ジョジョ 6部 26話 感想[DIOの息子達]可哀想なロメオ!! ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン

2023年1月21日

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第26話「自由人の狂騒曲(ボヘミアン・ラブソディー)その2」感想

公式あらすじより引用

スタンド「自由人の狂想曲(ボヘミアン・ラプソディー)」の攻撃を受け体と心が分離してしまったアナスイは、自らの肉体を取り戻すべく、ウェザー・リポートとは別行動をとる。だが、ウェザー・リポートにも「自由人の狂想曲(ボヘミアン・ラプソディー)」は襲い掛かる。町から離れつつあるスタンド本体の位置を察知したウェザー・リポートは雨で道路を封鎖するも……

ABEMA ANIME毎週金曜24時30分 リアルタイム限定配信

公式サイト公式ツイッター(外部)

唐突なCV千葉繁氏!? 全世界を襲う強大なスタンド!!

徐倫の元カレ、ロメオってば意外にいいヤツ

人を見る目もそこまで悪くなかったのかも

その落差で笑っちゃうオチでしたわ

陥れた悪徳弁護士には一話で、黒幕だったジョンガリにも報復済み

徐倫自身の因縁はこれにて完結!!

後腐れなく神父と戦えるってモンですわ

立ちはだかる「DIOの息子」達

その一ウンガロは撃破

血統だけなら五部主人公ジョルノの異母兄弟、ジョースターの子孫!!

それだけに能力も類を見ない強大さでした

特にウンガロは「社会」自体に恨み

それで全世界を相手取るスタンドが発現を?

ボヘミアン・ラプソディ―

荒木先生曰く、このスタンドは「創作のエネルギー」自体を利用したスタンド

個々の創作物は自らのエネルギーで実体化

なので全世界が射程なのだとか

ネタを踏まえたCV千葉繁氏にも笑った!!

変えようのない「ストーリー」の猛威!!

心を肉体から剥がし「創作の世界」に引きずり込むボヘミアン・ラプソディー

創作世界では筋書きに動かされるのみ

筋書きの前に「キャラ」は無力

運命を思わせる強制力、プッチの思想にも相通じるスタンドですね

冒頭 自分探し

ウェザー・リポート『(おかしい…、不可解だ……)

略『(敵本体はこの街にいない)』

『(どんどん離れていってるのを感じる……)

何故か「敵本体」の位置を感じ取れるウェザー

ですがその位置が離れていっている

敵は遠隔型スタンド、その本体を感じ取れるウェザーは絶対的に有利な状況です

だというのに活かせないのが辛い

敵はかつてない射程を持つスタンド!!

アナスイ『(いたぜ! “俺の身体"だ!!)』

ややシュール、自分自身を探していたアナスイ

いわゆる自分探し

前回引き離された時は絶望的でした

が、案外あっさり発見ですな

アナスイ『(スタンドから離れた無防備な俺をまず暗殺する気だッ!!)』

『(俺の肉体を守らなければ!!)

スタンドの能力で、心と肉体が分離

心=精神力はスタンドがいるも、肉体側にはいないので危ういと

自分の身を守る必要があるんですね

文字通りの意味で

アナスイ『(なんだとォ~!?)』

しかしアナスイ(身体)が逃走

どうやらパトカーを目撃、逃走したらしい

身体は逃走を求める

承太郎は記憶を失い、植物人間状態になってしまいました

対しアナスイの肉体はアクティブ

さすが行動力の権化!!

♪ 痛みを乗り越える度 心は鋭利に研ぎ澄まされる

前期とガラリ変わったもののいいOP

映像も「皆の始まり」を描き、そこから研ぎ澄まされた事を感じさせます

精神力の強さがスタンドの強さ

特に徐倫は一話冒頭と別人!!

Aパート それ俺の事か!?

『あ! バットマンだ!!

 バットマンがいるぞ!! かっけー!!

喜んでいた人を弾き飛ばして疾駆するアナスイの肉体

男の人、弾かれただけで何より

創作物が具現化するスタンド

普通なら夢のようなんですが厄介

アナスイ『くそ!! なんでじっとしていないんだ俺の肉体はッ!!』

それはそれでアナスイらしい

その道中ウェザーを目撃も、彼にアナスイの魂は見えていない

せっかくの強コンビがいきなり分断

実にもったいない!!

