ジョジョ 6部 24話 感想【最終回】ぼくのいつかは今だ!! ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン

2023年1月7日

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第24話「脱獄へ…【2期 最終回】」感想

公式あらすじより引用

ミューミューのスタンド『ジェイル・ハウス・ロック』の能力で「覚えられる物事が3つまで」になってしまう徐倫。手に縫い付けた『エンポリオに会え』という文字を頼りに動き出す。だが、一方のエンポリオもミューミューのスタンド能力で窮地に陥っていた。記憶を失いながらも警備の目をかいくぐり、徐倫はエンポリオのいる隠し部屋までたどり着くが、それもまたミューミューの思惑通りであった。

ABEMA ANIME毎週金曜24時30分 リアルタイム限定配信

公式サイト公式ツイッター(外部)

三つ以上は記憶不可! 脱獄不能のジェイル・ハウス・ロック!!

攻略すれば無敵の「脱獄手段」になるとは因果

攻撃にも転用可能、厄介で陰険でしたわ

第一話以来、長らく閉じ込められてきた監獄から遂に脱獄

が、エンポリオにとっては生まれて初めての外

どれだけ怖かった事でしょう

前へ進む勇気、ジョジョ一部を思い出させるいい決意でした

ねーちゃん!あしたっていまさッ!

DIOの遺産、天国の場所!!

ケープ・カナベラル ケネディ宇宙センター!!

さすがDIOさま最先端!!

また進化した神父の能力は暴走

勝手に時を操作

人ならざる能力だと端的に感じる絵面ですね

冒頭 とにかく殴れ

プッチ神父『もうここに用はない……』

緑の色の赤ちゃんはプッチ神父と一体化

プッチは、DIOの残した天国に行く方法を実行する為に監獄から出発へ

徐倫も父の記憶DISCからその事を知った

目的は父・承太郎の復活から、プッチの野望阻止へスイッチ

同じ脱獄でも意味が第一話と別物ですね

ミューミュー『覚えていられるのは常に三つだけだ…』

ミューミューのスタンドが徐倫の脱獄を阻止

監獄最後の敵は「脱獄阻止」特化

攻撃開始後、三つ以上の記憶が出来なくなるジェイル・ハウス・ロック

こいつはロックな能力だ!

徐倫『必要な事はなんだ…!?』

徐倫はエンポリオに会う事に専念しようと決意

彼ならきっと良いヒントをくれるはずだと

信頼されてますねエンポリオ

ねえアナスイさん!!

俳優『"俺は一体…、何を?"』

しかし徐倫、あの決意をすっかり忘れてしまっていた!?

あれほどカッコよく決意したのに!?

娯楽室でボケ老人のようにビデオを巻き戻しし続ける始末

なんとまあカッコ悪い

徐倫『あれえ? なんでこの男、この館に入っていくんだ?』

三つしか覚えられず、ビデオ見ても楽しめない

三つだけなので四コマ漫画も面白くない

相性最悪ですね

きらら系コミックスと相性最悪

徐倫『なんでこの娯楽室に来たんだっけ?』

幸い前回、エンポリオに会えとスタンド糸で腕に刻み込んだ

目的を思い出す徐倫

前回「今」やらなきゃと焦ったのも納得ですね

あの熱い決意さえもう忘れた

やろうと思った時しなきゃ忘れてしまう

他人事とは思えない能力です

徐倫『(あの階段の先にエンポリオの部屋がある)』

問題はセキュリティが最高レベルな事

そこらじゅうをショットガン持った看守が歩いている状態

エンカウントで即死する奴だ!!

徐倫『ン……?』

メモ『"この左手をチラチラ盗み見る奴がヤツがいたら"

 "ためらうな"

 "とにかく殴れ"』

『す、スタンドだ!?』

なんて物騒なメモを残してたんだ徐倫!?

殴ったら出てきた!!

咄嗟にミューミューをぶん殴り、防御にスタンドを出され思い出した

やはり暴力は全ての謎を解き明かす!!

前回メモ大半を、ミューミューに拭き消された

ですが手のひらには残っていたのか

オープニング

意外に普通にOPとEDがある2期最終回

OPもエフェクトなし

小変更し二期も付き合ったOPも見納めか

Aパート ミューミューの正体

徐倫『あたしが今、追っていた奴は誰だっけ?』

必死に追いかけた結果、記憶が三つ更新

あっさり忘れてしまった

区画の名前か何かで更新されてしまったのか

また振り出しだよ!!

