ああ…、あなたは異端児ゼノス…、なんですか?』

マーメイドさん、ベルくんに抱き着いた!?

まずゼノスを知っているものは限られており
また、彼に「レイ」の匂いがしたのが
決定的だったらしい

レイさんの残り香つよい!!

負けるなウィーネ!!

『レイはきれいで、リドはかわいくて、グロスは恥ずかしがり屋っ』

レイは、ゼノスのセイレーン
半鳥の女性

同じ歌にまつわるモンスター、ゼノスではレギュラーですね

ウィーネは会った事ないのかしら

ベル『かわいくて…、恥ずかしがり屋?』

リドはお馴染み、赤く情に厚いリザードマン
リドは…、かわいい……だと…?

グロスはガーゴイルで、同胞意識が強く人間に否定的でした

ですが、ベルの名声を回復してやる為
命を捨てようとした義理堅い男

恥ずかしがり屋…、うん、まあ確かに………?

脳裏に浮かべて混乱するベル君

画面にみっちり詰まってましたね!!
まあむさくるしい!!

ですが確かにちょっと可愛い

『わたし、マリィ!』

言動的に精神年齢はちょっと低いらしい
ウィーネと同じくらいかも
あっちは0歳児ですが

目を覚ませ ウィーネのポジションが侵略されてるぞ!!

マリィ『ベル、たべて!!』

ベル『はい?』
マリィ『なめて~! すって~!! なめて~! すって~! はやくー!! もっとー!!
ベル『(ぼ、僕…!?)』
『(他人が見たら、とんでもない事をやってるんじゃあ?!)』

ベル君、上の口に指を突っ込まれる事案が発生

リリすけー!! 早く来てくれー!!

ですがただの特殊プレイではなく「全回復」
即ち、人魚マーメイドの生き血を飲ませ
回復を促したと

どこの業界でもご褒美です!!

言い方かわいい!!

ベル『(回復系のレアアイテムって言われている…?!)』

人魚の肉といえば、不老不死の代名詞
血もレア回復薬なんですね

モス・ヒュージと戦い滝から落下し、下層最速の怪物イグアスの群れに集中砲火

めっちゃダメージですわ
毎度毎度、ベルくん無茶しすぎである

マリィ『ベル、治った。良かった♪』

マリィが、間接ディープキスしそうだった
ベル君、慌ててて彼女の手を水中へ
指がヒリヒリするそうな

自分は痛いとは難儀

ちなみに口に突っ込んだ際は

マリィ、表情は必死そのものでした
この人は傷だらけだ!!

身を案じてやってくれたんですね

すごく性的でしたけど

マリィ『ここはいや! あっちいこう!!』

仲間とはぐれ、途方に暮れていたベル君
仲間が心配だし自分も心細いし
困った状況ですね

マリィを追っていいか少し迷った様子

本隊は、負傷パーティー二つと同道中

雷の魔剣で敵を駆逐する鍛冶師ヴェルフ

特に彼の作った魔剣なら別格か

ですが元大手幹部アイシャ、剣技だけで敵一掃
やっぱりレベル4は格が違いますね
なお初期アイズさんがLv5

前回で全員レベル3のエルフ、ドワーフ各4人組を抱え込んだ一行

本当は強いのに足手まといで不憫

宿木で負傷してるのにエルフルヴィスを運ぶドワーフドルムル

おかげでカサンドラさん達の負担が減り
感謝されたドルムル

まあどわあふったら照れちゃって!!

エイナさんに教えたいですね!!

行方不明の冒険者達は、28層セーフティポイントで発見

ですが殺されていた!!

セーフティとは18層、冒険者の街リヴィラなどの安全地帯
本来、そこまで逃げれば安全なはずが
強化種に待ち伏せされた

1期ラストの怪物のように、入れない訳ではないとはいえ

よもやよもやの奇襲を受けたのか

ドルムル『しかも…、死体は岩で隠されておった』

いやどんだけ常識外れなんだよ定期

まるで冒険者ですが、単に「強化種」であるらしい
ドルムル達はあらゆる攻撃が通じず
やがて宿木に敗北

際しとっておきの「雷の魔剣」も効かず

先の威力を思えば驚異的ですね

ダフネ『明らかに有効だったのは、ベル・クラネルの魔法だけだね』

すなわち炎属性。「炎の魔剣」が切り札!!