ウェザー『アナスイ…、どこへ行った?』

お前は敵本体を探せ、とカッコ良く呼びかけたアナスイ

ですがウェザーには聞こえないし見えない

しかも顔がいい

今週、なんだか一部特に作画がいい…!!

チョコ屋の店主『おい貴様!! よくもヌケヌケと戻ってこられたなッ!!』

略・アナスイ『ひょっとしてまさかそれ俺の事か!?

いきなり通報されかけ、大慌てのアナスイ

察するに身体がやらかしたらしい

定番コントですね!!

バッカモーン! そいつは肉体だー!!

アナスイ『急いでるんだ、アンタと話がしたい』

カネで黙らせようとするアナスイ

なおこの金、ダイバー・ダウンで今まさにレジから盗み出したカネでした

店主の金を盗んで店主を買収する

永久機関が完成しちまうな~!!

アナスイ『どっち行った!? 教えてくれよ!?』

曰く店の中をひっくり返していった

当初オヤジは怒ったものの、札をバラバラと渡すと納得

出ます出しますアンタの金です

しかしこの説得、難しいですな

だって自分ですから

店主『ン…?』

アナスイ『ああ…、アレだ! そうだ双子の弟なんだよ!!

自分がどこに行ったか訪ねてくる奇妙な男

困惑する店主に厳しい言い訳

まさか俺の肉体ですと言えるはずもなく

??『何かトラブルでも?』

??『こちら第六班

 脱獄囚に似た人物がいたという通報で付近を調査中……

穏やかに話しかけてきたのは警官

まずは落ち着かせる事が大事だと考えました

二人一組で後ろの男は無線連絡

いい仕事してますね

アナスイ『……なんでもないッスよ、お巡りさん(野太い声)』

警官『…? 失礼しました

アナスイ、店のチョコを顔に埋め込んで人相を変化

そんな!声まで変わって!!

ダイバー・ダウンメチャ便利

徐倫のS.F.といい、六部ともなると応用性がハンパないですね

警官『……? 今、そこにいた親父は……?』

ウェザーは、アナスイの心が見えませんでした

ウェザーは肉体と分離していない

彼が「普通」だったから

対し店主や警官は、アナスイ同様「心だけ」になっていたんでしょうね

自覚がないのが怖い能力ですわ

アナウンサー『本日ッ!!』

『日本の傑作劇画ヒーローであるケンシロウが

 ラオウと呼ばれる悪役ヒーローを

 東京・西新宿で倒しましたッ!!

『原作ストーリー通りの出来g……

唐突なCV千葉繁氏は卑怯

北斗の拳ネタだからってオリジナル声優を引っ張って来るとか最高かよ!!

惜しむらくはアニメも流して欲しかったッ!!

ユアッシャー!!

小人『白雪姫が目を覚ましたぞ~!!』

アナスイ『チョコレート屋のオヤジ…!?

前回大活躍した「七人の小人」が再登場

なんとチョコ屋のオヤジが王子様になり、姫を抱えて颯爽登場!?

似合わねえコスプレ!!

さっき店のシーンでは、壁に「白雪姫たちがいないポスター」が貼ってありました

そっちから抜け出た小人たちを目撃したか

親父『あんた~、これからかい?』

『ワシはもう肉体なんか必要ないぞ~!

 本当に憧れてたんだぁ!!

 白雪姫にさ~♪

小人『『『ストーリー通りだ!! ストーリー通りだ♪』』』

創作物を実在化し、好きな人間が目撃すると「心」が肉体から分離する

分離した心はどこへ行く?

肉体から引きずり出されるだけじゃあない

引っ張り込まれるのか

???『よくも…、やってくれたな…!!』

声がした時計を即座に殴り壊すアナスイ

判断が早い

しかしどうやらとっくに始まっていたらしい

子ヤギ『よくも…、僕の兄さんたちを食い殺してくれたな…!!』

アナスイ『なんだ…、コイツは!?

童話七匹の子ヤギ

実は「店主を騙し、店に入った」時点で始まっていたらしい

その後、変装の為に顔に入れたチョコレート

あれが「子ヤギ」だったのか

アナスイ『ヤギなのかチョコなのか!?』

略『この話…、知ってるぞ!?