看守『いたぞー!!』

しかも不味い事に、狙いは逃げるだけじゃなかった

徐倫は看守に包囲される事に

これが刑務所の地の利

勝手に出歩くだけでアウト!!

徐倫『ち、違う! 今追われているのはあたしだ!?』

気付けば看守に挟み撃ち状態

不用意に逃げた為、看守に見つかってしまった

記憶が長続きしないのは不便

完全に挟み込まれた徐倫

看守『!? どこだ!?』

しかし気付くと、徐倫の姿は消えていた

というのも自分を「糸」に変え、看守の背中に張り付いていたんですね

まるで蜘蛛のよう

糸に変換すれば軽くなるのか?

徐倫『(そうだあの階段は…、エンポリオの)』

幸か不幸か既に階段傍だった為、徐倫は部屋へ

ですがその様子をミューミューが目撃

三つまで三人までしか記憶できないので、四人目のミューミューは容易に追跡してきた

脱獄は普通、計画と協力者が不可欠

それを簡単に探れるのも強みか

エンポリオ『プリントアウトだ…』

『忘れてしまうから…、顔写真を見せなくては……!!』

彼が見つけたミューミューの顔写真

なんと彼女は囚人ではなく、主任看守だった

情報通グェス曰く「囚人」

彼女でさえ詳細を掴めなかったのは、そもそも看守だったからなのか

私服警察みたいなもんだったのね

制服姿がセクシー!!

ミューミュー『お前に案内させてやった』

『なるほど…、こんなとこに部屋があるとは…!!』

冒頭からダイナミックに逃げてたのは、エンポリオを探る為だった

本名ミュッチャー・ミュラー25歳

視聴者に正体が明かされると共に、看守制服

驚きの早着替え

同僚に見つかったときヤバいですもんね

ショットガンで誤射は死ぬ

徐倫『あああ!?

エンポリオ同様、漏電の洗礼に遭う徐倫

幸い糸で脱出し無事

ホント便利

当初なら重さで千切れそうですわ

エンポリオ『徐倫お姉ちゃんに伝えなくてはならない事がある!』

徐倫『あれ? あたし何して……?』

徐倫&エンポリオ『『はっ!?』』

完全にコント

エンポリオの痛々しい火傷に気付き、気遣った徐倫ですが

会話中に記憶がリセット

傍目にシュール

徐倫が気遣う様を描く際、やけどがじっくり作画され痛そうでした

でもそんな気遣いもすぐ忘れ

鶏よりひでえや!

徐倫&エンポリオ『『『なんでなんでなんで!?』』』

仲良しか!

良かったアナスイがいなくて!

見たら嫉妬しそう

無言でダイバー・ダウンしそう

徐倫『会わなきゃ絶対にヤバいと思ったのよッ!』

エンポリオ『プリントアウトだ…、プリントアウトしなきゃならない……!!』

互いに大目的を確認する二人

エンポリオはもちろんミューミューの顔写真

忘却スタンドにとって「記録」は天敵

やはり頼れる男ですわ

ただしプリンターがないんですよねこの部屋

ミューミュー『私の顔と名前を見聞きしていたのか……』

感電しないよう壁からちょっぴりだけ身を乗り出して語りだすミューミュー

こいつは奇妙な絵面だ…

まあ感電した時脱出手段がないですもんね

入ってこないのは賢明

ミューミュー『普通なら放っておく』

『私のジェイル・ハウス・ロックの仕事は

 スタンド使いを閉じ込めておくことだからなァ…』

『だが記録されるのでは話は別だッ!!

 貴様は脱獄囚と見做す!!』

言って三発発砲、糸によって防がれるミューミュー

今やS.Fは、弾丸などへっちゃら!!

やったのと同じ、糸による防弾チョッキ防御

学べば学ぶほど応用範囲の増える

引き出しの多いスタンド!!

いくつあんの!?