しかもヴェルフが作った強力な逸品

ですが本作の魔剣は、使うと壊れてしまう
決戦まで温存できるかが問題

ましてや今は主力ベルがいませんし

アイシャ『いざとなれば春姫のレベルブーストもある』

その名の通りレベルを一時上昇させる希少能力

ベルやアイシャがLv4で敬意を集めてるように
レベル補正の恩恵は絶大!
まさに切り札

切り札だけに使いどころが問題になる様子

リリ『あのモンスターは、何をしてくるか読めませんから』

言った傍からモス・ヒュージの新たな

隠してた死体の山から、どうもマントを回収
その後ブルークラブと接触しました

マントを何に使ったのかは不明

今回のどこかか次回か

第一話ラスト、人間を運んでいた理由

冒険者の死体を隠す為だったんですね

効率よく魔石を食い強くなる為、魔石を持つ冒険者を襲撃
倒した冒険者はそこかしこに隠して
発覚を防いでいると

結果ベルくん達が酷い目にあった訳か

丸出しのマリィに困ってしまうベル

察したマリィ、貝殻で胸を隠してくれました

良かったおっぱいは隠された

またマリィは、"さん付け"を理解できず
ベルは彼女を呼び捨てする羽目に
距離が近い!!

距離感が侵略されてるぞ!!

エイナさんとか未だに「さん」なのに

マリィが「水都」にいる理由

サブタイ水都とは、25層あたりの呼び名

現在ゼノス本隊は、上層へ移動しており
マリィは水棲モンスターである為
お留守番中

皆と一緒に歩けないって辛いですね…

孤独な人魚、板挟みとなるベル

マリィが懐いたのは孤独さもあってなのか

のみならず彼女は、モス・ヒュージも目撃
自分達が行けば殺されると怯え
共に行ってくれません

仲間に合流し助けたい、でもマリィも放っておけない

ベルくん板挟みですね……

アイシャ『……妙だね? 妙に騒がしい』

原因はあちこちから大量出現したモンスター!!
リリ達本隊はモンスターに囲まれ
脱出困難へ

さっきモス・ヒュージは、青ガニ達を「追いたてた」のか!?

マントは特に使っている描写なし

アイシャ『ふざけるなよ…?!』
『モンスターが怪物進呈パス・パレードを仕掛けるなんて?!』

自分を狙うモンスターを、他人に押し付ける迷惑行為!!

いわゆるMonster Player KillMPK?!

中でも今回は、モンスターを意図的に集め
追い立てた上で押し付けるという
最悪なMPK

ご無体な!! モンスターがモンスター・プレイヤー・キルをやらかすとは!!

特に第1期は、リリがベルに押し付けたり
桜花達がベル達に押し付けたり

それで恨んだり印象深い奴ですね

Bパート『ベル、やられない?』

強化種に自分とベル、どちらが襲われるのも

マリィは、ベルを行かせまいとするのですが
ベルは「僕がやっつける」と請け合い
共に行くことに

自分達が死ぬ事もですが、ゼノス達と共に行けない「留守番」の寂しさか

リリが見たら悶絶しそうな距離感

ベル『人魚マーメイドの歌声……』
『まさか!? 他のモンスターまで魅了するなんて?!』

マリィは「知性」のない他の魔物を魅了し
歌を通じて情報をやり取り
ルートを開拓へ

急に歌うからびっくりだ!!

エコー・ロケーションかと思いましたが
他の魔物との連携か

にしても吸着力が強い貝殻

大挙した敵を雷の魔剣で駆逐するヴェルフ

とても倒しきれず、適宜撃破しつつ逃げる一行

ですが雷の魔剣が砕け、ヴェルフは攻撃力激減
またレベルブーストを仕掛けるには
強化種が不気味

切り札を切るに切れないのが厄介

第2話通り、川は水棲モンスターの天下

クジラのようなアクア・サーペントが出現

2話でヤマトが蹴っ飛ばした奴!!

しかしマリィ、華麗な泳ぎによって回避
立体的で美しい作画でした

攻撃力はともかく、機動力はマリィが

まるでマーメイドガンダムですね

笑う強化種モス・ヒュージ

どうやら大量の魔石を見つけたかららしい

ヴェルフ達は、切り抜けるので精一杯
魔石を拾っている暇がない

後に大量の魔石が残され、こやつますます強くなる事に…?

次の戦いは更なる強さへ?

いよいよ敵を倒しきれなくなるヴェルフ

あくまで専門は鍛冶、疲弊するヴェルフ

幸い、彼が作った武器を持つ桜花が助力し
叱咤しあって前進していくものの
キリがない!!

アイシャは後衛を守り、前衛はヴェルフ&桜花

この筋肉コンビ相性いいスね!!

アイシャ『避けなアンタ達!! ひき肉にされるぞ!!』

迷宮名物、転がってくる巨大な鉄球!!

本作では球状の巨大モンスター「クリスタロス・アーチン」
今、怪我人を抱えた一行では
回避困難

仁王立ちで迎え撃った桜花が男前!!