『て、敵スタンドの目的は俺の肉体ではない!?

 俺は引きずり込まれていた!?

 既にストーリーの中に?!

みるみるオオカミの姿になっていくアナスイ

チョコ屋の店主が王子様になったように

好きな物語に「心」が引き込まれ、ストーリーを演じさせられる

心を殺す為のスタンドだったのか

有名な男に引き留められるウェザー

男『私のこと、好きなんでしょう?

 私を見て感動した事あるって

 顔に描いてある…

『私の名前は…、ゴッホ

『ゴッホの自画像です…、昨日カミソリで耳を切り落としました………

自意識過剰ではなかった

過去の記憶がないウェザーも、刑務所の幽霊屋敷で見た事があったんですね

ウェザーも心と魂が分離

これは反則

DIOに言わせれば、芸術家とは「魂」を形にして残せるある種のスタンド使い

ウェザーもまた逃れられなかったか

再び「子ヤギ」に怒鳴られるアナスイ

母ヤギ『メェ~…、テメェェェェェ~~~!!!

かつてこれほど怖い母ヤギがいたろうかッ!?

しかもアナスイの腹から

さっき食ったチョコが、ヤギとなって鳴きはじめていた!?

腹から声を出してる!!

さっき店主を騙して店に入りチョコを喰ったアナスイ

その行為が童話と重なっていたのか

母ヤギ『テメェェ!! よくも私の子供達をォぉォ!!』

童話の狼は、子ヤギたちを食べて満腹に

ひと眠りしたところ、母ヤギにハサミで腹を裂かれ代わりに石を詰められてしまいます

アナスイのお腹が裂かれちゃう!?

童話ってこうしてみると残酷

ジョジョだと更に残酷!!

『ファンタジーヒーロー事件の続報です』

略『アメリカのフロリダで始まったとされる一連の現象は

 漫画や絵本に留まらず

 あらゆる芸術作品に広まっている模様です!

略『私達の心の宝が!

 なくなっているという事なのです!!

熱っぽく語るアナウンサー!!

DIOが称賛した「一日四万人が見ていく芸術」モナリザも実在化

例えハッピーエンドでも心を引き込まれる

例えばチョコ屋は肉体を捨てた

廃人になってしまうと?

ウェザー『この敵は! 世界中を巻き込み神父を守ればそれでいいという能力だ!!』

『しかもスタンドそれ自体は無敵!!

範囲は全世界、類を見ない射程を誇るスタンド

荒木先生曰く個々の創作エネルギーが原動力

たとえば白雪姫は、白雪姫という物語自体が持つエネルギーで動いている

スタンドパワーは補助的なものらしい

ゆえに射程は全世界!

ウェザー『時速数十キロ以上のスピードで、多分ここから離れているッ!?』

冒頭、敵がどんどん離れていると感じたウェザー

どころか時速数十キロ!?

射程が全世界なら遠くにいるに越した事はない

とんでもねえスタンドですわ

“ゴッホ"『ちなみに…、私が生涯で何枚の自画像を描いたかご存じですか?』

略『答えは約四十枚です

略『耳を切り落とし

 そして、37歳の生涯を…

 ピストル自殺で閉じるまでにねえ!!

『あなたも自画像ですね? “耳を切った後のゴッホ"さんッ!

ウェザー『なんだとォォォォ!?

絵画の世界に引き込まれても問題ない…、はずがなかった!!

ウェザーは「ゴッホの生涯」をトレース

同様、ピストル自殺してしまう事に

頭を貫かれた!?

とか悲惨な人生を辿った事でも有名な画家フィンセント・ファン・ゴッホ

魅力的だろうと「その世界」は悲惨!?

ゴッホ『ゴッホは二発の弾丸を頭に撃ち込んだんです』

『一発では死ねなかった……

 そう! 人生の決着にはあと一発必要だったッ!!

幸い一発だけなら致命傷にはならない

衝撃映像ですがまだ生存

ゴッホはその生涯、絵が一枚しか売れなかったなど悲惨な逸話多数

最期までこんなだとは……

ウェザー『ウェザー・リポート!! ハイウェイを遮断しろッ!!

『30キロ先までを集中豪雨でッ!!

ウェザーもウェザーで、射程30キロとは異常

敵の車を集中豪雨で止める!!