ミューミュー『(もし私が今、同時に四発の弾丸を発射していたなら)』

『(残りの一発がどこに飛んだのか…)』

『(お前にはその硝煙さえ見る事の出来ない事をッ!!)』

実は攻撃に転用しても有用だった

四発攻撃すれば、最初の一発を忘れ=無防備で当てる事が出来る無敵の能力!!

前回ペンを忘れたのと同じか

四つ重ねれば、例え手に持っていようと忘れてしまう

それがジェイル・ハウス・ロック!

エンポリオ『おねえちゃん…』

徐倫『何ィィィー!?

気付けばエンポリオが重傷

まるでキング・クリムゾンですわ

徐倫視点で全弾防いだはずが、一発がエンポリオとモニタを破壊

銃との連携で効果抜群!

単に逃がさないだけのスタンドじゃなかった

さすが看守、銃の腕前もプロ

『なぜ部屋があり、なぜそんな子供がいるのか知らないが…』

とりあえず入ってとりあえず撃つ看守の鑑

そもそもホワイトスネイクも「協力者」が居ることは薄々察していた

ある意味このタイミングで良かったですね

早々にバレてたら詰んでた

徐倫『てめえは絶対に許さねぇーッ!!

ミューミュー『クーッ、熱いねえ~』

『だがそんな熱い感情さえ、次の「三つ」の事でお前は完全に忘れ去ってしまう!

 それが私のジェイル・ハウス・ロック!

 喰らえッ!!』

略『お前に認識できるのは三発までだッ!!』

実際前回ラスト、あれほど熱く決めた「決意」さえ忘れ去ってしまった

脱獄囚を意思から折るには最適

そして今度は十発!!

四発でもヤバいのに、数で万全を期したミューミュー

三部の投げナイフを連想させますわ

徐倫『オラ! オラ! オラオラオラオラ!!

しかし徐倫、今度はラッシュで全弾ガード

直後出血

てっきり防ぎきれなかったのかと思いきや

ミューミュー『!?』

徐倫『水に映り込んだ像ならば…、たった一つの真実』

『同時に撃ったというなら、それを見れば何発だろうとも……

 そしてお前は忘れちゃあいないだろうな!!』

腕に刻んだ「エンポリオに会う」を「…の報いを」に書き換えていた徐倫

熱い気持ちも"記録"

心を折りに来るミューミューと好対照

なんて心が頑丈なんだ!!

また、エンポリオが散々感電した「水」を鏡にして弾丸にも対応

意識せず大枠で掴むのが大事的な!!!

ミューミュー『(だがコンピューターは破壊したッ!! このまま逃げれば良いだけだ!!)』

略『(永久に忘れてしまうのだッ!!)』

慌てて退避し勝利を自認するミューミュー

大事なのは冷静

状況と自分の能力を把握し、適切に行動する

ですが冷静さを欠いたミューミューは、糸を括りつけられてると気付いていません

やはり冷静…、冷静さがなければ解決不能…

いつか危険を冒してでも

エンポリオ『ここを出たらすぐ忘れてしまう……』

『あいつを倒さなくてはならない事さえ…

 だから…』

実際徐倫は、傷付いたエンポリオを気遣い「会話」し始めました

すぐに忘れてしまう

撤退したミューミューの判断は正しい

エンポリオも慎重にと勧めるものの

徐倫『あんたのそういう慎重さ…、理解できるわ』

『この刑務所であんたが生き残る為に必要なものだったって』

エンポリオ『えっ…?』

徐倫『でも、いつか危険を冒してでも、前に進まなきゃいけない時が来る

 そしてあたしにとっては…』

それは今ッ!!

ミューミュー『アイツの「糸」かッ!?』

徐倫と違い、生まれてこの方ずっと刑務所

作中散々、危険な場所と描写

この環境こそ、慎重さという長所を育んだのか

ですが時には大胆さも必要だと

また徐倫こそ前々回、プッチに罵倒されたように行動力ありすぎなきらいがあります

が、だからこそ組んだら強い!!

※トップに戻る

Bパート アイキャッチはジェイル・ハウス・ロック

ミュッチャー・ミューラー、略してミューミュー

破壊力なし スピードC 射程距離B

持続力A 精密動作性なし 成長性なし

ステータス上は戦闘力ほぼ皆無

当初徐倫は、姿を見せて戦う正統派スタンドだと誤認したものの

実態はむしろ真逆でしたね

看守としての職業意識によるスタンド?