桜花『後ろに通せば誰かが巻き込まれる!!』

作中、やや決定打に欠ける印象がある桜花
新たな攻撃技かと思いました
新しい斧ですし

が、ここはヤマトの見せ場か!!

1話の修行で身に着けた技とのこと

ヤマト『(自分も、ベル殿のように…!!)』

ヤマト新技は、ベル同様「速さ」を活かした居合斬り
それも横ではなく縦に居合切りとは
珍しい

ただその技名は、タケミカヅチ様曰く「勧めない」との事

ヤマトさん時々ズレたとこあるから…

ヤマト『この名にしたいのです! 神々から頂いた二つ名にあやかって』

公式サイト曰く、二つ名が「絶†影」

転じ「絶華」という技らしい

ベルがリトルルーキーと呼ばれているように
彼女も、Lv2で異名を貰ったものの
厨二病系のネーム

なのでタケミカヅチは不憫に思っている様子

誰やねん名付けたの

ヴェルフ『回復がギリギリすぎじゃないのかリリすけ!!』

リリ『そんなパカパカ頻繁に使える訳ないじゃないですか!!』

悪態を吐くものの、連携は上々

回復魔法へ、素早く円陣を組むなど
連携を試される状況!!

ノリについていけないカサンドラさん可愛い

ケンカはいつもの事なのでー

リリ『四秒後に魔剣を撃ちます!!』

指示後、すぐさま前衛コンビは退避

リリも、ナイフサイズの魔剣を受け持っており
小振りながら火力は十分

第1期でとられた奴を思い出しますね

でも火力は段違い!!

アイシャ『(…やるじゃないか。ベル・クラネルがいなければと思っていたが)』
『(アタシも見る目がないねえ…)』

奇しくも「ベル不在」での強さを再評価へ

2話アイシャは、パーティーがベル頼みと諭し
お前がいなければダメなんだぞと
覚悟を促しました

また前回でも、ベル抜きで戦う事が危ぶまれていました

彼抜きでやれると解ったのはデカい!!

アイシャ『(アンタ達は、アタシに守られるだけのパーティーじゃない!!)』

とは思っても口には出さない良き姐御

今後、アイシャは突出した強さを活かし
単独で救援を呼びに行くべく
一行を離れる予定

ですが安心感はグッと違いますね

水路が狭く、これ以上同行できないマリィ
ベル『さっきのアクア・サーペント?! また来た!?』

咄嗟に切り抜けるべく、ベルは彼女を引き上げ
お姫様だっこして陸上移動する事に
初めての抱っこ!!

そりゃもうマリィさん大喜び!!

ベル君真っ赤!!

神さま―!!
またベル君がイチャイチャしてます!!

リリ『このまま逃げてもじり貧です!!』

多方リリ達は、遂に「炎の魔剣」を使用

唯一モス・ヒュージに有効、切り札その一ですが
敵の数があまりに多すぎる為
やむなく使用

これでヤツに「見られた」

ですが、大量に敵を葬り去れましたが

アイシャ『こ こ で 来 る か !?』

大量の敵を倒した直後、大量の敵が出現

倒した分、敵が一気に再発生?!

本作における「モンスターパーティー」
モンスターの新規大量発生で
絶体絶命へ

タイミングが悪かったか、誘い込まれた

結果もう一つの切り札まで?

アイシャ『…ここいらが使い時だろうね』

すなわち、レベルブーストを使う決断らしい
切り札を二つとも見られた事で
次回は窮地へ?

またレベルブーストの話は普通にやってましたが、ここでエルフ達に箝口令

するってェと更なる切り札らしい

春姫『いきます…、"九重"!!』

何が起こるかは、次回をお楽しみに!!

どうも多人数版レベルブーストか?

直前、回復魔法の為に円陣を組んでましたが
今回も発動直前に円陣を死守
アレが前振りか

春姫を中心に全体版レベルブースト…?

次回、発動が楽しみですね

ダンまち4期 5話 感想[あの背中へ]モス・ヒュージ決着!! ネタバレ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇

ダンまち4期 3話 感想 リリ指揮官の決断[ネタバレ]ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇

2022年7月 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 感想

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第1話「出発前夜(プレリュード)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第2話「巨蒼の滝(グレート・フォール)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第3話「寄生(ヤドリギ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第4話「水都の少女(マーメイド)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第5話「聖火の英斬(アルゴ・ウェスタ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第6話「白兎の脚(ラビット・フット)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第7話「予知夢(カサンドラ・イリオン)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第8話「混迷(ミラビリス)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第9話「凶兆(ラムトン)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第10話「破壊者(ジャガーノート)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇 第11話「過酷(エンドレス【最終回】」