彼も「操る」だけ、気象現象のパワーを利用しているだけだからでしょうか

これほどのチートが絶体絶命

敵本体が「息子」なのは伊達じゃあない

部屋に逃げこむアナスイ

『ダイバー・ダウンが扉の内部を変え、壁と融合させたッ!!

これまたチートスタンドなD.D

しかし「物語の存在」であるヤギは、物理的な扉など難なく通過

殴っても物語だから通じない!!

どことなくヘブンズ・ドアーを連想させます

先のピノキオは殴って倒せました

ですが今回は、既に「狼はヤギに腹を裂かれる」という物語に引き込まれた

狼となった彼にヤギは倒せないのか

アナスイ『うおおおおお!?

『ストーリー通りッ!!

 それにしかならないッ?!

 コイツらを潰すことは「俺」には出来ない!?

壁だダイバー・ダウン! 潜航しろッ!!

あのアナスイを心底ビビらせるとは恐ろしい!!

そこで彼、徹底して逃げを打った!!

壁を移動、外の車に張り付いた

車で移動するアナスイは、ヤギをどんどん引き離していきます

潰せないなら逃げればいい

やはり速度…!! 速度は全てを解決する…!!

アナスイ『…? さっきのおまわり達?』

掴まった車はどう見てもパトカー

一難去ってまた一難と思いきや、運転手たちも「取り込まれて」いた

ウェザーと違いアナスイの魂が見えた

取り込まれてた証か

真顔でライオン被ってるのがシュール

アナスイ『とにかく、今はこのパトカーで…』

子ヤギ『石だッ!! 石を持って来いッ!!

パトカーのドアを開けると中からヤギが!?

なるほど「本をめくる」ように

溶接した扉がページとなって開いたように

ドアを開ける行為が、ページの向こうにいたヤギたちを引き寄せたのか

ストーリーを強制的になぞらされる

絵のパワーってなんて強力なんでしょう

アナスイ『だ、ダメだ!? ウェザー!! 早く敵本体をブッ殺してくれー!?

ウェザー『…なんだと!?

『北に感じた敵本体が、一瞬で南へ移動したぞ!?

絶対徐倫に聞かせたくない悲鳴のアナスイ

が、ウェザーはそれに気付いた訳ではなく

味方より敵と繋がってるとは因果

第三部で、DIOがジョースター家を感じ取っていたのと同じ現象なのでしょうか

前例があるとはいえ便利な現象ですわ

ウェザー『ま…、まさか空かッ!?』

略・ウンガロ『フッ…、目覚めたばかりのこのオレの能力…♪

 弱点はオレ自身が攻撃されるコト……

 だがもう何者も

 この俺に近付く事は出来ないッ!!

『充実感だ…、これが俺の燃える目的だ!!

プッチに勧誘を受けた薬物中毒男・ウンガロ

優雅に飛行機に乗って脱出中!!

敵は車でなく、飛行機で移動していた

最初は道路標識のピクトグラムを操り、自分を運ばせて逃げたウンガロ

長射程+飛行機で逃走とは身も蓋もない!!

個々の「物語」も無敵

本体への攻撃も不可能

最終局面らしい「無敵」の能力ですわ

※トップに戻る

Bパート 前夜の「息子」達

プッチ神父『生まれる…

 という事は、選ばれるという事だ

『そして選ばれる者は常に

 その競争に於いてさえ

 取り囲む者達によって守られ、押し上げられる……

前夜「三人の息子達」に持論をぶつプッチ

イメージ映像は受精

自身を、着床に勝利した精子に例えているのか

自分は選ばれ、生まれる

天国に至るスタンドを生む側だと?

プッチ『この私に吸い寄せられる者達……』

『それは私を

 天国の時へ押し上げる為に存在している……

略『彼女さえその存在の一つに過ぎないッ!!

受精時、精子は自らが着床しようと前進

ですが結果的にその動きが「最後に勝つ精子」を、上へと押し上げるように

プッチを阻もうとする徐倫でさえ

実はプッチを「押し上げてる」だけなのだと

ここまでの過程があったから、今こうして緑の赤ちゃんと一体化できているように

これまた運命論的な考え方

『DIOの息子達よ!!』

『君達は私をケープ・カナベラルの地へ押し上げろッ!!