じぇいる・ざ・ろっく!

エンポリオ『なんで…、僕は怪我を…? …?!』

回想・徐倫『でも、いつか危険を冒してでも…、前に進まなきゃいけない時が来る』

忘れたなりに心に刻み込まれたエンポリオ

またプリントとは、単にプリンターを用いる事ではなかった

そもそも部屋にプリンターがないんですね

私の部屋にもありません

そしてメモ書き、計算すべしとは?

ミューミュー『強いッ?! ああぁ!?

徐倫『(こいつが敵だ…、ここでこいつを逃がすわけにはいかないッ!!)』

真っ向勝負なら圧倒できるほど強くなった徐倫

裁判時の弱弱しさは欠片もない!!

前々回ではホワイトスネイクをも、近接戦で完全に凌駕していました

汎用性も桁外れだし強くなったなあ

当初ただの糸だけだったのに

我がジェイル・ハウス・ロック!!

看守達『おい見ろ! あそこにいるぞ!!』

『ミューミュー主任が襲われているッ!?』

『ゲートだ! ゲートを開けろッ!!』

徐倫『…………………?』

『追われているのは、あたしだ!?』

ミューミューは なかまをよんだ!

かんしゅA があらわれた

かんしゅB があらわれた

かんしゅC があらわれた

じょりーんは ミューミューをわすれてしまった!!

徐倫視点では透明に見える…?!

徐倫『がぁ!?

ミューミュー『三人の看守を戻らせた…!!』

『これでもうお前が私を思い出す事は永久にないッ!!』

略『おっとその両腕…

 弾丸を防御できるんだったなあ?』

モリモリとやる気を取り戻し、スタンドで殴って来るミューミュー

他の看守たちがそこにいる

銃で撃てば見られてしまうが、スタンドはスタンド使い以外には見えないので平気

両腕を殴りつけ防御も削いでおく念の入れよう

周到というか陰険というか

ミューミュー『私の仕事はあくまでスタンド使いを閉じ込めておくこと』

『だがとっても気分がイイぞ…』

『お前が射殺されるのは気分がイイ

 自業自得だからだ……

 大人しくしていなかったお前が招いた結果だからだ…』

前回に続き好きな言葉は自業自得

看守としての彼女の姿勢か

あくまで仕事としてやっているが、個人としての快感もある

趣味と実益を兼ね備えやがって!!

『それと、お前が三人の看守しか見えていないのがとても気分がイイ!』

我がジェイル・ハウス・ロックから脱獄出来る者はいないッ!!

優位を取り戻し、自信を取り戻すミューミュー

何せ現実には「四人」じゃない

応援の看守が山ほど駆けつけ、立錐の余地もなくひしめき合っている!

が、徐倫は「三人」しか認識できない

真実に到達させないスタンド!!

五部を思い出しますね

『プリントアウトするんだ…』

ところがここで勝利BGM

だいぶ久々ですね

エンポリオの言うプリンターとは、ストーン・フリーの事だった

よくもまあ思いついたものですわ

当人は忘れいますけれども

『お姉ちゃんが記憶するプリンターなんだッ!!』

『二進法なんだ、全てのものは数字で表す事が出来る

 お姉ちゃんの糸で1と0を正確に書けば…』

『ストーン・フリーがデジタルで表現するプリンターになるんだッ!』

二色の糸で、デジタル的に似顔絵を描いた

再現する二進法、数式はエンポリオが計算済み

前回ずっと「伝えなきゃ」と言ってたのは、パソコンの写真ではなかったんですね

写真を再現する為の計算式を伝えようとしてた

だからプリンターがなくて良かったのか

徐倫『敵と考えていいのか…? お前は? 敵なのか?』

空中にミューミューの顔を再現

ですが彼女は、裏面なので「自分の顔」だとは気付かなかったようです

やっぱり冷静さって大事

素数を数えなきゃ!!

ミューミュー『クク、何言ってんだ…、見えてる訳がない』

『さっ…、撃ち殺されろ』

徐倫『ありがとう、つまり敵でいいんだな? お前は』

オラオラオラオラオラ!! オラァ!!

サンキューミューミュー!