 それが何よりも幸福な

 生きる目的となるだろう…!!

DIOの息子、五部主人公ジョルノの異母兄弟

ならばこその強大な能力か

このブサイクが!?

またDIOの首から下はジョースター家のもの

プッチもDIO経由で、ジョースターの血を得て「星型の痣」が発現している

徐倫、プッチ、息子たち

揃ってジョースターで繋がっているのね

ウンガロ『…オレは今まで、転がり落ちるだけの人生をただ理由も解らず生きてきた……』

『だが!! 今は理解できたッ!!

『オレはこの能力の為に存在していたんだッ!!

 あの神父を命懸けで守る…

 そして最高だぜボヘミアン・ラプソディー!!

このオレを

 今までコケにしてくれた社会が

 希望のない暗黒に落ちていくのはよォ~~!!

社会自体を恨む精神性

それが世界全体を射程とするスタンドを生んだんでしょうか

ジョルノの兄弟にしては顔も精神もブサい

ですがジョルノも夢を得るまでは暗い人生

良き出会い、夢を持つ大切さが人生を別ったのかもしれませんね

或いはDIOの父ダリオに似ているのか

アナスイとウェザーの結末

ウェザー『飛行機に乗っているのなら!!』

『時速400キロ以上だ…

 過去観測された最大のハリケーンでも

 時速280キロ!

『飛行機を追跡できる気象現象はない!! 逃げ切られたッ!!

無敵に思えるウェザー・リポート

ですが飛行機という、誰でもカネさえ払えば使えるシロモノを攻略できない

無敵の能力なんてない

つくづくそう痛感する事件ですね

『(後一発銃弾を受けたらストーリーが完結する…!!)』

ひとまず本体撃破を諦め切り替えるウェザー

切り替えの早さって大事

銃から逃げるのが最善だったのでしょうか?

が、結果から言えば失敗します

ウェザー『アナスイ!?

アナスイ『ウェザー……

銃から逃げ出したウェザーの前に、瀕死のアナスイ

母ヤギに腹を裂かれて石を詰め込まれた

後は水に沈められたら「完結」

ですが、そこまでしなくても死にそうですわ

ストーリー的に死なないのでしょうけれど

ウェザー『?! 何ィィィ!?

アナスイにぶちあたり、銃の方へと転倒

ここまではまだわかります

更に銃の引き金が勝手に引かれ、ウェザーの頭に二発目が着弾!!

自動発射!?

ストーリーからは逃げられないのか

子ヤギ『ヤッター! オオカミがおぼれ死ぬぞー!!』

『ストーリー通りだー!!

ゴッホ『終わった…、結末通りだ

アナスイも何もない路上でいきなり溺死

ストーリーからは逃れられない

前回ウンガロが、プッチ神父をたまたま殺せなかった時のようですね

何物も起こるべき事からは逃げられない

運命にも似たスタンドか

ゴッホ『私はアンタの代わりに幸せに生きるよ…♪ ……ン!?

身代わりがストーリーを終わらせた

ストーリー通りになればそれでいい

ただ「ストーリーが終わった」為、ここでゴッホの絵は自由になってしまったんでしょうか

ウェザーに襟首をひっつかまれるゴッホ!

まあ不幸な人!

全てはストーリー通り

再び飛行機上のウンガロ

女の子『"ご用はなんですか、私はあなたの忠実な召使い"

略・ウンガロ『!? なんだこの本は!?

ウンガロが驚いたのは「絵がある絵本」

絵本なのに絵がある!?

彼の能力が発動しているのに、実体化していないなんておかしいんですね

実際「アラジン」はさっき外にいました

戻されたという証なのか

ウェザー『いや…、これでいい…、よくやってくれた……』

『お前、才能あるぞ……

略『このゴッホには「ヒーロー」を作って

 描いて貰ったッ!!

 ストーリーも作ったッ!!

 このヒーローには能力があるッ!!

全てのファンタジーヒーローを元に戻す能力ッ!!

略『そしてこのヒーローの能力も「現実」となって完結するッ!!

 戻るぞ…

 ストーリー通りだ!!

能力が創作物を現実化するなら、無効能力を持つヒーローを創作すればいい

敵の能力を逆用して全て元通り!!

都合のいい創作をさせ勝利

ゴッホに描いてもらうなんて贅沢!!