優位を確信し、墓穴を掘ってしまいミューミュー敗北

最高の作画でオラオラエンド

徐倫、鬼気迫る作画は今期随一でした

CMはここだったのか

ミューミューは「見えない」はずでは?

プリント似顔絵を元に、同じ顔を「もう一度認識した」のか

忘れるけど覚え直す事は出来る

看守たちをぐるっと見比べ、同じ顔がいたので話しかけたんですね

おあつらえ向きに手前にいました

無敵さゆえの油断でした

徐倫『あんたとあたしのジェイル・ハウス・ロックを無効にさせたわ』

眼にも止まらぬ速さでやらせていた徐倫

またまたやらせていただきましたァン!

除外設定できるんですね

あーあー、奇麗な顔がオッサンみたいに膨れ上がっちまって

木になった連中よりはマシですが

徐倫『じゃあ…、あたし行くわ』

略『あんたはどうする?』

『もしここに居続けるっていうなら、そのまま部屋に戻って……』

エンポリオ『おねえちゃん…、ぼくのいつかは「今」だ……ッ!!

 ぼく、外を見てみたい!!』

第一部、ねーちゃん! あしたっていまさッ!のオマージュか

それを言った少年を思うとますます嬉しい

二期は幾度も「今」に向けて疾走した徐倫

それはもう危うくなるくらいに

緑の赤ん坊に対しても、常識的には不利なホワイトスネイクに対しても

ですが行動することが道を切り開いてきた

その意思が伝わった

曾祖父なら黄金の意思と呼びそうです

エンポリオは外を見てみたい

囚人の母から生まれ、母を「溶かしてDISCを奪う」ホワイトスネイクに殺されたエンポリオ

前回も脱獄不可能だと怯えていました

ですが今、出る勇気を得た

きっといつかは出なくてはならなかった

エンポリオの大きな一歩ですね…

看守たち『見ろ! 子供がいるぞ!』

『なんで刑務所に子供が!?』

『とにかく油断するな!』

知らず三つ話してしまい、リセットされる看守たち

まあ奇麗に三つだこと!

続いて徐倫、ひとつずつゆっくり弾頭を落下

さっき撃たれた時の奴か

三つ落として完全リセット

このアマ、敵の能力なのに使いこなしてやがる!!

徐倫『おいでエンポリオー、行くよ~』

『チョットごめんなさいね~』

まるでデパートの人混みを抜けるようなノリで脱出

なんとまあ度胸のある

もしミューミューが能力を解除した場合、一斉に狙われるシチュエーション

ですが結局解除しませんでした

自分も死ぬもんね!!

徐倫『よくやったぞミューミュー、物分かりが良いじゃないか』

略『この先も頼むぞジェイル・ハウス・ロック!』

完全に味方扱いしてらっしゃる

そもそも前回時点で、脱獄する「手段」がなかったんですよね

特別房から湿地帯に出ようとか考えてた

ところが渡りに船って奴

無敵の看守は最強の脱獄手段だった

なんでも表裏一体です

『三つしか覚えられない無敵の能力で!』

完全に記憶がリセット、なぜここにいるのかさえ分からない看守たちを置き去りに脱出

ミューミューは哀れ簀巻きで引っ張られました

便利ですねえストーン・フリー

敵を拘束するにも便利

エルメェス『徐倫じゃあないか!!』

その後、エンポリオの治療に向かった医療棟でエルメェスと再会

前回も登場しましたが久々の顔合わせ

承太郎のDISCもちゃんとエンポリオが持ち出しています

FFがいないから彼が担当なんですな

エルメェス『ひょっとして……』

エンポリオ『はい、脱獄です。これからここを出るんです』

エルメェス『……神父を追うんだな?』

徐倫『そうよエルメェス、あたしはアイツが得たものを封印しにいく…

 覚悟は出来ている』

『この刑務所の中以上のッ!!』

前期中盤では、父を助ける為に刑務所に居続ける事を決意

今期頭は、助ける為に特別房へ自ら入った

それ以上の覚悟

公的には犯罪者である徐倫達は、脱獄すれば警察・社会に殺されるリスクがある

日本と違いすぐ射殺されるという危険性

刑務所のが安全とは皮肉

エルメェス『…………あたしも連れていきなッ!!』

徐倫『……!!』

さすがエルメェスの兄貴!!