ウンガロは射程が広い、だからこそ個々の事案に対応できなかったか

便利で強力な自動系ならではの弱点

呆気ない幕切れでしたわ

余談ですが頭に二発喰らったウェザー

ゴッホは頭に二発撃ち込んで拳銃自殺

ですが亡くなったのは、撃って二日後だったんだそうな

アナスイも溺れるまでは間があった

その間隙に倒したのね

ウンガロが聞いているニュース『突然全ては元に戻りました!!』

『絵本も絵画も漫画も映画も、元に戻りましたっ

 モナリザも白雪姫も

 バットマンも

 トゥイーティーも帰ってきました!

『なお、何故かピノキオだけは復活してこないという情報が……

女の子『寝ちゃってんの? この本タイクツ?

『希望がいっぱい詰まってるお話なのに……

「ウンガロ」

スタンド名「ボヘミアン・ラプソディー」

希望のない人生に戻った事を悟り再起不能――

全世界の死者・被害者数不明

これまでウンガロには希望がなく、麻薬をキメて捨て鉢に生きてきた

ファンタジー・ヒーローには希望がある

希望を失くした世界は不幸になる

世界を恨み、自分みたいに不幸になれという心が生んだスタンドだったんでしょうか

敗れ、皆を不幸にできなくなった

神父の力になれなかった

そんなショックで再起不能に陥ったか

世界規模の混乱を招いた未曽有のスタンド

間違いなく最強格なのに悲しい男

バーム・ビーチ ジッソ邸

『ねえ…、いま何の車に乗ってるの?

『ひょっとして…

 まだあの時の車じゃあないわよね、ロメオ

恐怖!部屋の中にジョジョ立ちした徐倫!!

第一話で浮浪者を撥ね、徐倫を騙してその罪をおっかぶせた元カレ・ロメオ

まさかの原点回帰

第一話以来まったく出番がなかったロメオ

なのに現れるとは視聴者的にも意外

ロメオ『ああ神様! 君に対してやった裏切りをどうやって償おうk…?』

ペラペラとよく回る舌で謝罪を始めたロメオ

徐倫、彼の口に手を当て静かに黙らせます

静かでセクシー

第一話時点なら今ごろとっくにボッコボコでしょうに

徐倫『しゃべらなくていいわ…、ロメオ』

ロメオ『この世で一番素晴らしいのは、やっぱり君だ…!!

 君でなきゃあダメなんだ…

 面会にも行こうとしたんだよ?

 でも、禁止されて……

徐倫『ロメオ…、可哀そうなロメオ。なんて可哀想な人なの……

君じゃなきゃダメみたい

徐倫、どんな気持ちで「可哀想」だったんでしょう

この時点では信じていなかったはず

彼の自己保身が?

そうせざるを得なかった彼の生い立ちが?

将来の為に冤罪を被せた事を、今も苦しんでいる「善良さ」へでしょうか

彼は決して根っからの悪人じゃない

徐倫『でも…、もうどうでもいいのよ』

略『アンタのこと、恨んでなんかいないわ

 あれは陰謀だったって事が

 解ったしね……

アレは徐倫を投獄する為のジョンガリ・Aの策

徐倫をエサに、承太郎を襲う為の陰謀

ロメオは本当に、ただ巻き込まれただけのお坊ちゃんなんですよね

本当「可哀想」ですわ

彼は徐倫に巻き込まれたのですから

二枚舌のロメオ・ジッソ

徐倫『ここに来たのはあんたに頼みがあるからなの』

『お金とクルマが欲しいの

略『…でも警察が来ても喋らないで!約束よ

ロメオ『ああ徐倫、僕は自分の罪を認めて

 君を絶対に無罪にするつもりだ…!

 だから!また僕のところに!!

しかし徐倫、風と共に去っていた

ジョジョ主人公得意のカツアゲ

実際ロメオ、罪を認めるだの無罪になんて絶対クチだけだったんだろうとは思います

ただ罪悪感はきっと本物なんでしょうね

魔が差し、罪を被るのが怖くて逃げだした青年

メンタルが「普通」なだけなんだと

“舌"『"警察ですか? 脱獄囚について通報したいんですが"』

エルメェス、エンポリオの下に戻る徐倫

果たして即通報していたクソ野郎の鑑

こうなると見越し、キッスのシールを貰ってきていたんですね

さっき口に手を突っ込み貼り付けてた

文字通りの二枚舌

エルメェス『さっそく電話してるぞコイツ…』

“ロメオ"『いえ違います!