かつて延々と続く監獄を石の海、ストーンオーシャンと呼んだ徐倫

石の海から脱獄する為のストーン・フリー

そして今、本物の海の先

前回冒頭の神父もでしたが、鮮やかに広がる海がなんとも自由を感じさせる構図でした

いよいよ「天国への道」争奪本格化か

天国の場所 

プッチ『ハア…、ハア……、ハア………』

スーパー脇の長椅子に座り、荒い息を吐いていたプッチ

前回や今回冒頭は快調そのもの

でしたが今は、DIOとの一体化が進まず苦しんでいたようです

天国に行くパワーは伊達じゃあない

女性『し、神父様…? ありがとうございます』

毎度ながらプッチを見て「神父」と思えるのがちょっと笑えます

そりゃまあ黒いし十字架ですが

とまれプッチは、通りすがりの主婦が落とした卵パックをキャッチ

ここ原作とは若干描写が違うのね

女性『……大丈夫ですか?』

プッチ『失礼する!!』

プッチが手を近づけると、女性の腕時計が回転

見る間に爪が伸びていった

どころか、おそらく「指の先端」だけ老いてしまう残酷な事態まで

彼に近付くと「時」がおかしくなるのか

女性『なによ…、これ…!? なによ…、この卵!?

慌てて去るプッチの背中に女性の悲鳴

さっき彼がキャッチした卵パック

これまた時が加速し、半ばは卵・半ばだけ孵化したなんとも無惨な状態に

生きられるはずがないのにピヨピヨと

なんともおぞましい

時間操作系ですが描写が尋常じゃない

ちなみに原作だともっと無惨

彼女は赤ん坊を抱えていたのです

だから卵を落とした

その赤子もこの能力に影響され、死ぬより悲惨な事態となってしまいました

グロテスクだからカットされたらしい

プッチのモノローグ『スタンド……』

『もうホワイトスネイクは私のスタンド能力ではなくなっている

 なにか…、一体なんなのだ?』

『ひどい体調だ…、何かが暴走しているッ!!

 私の中でッ!!

 私の意思を無視している何かのパワー…?』

『だが希望のあるパワーだ、このパワーの中に希望だけは感じる!』

DIOが言う天国、精神進化の到達点

今は増大した精神力を、コントロールできない状態なのか

何せたった一人に30人近い囚人の

そしてDIOの能力

徐倫でさえ、父・承太郎のスタープラチナのDISCを使えなかったように

身にそぐわぬ力なのでしょうね

プッチのモノローグ『天国はやはりそこにあるようだ…』

略『ケープ・カナベラル ケネディ宇宙センター!!

 時は新月!』

『あと六日ッ!!』

DIOが書き記した場所は、打ち上げ基地だった

宇宙と精神進化がどう繋がるのか?

五部曰くスタンド能力とは、宇宙細菌からもたらされたものと解っています

二部以来究極生物も宇宙を放浪

そして宇宙基地とは地球を越える為の場所

なんだかロマンを感じますね

「やはり宇宙センターか……いつ出発する?わたしも同行する」

「宇宙院」

次回、第3期は1月6日より放送!!

また新オープニング動画も配信へ

監獄編は2期連続同じ曲でしたが、今度はガラリと変わりましたね

ちゃんとFFがいるのが嬉しい…

次回、第25話「自由人の狂騒曲(ボヘミアン・ラブソディー)その1」

※トップに戻る

ジョジョ 6部 25話 感想[人と人には引力がある]ネタバレ ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン

ジョジョ 6部 23話 感想[天国への道筋]脱獄などしようとした者への「罰」だ!! ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン ネタバレ

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 感想 2022年10月

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第13話「愛と復讐のキッス その1」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第14話「愛と復讐のキッス その2」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第15話「ウルトラセキュリティ懲罰房」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第16話「看守ウエストウッドの秘密」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第17話「燃えよ龍の夢(ドラゴンズ・ドリーム)」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第18話「燃えよフー・ファイターズ」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第19話「「緑色」の誕生」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第20話「F・F-目撃者」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第21話「AWAKEN -目醒め-」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第22話「天国の時! 新月の! 新(ニュー)神父!」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第23話「ジェイル・ハウス・ロック!」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第24話「脱獄へ…【2期 最終回】」