 この家になんか来ていませんよ!!

略『彼女から電話があったからで…

 電話だけです!

 カネを要求されましたが断りました

『メキシコあたりへ行くって言ってたかな?

徐倫『…!?

まさかの妨害工作をしてくれていたロメオ

本当、見てないところで人の本性は出る

徐倫は彼が「命乞いし、カネで解決して警察に通報するクソ野郎」だと思っていた

そんな人柄を「可哀想」と言ったんでしょうか

哀れで情けない男だと

エルメェス『たまげたぜ! アンタを裏切らなかったぞ!?』

“ロメオ"『僕は彼女の為なら、罪を許してもらえるなら…

最後のは彼の独り言でしょうか

彼も本気だった

今まで動きがなかったけど、責めなかった徐倫を見て「今」反省したんでしょうか

意外にいい男でしたロメオ

エンポリオ『見てよ見て!!』

『あれ、乗っちゃっていいワケ~!?

 操縦したいな~!!

 本で読んでるだけと体験するのはやっぱ違うよな~!!

しかも彼が渡したのは、ヘリコプターのキー!?

ヘリコだぜ!! ヘリコのキーだぜ!?

ナランチャが見たら喜びそう!!

エンポリオも前回に続き、初体験にウッキウキしてて可愛い

当初のミステリアスさと別人ですわ

徐倫『ロメオ…、あんた見直したわ』

『でもやっぱり剥がしておこう・・・・・・・・・・、念のため

エルメェス『あっ

遠くのロメオ『ギャー!?

さすがにこのオチは草

この空条徐倫! 容赦せんッ!!

念のため、舌を破壊して当分しゃべれなくしたんでしょうか

こういうところはジョースターですね

救いはないのですか?

徐倫『行くわよ! ヘリなら数時間で目的地に着ける!!』

キメ顔で締めですが色々台無し

とまれ、神父がケープ・カナベラルを目指していると承太郎の記憶で知ってる

次回先回りへ…?

ですがジョースター✖乗り物といえば…?

Cパート 第二の子・リキエル

リキエル『神父様! あんたを守れっていうのは分かりましたけど!!

 その前に

 俺の目を開けてくださいッ!!

『片方の瞼が、いつも降りてきちまって……

最後は奇妙な頼みごとをするリキエルで幕

こちらはジョルノ同様イケメン

神父の奇跡を目撃し、彼を妄信したウンガロとは少し違う

対するプッチの目は無感情というか…

ブタを見る目というか…

彼、まるで犬の着ぐるみみたいなファッションセンスしてますね

次回、第27話「スカイ・ハイ」

次回、第二のDIOの息子と交戦へ

第三部で復活したDIO様は、無数の女を「エサ」兼用で侍らせていました

彼女らが生んだ異母兄弟なんですな

第一の男、ウンガロの人生は悲惨

第五部主人公であり異母兄弟、ジョルノもギャングと出会うまでは割と悲惨でした

彼らは「出会い」がなかったのでしょうか

回り回ってプッチに出会う「運命」とは悲惨

※トップに戻る

ジョジョ 6部 27話 感想[ウェザーの正体]神父が求めるもの ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン

ジョジョ 6部 25話 感想[人と人には引力がある]ネタバレ ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 感想 2022年10月

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第13話「愛と復讐のキッス その1」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第14話「愛と復讐のキッス その2」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第15話「ウルトラセキュリティ懲罰房」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第16話「看守ウエストウッドの秘密」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第17話「燃えよ龍の夢(ドラゴンズ・ドリーム)」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第18話「燃えよフー・ファイターズ」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第19話「「緑色」の誕生」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第20話「F・F-目撃者」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第21話「AWAKEN -目醒め-」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第22話「天国の時! 新月の! 新(ニュー)神父!」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第23話「ジェイル・ハウス・ロック!」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第24話「脱獄へ…【2期 最終回】」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第25話「自由人の狂騒曲(ボヘミアン・ラブソディー)その1」
ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン 第26話「自由人の狂騒曲(ボヘミアン・ラブソディー)その2」